« さよなら妖精 米澤穂信 | Main | 『ハドソン川の奇跡』 »

『怒り』

愛した人は殺人犯なのか?
それでも信じたい・・・

『怒り』
201609

劇場公開日 2016年9月17日  製作国 日本
配給 東宝上映時間 142分 映倫区分 PG12
監督李相日  原作吉田修一
キャスト 渡辺謙(槙洋平) 森山未來(田中信吾) 松山ケンイチ(田代哲也) 綾野剛(大西直人) 広瀬すず(小宮山泉)

東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。

*********************************
原作は未読、です。映画の場合、原作を先に読んじゃうと浅く(薄く?)感じてしまうなぁ、と最近思い始めまして。

豪華キャストですね~、↑のキャスト以外にもたくさん。
更に芸達者さんばかりなので、もう「濃く・熱く・重い」作品となりました。

3人の男、似ているような似ていないような・・・。
個別に見れば違うんですが、映画で見てみると「あ、こいつかも」「いやこの人か?」と謎解きを楽しめる位。
いやぁ原作読んでなくてよかった1つですね。

ただ、小説の元の事件を知ってはいたので、多分こいつだろうなぁ、と想像はついてたんですけどね。
それでも他の2人と彼らに関係する周囲の人間の悲しみの深さにはつい涙してしまいましたよ。

信じたい、でも自分の事さえ信じられないのに、他人の事を信じられるのか?
悩みますね。好きだから、と言うだけで突き進めるほど若くなくなった自分としては(;^^)、この上なく難しい問題です。

さぁて、映画を満喫したので、落ち着いた頃に原作に挑戦してみます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« さよなら妖精 米澤穂信 | Main | 『ハドソン川の奇跡』 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

すごい俳優さん達ですね(^-^)

Posted by: セイレーン | October 18, 2016 at 10:07 PM

原作も映画も見てないです。

Posted by: オサムシ | October 17, 2016 at 06:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64339686

Listed below are links to weblogs that reference 『怒り』:

« さよなら妖精 米澤穂信 | Main | 『ハドソン川の奇跡』 »