« スティグマータ 近藤史恵 | Main | メビウスファクトリー 三崎亜記 »

ニセモノの妻 三崎亜記

これも、あれも、夫婦のカタチ・・・。

ニセモノの妻 三崎亜記

読了です。

非日常に巻き込まれた夫婦の、可笑しくて切ない4つの物語。

終の筈の住処/ニセモノの妻/坂/断層

終の筈の住処・・・何十年も住むマンション。どんな違和感があろうともそれを「日常」として受け入れていくしかないのだから。

ニセモノの妻・・・「突発性 真偽体分離症」 ある日突然、一人の人間とまったく同じ「ニセモノ」が出現してしまう。分離でもなくコピーでもなく忽然と「ニセモノ」が現れるのだ。

「坂」・・・家の前の坂は折りからの坂ブームで、一般の道路と管轄を分け、市役所の「坂課」の管理下に置かれる事になった。

「断層」・・・僕の目の前で奥さんは忽然と姿を消した。そして翌日、昨日消えた時とまったく同じ場所に、同じ服装で現れた。時間断層被害者になったのだ。

****************************************
「非日常の世界」を書かせたら右に出るものはいない(だろうと私は思ってる;^^))三崎氏。

今回も「う~ん訳がわからん」と思いつつも「さすが三崎氏ニヤニヤ」って変なテンションのまま読んじゃいました。
「夫婦」に絞った今作、どんな相手と歩んでいくのか?どうやって問題を乗り越えていくのか?三崎ワールドではどうしようもない、手のつくしようがない設定がたくさんな訳で、そんな中に存在する夫婦のカタチに色々考えさせられます。

最後の「断層」は泣けました。
突然消えた奥さんのため、同じ洋服を、冷蔵庫のプリンを買い揃え、掃除も完璧にではなく少しだけ残すように、努力しているのに徐々に時間は経過していき、とうとう・・・
それでも奥さんと寄り添って生きる道を選んだ夫さんはすごいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« スティグマータ 近藤史恵 | Main | メビウスファクトリー 三崎亜記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

第一話だけ読みました。マンション建設の反対運動とか、昔ありましたよね。しかし隣人の謎はなんだったのかラストがそうなるか。と

Posted by: セイレーン | December 09, 2016 at 07:45 AM

いろいろあるんでしょうね。

Posted by: オサムシ | October 31, 2016 at 06:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64240561

Listed below are links to weblogs that reference ニセモノの妻 三崎亜記:

« スティグマータ 近藤史恵 | Main | メビウスファクトリー 三崎亜記 »