« 兵士は起つ 杉山隆男 | Main | 『ゴーストバスターズ』 »

『秘密 THE TOP SECRET』

さて、映画ネタがすっかりあいてしまいました。
入院前に行った映画も何本かあるんですが、
さすがに古いので、入院中の空白日にUPしておきます。

これはまだ行けるかな?もう無理かな??
『秘密 THE TOP SECRET』

201608_a

メディア 映画   上映時間 149分
製作国 日本   公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2016/08/06   映倫 PG12
ジャンル SF/サスペンス/ミステリー

死者の脳をスキャンし、生前の記憶を映像化するMRIスキャナーが開発される。
同システムを導入した第九こと科学警察研究所法医第九研究室が組織され、室長・薪剛(生田斗真)の指揮のもとでさまざまな難事件が捜査されることに。
第九に配属されたばかりの青木(岡田将生)をはじめとする捜査官たちは、家族を殺害し死刑を執行された男の脳をスキャニング。事件発生時から行方不明になっている、彼の娘・絹子がナイフを手にした姿を捉えた映像を目にした彼らは……。

************************************
原作の漫画、未読なんですよね~。
そのせいか、意味すっ飛ばし~、って感じで訳わからなかった(;^^)。
それと、キャラになんか違和感があってね。

その後、漫画1,2巻が無料だった際に電子書籍で読んでみて納得。
いややっぱり映画だと決まった時間内で納めなきゃいけないせいか言葉足らず、でしたわ。
どちらかと言うと、TVドラマで数回放映してから映画、の方が良かった気が。

設定は面白いですよね。
死んだ人の脳にアクセスして、って。しかもMRI。
でも、映画の中でもやってましたが「死んでから覗かれたくなければ頭を撃て」みたいな展開なんで、
頭を撃つ(または壊す)=絶対「死」なんだなぁ、と。

そういえば角膜移植された人が提供者の最後の時を視てしまう、って設定がどこかにあったな?東野圭吾か??
脳を移植された人が性格が変化し、ってのも東野圭吾だったっけ。
あ、これは新井素子さんも書いてたな。

人間の体、と言うのは未だ未知の部分が多く、想像力を駆使して、色々設定を考えて、展開できるから面白いんでしょうが、本当にそうなったら、ってつい考えちゃいますね。

だって、「あれもこれ」と欲深く考えていた事とか知られたくないですよね。
最後に笑って死んでいく、って良いけどその裏で実はすごい事考えてたりするのがバレるのは・・・ねぇ(;^^)。

こちらは本当にお時間あったら、どうぞって感じです。
DVDで十分ですから。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 兵士は起つ 杉山隆男 | Main | 『ゴーストバスターズ』 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

ちょうど東北旅行中に東野圭吾の変身を
読んだところです。
さすが、takoingさんいろいろご存じで。

Posted by: ジャランこ | September 21, 2016 at 10:49 PM

私も無料マンガ見ました(*^-^*)映画は時間が合わなくて行きませんでした(*^-^*)

Posted by: セイレーン | September 21, 2016 at 09:21 PM

この漫画大好きだったんですよ〜
コミック全巻揃えるくらい好きだったのに
映画も初日に行ったのに
映画見て
ガックリでした
本当に連ドラにでもしてじっくり語って欲しかったです

Posted by: モリゾ | September 21, 2016 at 01:22 PM

原作の漫画も映画も知りませんでした。

Posted by: オサムシ | September 21, 2016 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/64204006

Listed below are links to weblogs that reference 『秘密 THE TOP SECRET』:

« 兵士は起つ 杉山隆男 | Main | 『ゴーストバスターズ』 »