« 西洋菓子店プティ・フール 千早茜 | Main | ゲスな女が愛される 心屋仁之助 »

永遠をさがしに 原田マハ

「聞こえる? お母さん。これが、あたしの音――」

永遠をさがしに 原田マハ 

読了です。

世界的な指揮者の父とふたりで暮らす、
和音16歳。
そこへ型破りな“新しい母"がやってくる。
かつてチェリストだった彼女はある秘密を抱えていた。
親子の葛藤と和解、友情と愛情。そして奇跡が起こる・・・。

*************************************
原田マハさんってほんと芸術肌な方ですね。
美術や音楽を題材にしたもの多い気が。
旅とか映画とかもあるけどね。

今回は両親が音楽家です。
かなり複雑で、母:音楽家→結婚→引退→出産→失踪
父:指揮者→結婚→指揮者→指揮者→指揮者・・・。
母に教わっていたチェロにも手を触れなくなり、
普通の女の子の「和音」。

父親がアメリカの楽団に行くことをきっかけに、
父の新しい奥さん、と日本で暮らすことに。

徐々に明らかになる色々な謎。そして母の失踪の
理由にまで行き着く過程はかなりドキドキです。
若干「やりすぎ?」という感もありますが(;^^)、
まぁそこは思う存分この世界にはまって楽しんでね、
って感じですかね。

薄くて文章もソフトなので、読みやすいです。
軽く楽しみたい時には良いですね。

今、TBS系列で放映しているドラマ「仰げば尊し」。
なんかあの時間枠って見ちゃうんですよね。
お話も若干古臭く先も見えちゃっているんですが
何故か見てます。

楽器を操る人って素敵だなぁ、と思いながら。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 西洋菓子店プティ・フール 千早茜 | Main | ゲスな女が愛される 心屋仁之助 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

楽器 今はまったくできないです。

Posted by: オサムシ | August 29, 2016 at 06:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63883703

Listed below are links to weblogs that reference 永遠をさがしに 原田マハ:

« 西洋菓子店プティ・フール 千早茜 | Main | ゲスな女が愛される 心屋仁之助 »