« 死のドレスを花婿に ピエール・ルメートル | Main | 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 豊田正義 »

悲しみのイレーヌ ピエール・ルメートル

昨日の台風はいかがでしたか?
千葉県、見事に横断してくれましたよ・・。
会社終わる時間になっても電車動いてない!

でも定時過ぎても会社にいたくない~。
で、動き始めて結局、ちょっと遠い駅までは
私鉄だけに動いていたので、そこまで帰り
親にお迎えを頼みました(;^^)。

JR千葉駅はカオスでした・・・。
配布された毛布を床に敷いて座り来む人々。
その時点で運転見合わせ5時間経過しており、
動きようがない人は厳しかったです。

22日23時現在、倒れた竹の伐採作業中(;^^)。
会社に行けるんだろうか??

********************************

さて、昨日と同じ作家さんの他の作品です。

「クルブヴォアでとんでもないことが・・・」
「どうした」
「とにかく・・・こんなのは見たことがありません」

悲しみのイレーヌ ピエール・ルメートル

読了です。

異様な手口で惨殺された二人の女。
カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を
開始するが、やがて第二の事件が発生。
カミーユは事件の恐るべき共通点を発見する…。

*******************************

「その女アレックス」に登場した、
カミーユ警部が出てくる作品です。

というか、こっちが先、なんですね。
これを読んで「その女アレックス」を読むと
「あぁ~、だからこうだったのか」と分かる。

こちらも結構ひどい、です。
まさかまさか、と思いつつ先が知りたくて
どんどん頁をめくっていく、と言う状態。

途中で「あれ?あれれ??」と思ったけど
そういう構成なのね、納得!

「その女アレックス」「死のドレスを花婿に」
この2作もそうでしたが、事件は凄惨です。
これだけ執拗に描写されると、どんなに想像力なくても
想像しちゃうぞ、って感じ。

その昔、読んでいた作品に出てくる描写は
ここまでではなかったなぁ。
「事実は小説より奇なり」と言いまして、
TVのNEWSで見る&聞く事件は凄惨で、
小説の世界でほっと一息つけてました。

それが小説でここまで書いちゃう、って事は
実際はもっともっと悲惨なんでしょうね。
知らない世界であってほしかったなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 死のドレスを花婿に ピエール・ルメートル | Main | 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 豊田正義 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

月曜日 私は仕事休みました(^-^;

Posted by: セイレーン | August 23, 2016 at 03:12 PM

関東は台風の影響 強そうですね。
関西は晴天で暑いままでした。

Posted by: オサムシ | August 23, 2016 at 06:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63883689

Listed below are links to weblogs that reference 悲しみのイレーヌ ピエール・ルメートル:

« 死のドレスを花婿に ピエール・ルメートル | Main | 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 豊田正義 »