« GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 | Main | メビウス・レター 北森鴻 »

コミック 「はみだしっ子」 三原順

一昨日かな?記事に書いた「はみだしっ子」。
今日はこちらをご紹介。 ※漫画です。


1975年初出、なのでいやぁ古いっすな(;^^)。
三原順 1952/10/7-1995/3/20(満42歳没)著。

5~7歳の4人の少年が主人公(初登場時)。
それぞれの複雑な事情で、親に見捨てられたり、
親を見限ったりして家出し、共同生活を送ることに。
彼らの心の彷徨と成長が描かれている。
又、常に社会や人間を深く掘り下げ、独特の深い洞察力で
言葉を尽くして描かれたネームの多い作風が特徴。
作中に文章のみで構成されたページもある。
*************************************

あ、で↑2巻が「グレアム」(=見た目一弥・性格ヴィクトリカ)
3巻が「マックス」(=見た目ヴィクトリカ・性格一弥)、
4巻が「アンジー」(ヴィクトリカの性格&見た目含む)
5巻が「サーニン」(一弥の性格&行動含む)
と、かなり重なっている部分があります。

その日の宿を探すため、大人をだまくらかし、
その日の食を探すため、日雇い仕事をし、
自分を愛してくれる親ではない誰かを探す。
4人の暮らしは時にきびしかったけど、
「それでも僕たちは生きてきたよ」 と言う彼ら。

漫画、じゃないだろぉ~、と思うような内容だったり
でも時々くすっ、たまにヾ(@^(∞)^@)ノわははと笑い、
かなり皮肉った内容になったりしている作品で、
昔(今もか?;^^)ひねくれてた自分にはズン、と来た
ものです。

これはね、文庫版で買い揃えてあります。
たまに読み返すんですよ。
この歳になっても、文章が理解できない部分が
あったり、新たな発見があったり、で
これは手放したくないなぁ、と。
一度手放したんですけどね(;^^)。文庫版が
出たから再度買い揃えたと言う・・・。

漫画ですのでさすがに図書館にはないでしょうが
漫画喫茶なら・・・ お時間と暇がありましたら。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 | Main | メビウス・レター 北森鴻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

知っているマンガです。なんだかいつも寂しそうな感じでした。

Posted by: セイレーン | July 03, 2016 at 11:13 AM

私自身 最近漫画は週刊誌の立ち読みくらいです。

Posted by: オサムシ | July 01, 2016 at 06:56 AM

なんだか懐かしさを感じる絵ですね。

Posted by: nanamama | July 01, 2016 at 12:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63837429

Listed below are links to weblogs that reference コミック 「はみだしっ子」 三原順:

« GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 | Main | メビウス・レター 北森鴻 »