« わくらば日記 朱川湊 | Main | 青藍病治療マニュアル 似鳥鶏 »

ミレニアム4 ダヴィドラーゲルクランツ

懐かしい~。もう見ることないと思ってました。

「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」
ダヴィドラーゲルクランツ


読了です。

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は
経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア
企業のセルネル社に売り渡していた。

ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との
非難にさらされていた。
そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという
情報が持ち込まれる。

人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が
何か大きな問題を抱えているようなので、会って
ほしいというのだ・・・

**********************************

ミレニアム 1.2.3」を読んだのは2012年の話。
映画「ドラゴンタトゥーの女」を見たのも2012年、
あの時は一気に夢中になりましたっけ。

ただその時点で作者の方、亡くなってましたからね。
残っていた草案・取材メモとかを遺族が託したのは
ダヴィドラーゲルクランツというジャーナリスト。

しかしどうしてどうして、楽しかった~(^o^)。
リスベットのハッキングのテクニックは天井知らず。
とうとう、NSA(アメリカの国家安全保障局)に迄
ハッキングを成功させました。

そこで知り得た情報などから、ミカエルと手を組み
博士が死んでまで守ろうとした自閉症児の子供を
助け犯罪組織に立ち向かう事に。

その犯罪組織とは・・・、ってのが今回のメインかな。
うまく1~3シリーズと繋がり、まだこれからも
発展していく、と想像できる終わり方でした。

上下巻を図書館で借りる、って結構ギャンブル。
ヘタすると下巻が先に届いちゃう、なんてありそうで
 ※あ、図書館のシステムによっては「順番予約」
   できます。
間を少しだけ開けて予約、無事2冊続けて借りられました。

読み始めるまでは「翻訳本だし、手間がかかるんだよな」
とためらってましたが、読み始めたら一気に夢中。
いやぁ~いい時間を過ごせました。

まだ文庫本は出てないみたいですので、ソフトカバーで
シリーズ1~3が上下巻=6冊、と量は多くなりますが
お勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« わくらば日記 朱川湊 | Main | 青藍病治療マニュアル 似鳥鶏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

順番予約はじめました。今までも手動でやっていましたが(^o^;)

Posted by: セイレーン | June 06, 2016 at 10:37 PM

「順番予約」っていうのがあるんですね。
気を聞かせて順番に貸してくれるなんてのはないのかな?
理想と現実は違うかな?

Posted by: nanamama | June 05, 2016 at 11:47 PM

図書館のシステムで順番予約なんてできるんですね。
うちのほうはダメみたいです。

Posted by: ジャランこ | June 05, 2016 at 09:26 PM

4が出たんですね!
どうも、翻訳物だと読みづらいので、
こちらも映像化してくれることを願ってます^^
ハリウッド版の映画も悪くなかったですよね。

Posted by: butaneko | June 05, 2016 at 06:52 PM

こちらの作品知らなかったです。

Posted by: オサムシ | June 03, 2016 at 06:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63629121

Listed below are links to weblogs that reference ミレニアム4 ダヴィドラーゲルクランツ:

« わくらば日記 朱川湊 | Main | 青藍病治療マニュアル 似鳥鶏 »