« 探偵・日暮旅人シリーズ2 山口幸三郎 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ 桜庭一樹 »

朝が来る 辻村深月

「子どもを、返してほしいんです」
朝が来る 辻村深月

読了です。

親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、
ある朝かかってきた一本の電話。
電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、
確かに息子の産みの母の名だった…。

子を産めなかった者、
子を手放さなければならなかった者、
両者の葛藤と人生・・・

**********************************
TVドラマが始まってますね。見てないですが。
この小説もTVで紹介されているのを見て、
「そのうち借りてみよう」と思ってました。
思ったより早く本棚に並んでた・・・。

辻村さんの本は読みやすいせいか、回転が良く
地元の図書館では早めにてにはいりますね。
以前紹介した「ハケンアニメ」なんかもそうだった。

こちらも読み始めたら「次へ次」と夢中になり
あっつ~間に終わっちゃいました(^o^)。

これを読んでいて思い出したのが「最貧困女子」。
「無知の貧困」と言うものが伝わります。
性の問題や労働問題、生活力というものがないと
苦労する人はとことん苦労してしまうんだな、と。

作家近藤史恵さんもそうですが、「家族の問題」って
かなり今取り上げられてますよね。
介護や引きこもりの高年齢化、そういう問題について
書かれた本(新書)なども数冊読んでますが、
フィクションで書かれていると染み込みやすいです。

そして、昨日も書いた「とりあえず最後はハッピー」
になれます。
勿論、色々問題は残っているでしょうし、大変ですが
「大丈夫、あなたを見つけたよ」って安心感に包まれる
いい作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 探偵・日暮旅人シリーズ2 山口幸三郎 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ 桜庭一樹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

美容室の雑誌にこの方の連載が載っていました。林真理子さんのような感じです。

Posted by: セイレーン | June 28, 2016 at 09:44 PM

こちらのTVドラマもみてないですね。

Posted by: オサムシ | June 24, 2016 at 06:31 AM

この作品読んでないですが、確かに最近考えが乏しい人が貧困に襲われているって気がしますね。
考える力って大切ですよね。

Posted by: mahalobunny | June 24, 2016 at 03:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63778853

Listed below are links to weblogs that reference 朝が来る 辻村深月:

« 探偵・日暮旅人シリーズ2 山口幸三郎 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ 桜庭一樹 »