« GOSICK ゴシック シリーズ2 桜庭一樹 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 »

GOSICK ゴシック シリーズ3 桜庭一樹

え~、まだまだ続きます。お付き合い下さいね。
いよいよシリーズはクライマックス!



GOSICKs(番外3)-秋の花の思い出-(2007/04)
  風邪・お見舞い・花と本
GOSICK6-薔薇色の人生-(2011/03)
  ココローズ・劇場・灰色狼
GOSICKs(番外4)-冬のサクリファイス-(2011/05)
  リビングチェス・迷路・フクロウ
GOSICK7-神々の黄昏(上)(2011/06)
  第2の嵐・最終兵器発動・別離
GOSICK8-神々の黄昏(下)(2011/07)
  脱出・負傷・誓い

*************************************

さぁ、いよいよゴシックシリーズ最終、それと
ゴシック エス シリーズ最終 です。

昨日の記事から数日後、秋~冬にかけての
短編集と、クライマックスがやってきます。

「最終兵器」としてのヴィクトリカの存在は、
ソヴェール国の勢力を2分します。
それがね「科学アカデミー」と「オカルト省」っての。
「オカルト省」って・・・(;^^)

ヴィクトリカを利用し尽くそうとする父親、
彼女を助けようとする母親、彼女を守ろうとする一弥。
残念な事に一弥はヴィクトリカと同い歳。
嵐は未成年者の彼らにも容赦なく襲いかかります。

いやね、最終の「神々の黄昏(上・下)」は
困りました。
まさか「上」の早い段階で涙出ちゃいましたもの。
2人の別離のシーンがね、ホント悲しくて。

人を信じず、人と交わらず、のヴィクトリカが
学園生活で得たものは、かけがえのないもの。

これを読んでいて、ヴィクトリカや一弥の描写に
なんかデジャブ・・・。
私はこちら、「はみだしっ子」(三原順)を思い出しました。

201606_max_2

皆さん、知らないですよね?(;^^)。
かなり昔の連載漫画、です。
左がマックス、右がグレアム。
本の描写から想像した外見は、
ヴィクトリカはマックス、一弥はグレアム。 
実際の性格はヴィクトリカはグレアムで、
一弥はマックスなんですけどね。

すいません、つまらん話で。
でも楽しかった~このシリーズ。
思いっきり現実逃避して浸ってました。

お時間ありましたらぜひ手に取って見て下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« GOSICK ゴシック シリーズ2 桜庭一樹 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

表紙のシルエット風な絵がとても素敵ですね。

Posted by: mahalobunny | June 29, 2016 at 11:55 PM

かなり昔の漫画でもしっていそうだけど
こちらは知らないです。
でも「はみだしっ子」って聞いたことがある気がします。

Posted by: ジャランこ | June 29, 2016 at 08:01 PM

漫画知らないです。
でも、昔はこんなような絵の漫画色々あった気がします。

Posted by: nanamama | June 29, 2016 at 07:50 PM

漫画の方 残念ながら知らないです。

Posted by: オサムシ | June 29, 2016 at 06:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63779081

Listed below are links to weblogs that reference GOSICK ゴシック シリーズ3 桜庭一樹:

« GOSICK ゴシック シリーズ2 桜庭一樹 | Main | GOSICK ゴシック シリーズ4 新章 桜庭一樹 »