« 地方消滅 増田寛也 | Main | 熟成肉を作ってみた! »

きょうだいリスク 平山 亮 , 古川雅子

さて皆さん、兄弟はおりますか?
私の世代だと2~3人兄弟、ってのが多いかな?
一人っ子も増えつつある世代ではありますが。
今や一人っ子の方が一般的なんでしょうね。

平山 亮 , 古川雅子著 きょうだいリスク 
無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる?

読了です。

ニートの弟、未婚の姉、非正規の妹、
親の資産を浪費する兄・・・。

未婚化や雇用の不安定化で、自立できず頼る
家族も持たない「きょうだい」が増えている。

日本は、男性の3割、女性の2割が「生涯未婚」の
時代を迎え、 一方、非正規社員の割合は4割を超え、
収入が不安定な人も多い。
かつてなら「家族」や「会社」がセーフティーネットと
なった日本。
だが、それを持たないきょうだいを親亡き後は誰が
支えるのか?

*************************************

なんかね~、自分の事を言われてるみたい(;^^)。
とりあえず私も弟も職にはついているんですが、
いつまでそれが続くかどうかは分からないのよね。

親の介護もまだ大丈夫、なんて思いつつも
同年代の御両親のご不幸な話を聞くと、
「う~ん、いつまでものんびりしてられないな」と。

更にその後、両親がいなくなった後に
どうなるか??
自分も歳取ったな、自由がきかなくなったな、と
思うことも増えてきて、今勤めている会社も
どうなるんだろう?先行きがちょっと不安だったり。
更に、定年退職後の再就職や年金受給、など
考えだしたらきりがないんだけど
つい考えちゃいますよね。

さて、ここで、「きょうだいの介護」と言う問題が
出てきた時に、私は頑張れるんでしょうか?
弟は頑張るんでしょうか??

いや、私は世話になるつもりもなく、いざとなれば
何らかの手段を講じる予定でおります。
が、そこは世間体とか親戚の目、とか色々
一筋縄ではいかない部分があるかも、ですが。

この本を読むと「なぜ生きにくいのか」納得。
本当に「家制度作ったの誰だ、おい!」と
怒りたくなってきます。
廃止にはなったけど、今の法律がそれに追いついて
こないんですよね。だから困窮する。

「北欧は福祉が充実してる、でも払う税金は高い」
と信じてきました。
でも、日本って北欧並の税金払ってるんだって。
なのに、なんで老後の不安を抱えてるんだろ??

ちょっと不安に感じたらぜひ読んでみて下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 地方消滅 増田寛也 | Main | 熟成肉を作ってみた! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

年金はもらえない物と思っています。
日本は議員とつく人が多く、報酬が高すぎるように感じます。
現東京都知事の方は何だかとってもセコイというか勘違いをしている感じだし、もっと強いリーダーシップが現れて欲しいと思います。

「おたる水族館」のひつじの話し全く知りませんでした。
検索して思いっきり笑わせてもらいました。
そして、岐阜県のやぎだったかな?昨年の事件思い出しちゃいました。
水族館の敷地内の事だから大丈夫だと思うけれど、岐阜県のようにならないことを祈ります。

Posted by: nanamama | May 20, 2016 at 12:14 AM

私は妹が1人でそちらは結婚して子供2人いますが、
私はまだ1人身です。母親は早くに亡くなり、父親も
去年クモ膜下出血で倒れてしまいましたが、幸い介護まではなかったのですが、今後を考えさせられますね。

Posted by: オサムシ | May 19, 2016 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63637548

Listed below are links to weblogs that reference きょうだいリスク 平山 亮 , 古川雅子 :

» 日本社会に埋め込まれた爆弾:きょうだいリスク 無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる? [本読みの記録]
きょうだいリスク 無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる? (朝日新書)出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2016/02/12メディア: Kindle版 収入・資産のない兄弟を親の死後、誰が面倒を見ますか? 昭和の時代は、兄弟も多かったから一人ぐらい生活に困っている人がいても兄弟分担で生活の面倒を見ることができた。 現役世代の人たちには、親戚に一人ぐらい働いていないおじさん・おばさんがいる人も珍しくないだろう。 だが、三人兄弟が珍しくなった現役世代の人たちにとって、生活能力のない兄弟がい... [Read More]

Tracked on June 04, 2016 at 11:20 PM

« 地方消滅 増田寛也 | Main | 熟成肉を作ってみた! »