« あやかしリストランテ 王谷晶 | Main | しんがり 山一證券最後の12人 清武英利 »

まちの本屋 田口幹人

皆さんの住む街には「まちの本屋さん」
ありますか??

まちの本屋 田口幹人

読了です。

この時代における、リアルな本屋の存在価値とは?
ネット書店の台頭、市場の縮小、「書店空白地域」の急増・・・。
「まちの本屋」の活路はどこにあるのか?
新たな本屋の息吹が聴こえる。

********************************************

作者は岩手県盛岡駅ビルにある「さわや書店
フェザン店」店長さん。

周辺は720坪のジュンク堂、郊外店のTUTAYAさんに
イオンの未来堂書店さん、と激戦区。
そんな中、約160坪(ジャンク堂さんの1/4の大きさ)の
書店が生き残るために心掛け&仕掛け&思う事は何か?

キーワードは「きょういく と きょうよう」。
今日行く処と今日用がある処に本屋を位置付けたい。

心が暖かくなるお話がたくさん詰まってます。
毎号パーツが届いてロボットが作れる本。
おばあちゃんが、「私には作れない、でも欲しい」と。
で、店の若い子に作るよう指示をだす。
最初は「えぇ~」と言っていた彼もおばあちゃんの
喜ぶ顔を見るうちに、変わっていく・・・。

さわや書店さんで仕掛けた本の紹介もあり、
中には「思考の整理学」とか、「永遠のゼロ」とか、
このblogでも紹介した本も載っています。

私が住む街には、駅周辺に本屋さんは3軒ありました。
どれも小さいお店でしたが、高校生位までは
そこで手に入るものは買ってましたっけ。
気づくと3軒全てなくなり、今は家から車で
15分程のところにあるショッピングセンター内の
本屋さんだけ。

ネットで買ったほうがポイントもつくし、いつでも
頼めるし、良いのはわかっているんだけど、
「潰れてほしくない」と思い、ここで買ってます。

お客さんを育て、お客さんに育ててもらう事、
地方が生き残る&活性化する為の色々が
書かれています。 ぜひ読んでみてくださいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あやかしリストランテ 王谷晶 | Main | しんがり 山一證券最後の12人 清武英利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

子供のころの本屋さんの思い出はあまりありませんが、大人になってからの友人の家が本屋さんでした。彼女も出版社に就職したようですが、本屋さんはどうしているのかなぁ(^△^)

Posted by: セイレーン | May 17, 2016 at 10:46 PM

本当に本屋さん少なくなりましたね。
大型スーパーの本屋さんも生き残りをかけて色々なポップを作って頑張っています。
今後5年で本屋はどう変わるのか気になります。

Posted by: nanamama | May 17, 2016 at 12:02 AM

いろいろ大変ですね。

Posted by: オサムシ | May 16, 2016 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63514032

Listed below are links to weblogs that reference まちの本屋 田口幹人:

« あやかしリストランテ 王谷晶 | Main | しんがり 山一證券最後の12人 清武英利 »