« からたち童話専門店1&2 希多美咲 | Main | 徒然草~この歳になったからこその~ »

夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉 井上麻矢

朝、目が醒めた時、「眠いし疲れているけれど、今日も1日がんばろう!」と思えないのであれば、今の生活、どこかで自分に嘘をついて我慢している。その我慢がどこにあるのかを逃げないで見つめること

夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉 井上麻矢


読了です。

2009年がんで療養中の井上ひさし氏はこの頃、
娘の麻矢さんと、こまつ座の行く末を案じていたのだろう。
麻矢さんに「夜中の電話」をかけてくるようになったという。
その中から77の言葉をまとめたのが本書である。

**************************************
恐れながら、井上ひさし氏。名前は知ってましたが
作品を見たこともなく、本を読んだこともなかったです。
娘さんにかけてきた電話で色々な事を話していたそうです。

仕事の事、生きるという事、人間の根本的な事など。
社会性とは?自立ではなく自律する、とか
色々書かれています。なので、ふとしたタイミングで
心にスッと染みこんでくるき言葉ばかり。

私は2月のめちゃ忙しい時期、遠方から残業して、
日付が変わる頃帰宅。普段観ないTV番組で、
冒頭のフレーズに偶然出会いました。
早すぎても遅すぎても目にはしなかったであろう、この言葉。
いやぁ、ささりましたね。目にした瞬間泣きました・・・(;^^)。
ポロポロっ、と涙がこぼれて「あぁ、そうだ、よね。うんそうだ」と。

今、どうなんだろ?「がんばろう!」と思ってるのかな?
自分。
おそらく、朝起きて何も考えないように機械的に支度して
慌てて家を出て行く、みたいな感じかなぁ。
多分、考えちゃったらそこから動けなくなりそうなのよね。

他にも色々な言葉があるんですが、紹介するよりも
大きく分けて ・生きるということ ・仕事について。
ぜひぜひ、読んでいただいて77の言葉から
「自分だけの一言」を探してほしいな、って思います。
多分その時の心向き、で響く言葉って違うはずだから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« からたち童話専門店1&2 希多美咲 | Main | 徒然草~この歳になったからこその~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

そういえば読んでいないです。

Posted by: セイレーン | April 07, 2016 at 09:04 PM

井上ひさし氏の本 読んだことありません。

Posted by: オサムシ | April 06, 2016 at 06:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63382761

Listed below are links to weblogs that reference 夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉 井上麻矢:

« からたち童話専門店1&2 希多美咲 | Main | 徒然草~この歳になったからこその~ »