« 神々の山嶺 夢枕獏 | Main | 妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖 »

『家族はつらいよ』

以前、「家族物語」と言う映画を観ました。
この間、TVでもやってましたっけ。
同じキャストで今度はこちらの映画、です。

『家族はつらいよ』
160312_a

メディア 映画   上映時間 108分  製作国 日本
公開情報 松竹  初公開年月 2016/03/12
橋爪功 (平田周造)   吉行和子(平田富子)
西村雅彦 (平田幸之助)  夏川結衣 (平田史枝)
中嶋朋子 (金井成子)   林家正蔵 (金井泰蔵)
妻夫木聡 (平田庄太)   蒼井優 (間宮憲子)

東京の郊外に暮らす三世代同居の平田一家。
当主の周造は仕事も引退し、今はゴルフと酒に
明け暮れ隠居生活を謳歌する日々。
当然、妻・富子の気持ちなど知る由もない。

周造に似て頑固な長男・幸之助は仕事一筋。
2人の子どもと家の中のことは専ら妻の史枝に
任せきり。家を出て税理士としてバリバリ働く
気の強い長女・成子は、夫・泰蔵との喧嘩が絶えない。

一方、独身でいまだ実家暮らしの次男・庄太は、
看護師の恋人・憲子との結婚をついに決断
しようとしていた。そんなある日、いきなり富子が
周造に離婚を突きつけた。

思いも寄らぬ妻の離婚宣言に周造は・・・。

**************************************
いや、面白かったですよ(^o^)。
古き良き時代、って感じの作りです。

だって、今三世代同居、って希少じゃない?
彼らが住んでいる家も、坂道沿いの一軒家。
その昔、山を開いて住宅地にした頃に購入した
って感じがありあり。

作品中でも「人が少なくなった」とのセリフ。
歩いている人も老人が多かったですね。
バス停まで坂を降りて、バスに乗って駅まで。
ありふれた「日常」って設定です。

橋爪氏扮する父周造。
これが小憎たらしい父親です、はい(^o^)。
多分、この年代の人って大体そうなんじゃないか?
って思うような典型的な「縦の物を横にもしない」人。

奥さんの有り難みも感じず、外で奥さんを落として話す。
家に帰れば服は脱ぎ捨て、靴下は裏返したまま(;^^)。
二言目には「オレがどれだけ苦労してお前たち家族を
養ってきたことか」・・・。
奥さんの誕生日にも気づかず、離婚を切り出される。
そりゃ当然さ、って思っちゃうんだけど。

それに対し「ダメよ!絶対ダメ」と皆が止める。
今の御時世「別れて当然。とっとと離婚しな」と
言いそうなんですが、そこはそれ。
色々あって何とか収まってお終い、となりますが、
なんかほのぼのとして、暖かい気持ちになります。
うちの両親にぜひ見せたい作品ですね。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神々の山嶺 夢枕獏 | Main | 妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

確かに、三世代同居ってなくなりましたね(^_^;)
私なんか親と住むのも嫌だもの・・・
昔は世間体とかいろいろありましたが、
今の時代はそういったものが緩くなっているので、
我慢しないで離婚!とか、昔よりは楽になったんでしょうね。
おかげで私もふらふら遊んでいられるわけですが(^_^;)

Posted by: butaneko | April 16, 2016 at 02:50 PM

たしかに三世代同居 希少ですね。

Posted by: オサムシ | April 15, 2016 at 06:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63483050

Listed below are links to weblogs that reference 『家族はつらいよ』:

« 神々の山嶺 夢枕獏 | Main | 妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖 »