« 『家族はつらいよ』 | Main | 暗い宿&高原のフーダニット 有栖川有栖 »

妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖

熊本の地震、大変そうですね。
今回は前震とか本震とか東日本大震災と違う
現象の上、天気も悪くなったりして。

九州の方は台風のせいで、屋根が飛ばされないよう
重くするそうですね。
それが損壊被害を増やした、ってTVで観ました。
早く落ち着いて元の生活に戻れると良いですね。

**************************************

妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖

読了です。

臨床犯罪学者・火村英生、かつてない強敵と
対峙す! 三松妃沙子。
「妃」と綽名される彼女の周りには、いつも若い男たちが
集まっていた。願い事を三つだけかなえてくれる
猿の手に、あるいは不穏に震える揺り籠の中で、
彼女は何を祈ったのだろう。

45の密室トリックを発表した推理小説の大家、
真壁聖一が殺された。
密室と化した地下の書庫の暖炉に上半身を突っ込む
という悲惨な姿であった。
彼は自分の考えた46番目の密室トリックで殺されたのか。

***************************************

TVドラマは終わったけど、小説の方は沢山出てるし
少しずつ読んでいます。
今本屋さんに並んでいるのは、妙にBLっぽいのよね。
「角川ビーンズ文庫」と言う所から出てるのは、
こんなだもん(;^^)。



どうもこの本、読み終わると記憶がなくなります。
読み応えはあるし、「どうなるんだろう?」と
ワクワクしながら読んでいるんですが、
謎がとけて終わってしまうと・・・あら不思議。
でも気楽に読めるので、これからも読んでいきます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『家族はつらいよ』 | Main | 暗い宿&高原のフーダニット 有栖川有栖 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

TVドラマ は見てましたので、
こちらの本読もうかな。

Posted by: オサムシ | April 18, 2016 at 06:51 AM

お久しぶりです。
アメリカに帰ってきて10日ほど経ちましたが、まだまだバタバタしています。
ブログは、溜まっている本のレビューをぼちぼち上げていこうかと思っています。
これからも宜しくお願いします。

有栖川有栖氏の本、たくさん積読本になっています。もう何年も前から・・・笑。
面白いんですけれど、なんとなく手が回らない。ぼちぼち読みます。

Posted by: mahalobunny | April 18, 2016 at 01:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63402427

Listed below are links to weblogs that reference 妃は船を沈める&46番目の密室 有栖川有栖:

« 『家族はつらいよ』 | Main | 暗い宿&高原のフーダニット 有栖川有栖 »