« おいしいものは幸せ♪ | Main | 『女が眠る時』 »

『オデッセイ』

ちょっと前のSF小説の映画化、って最近多い?
あ、あと、実話を元にした作品も。
日本もそうだけど、お話のオリジナリティ、ネタ切れ?
こちらはそのSF小説の映画化、です。

『オデッセイ』

160205_a

THE MARTIAN

メディア 映画   上映時間 142分
製作国 アメリカ  公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2016/02/05
マット・デイモン :マーク・ワトニー

傑作ハードSF『火星の人』をリドリー・スコット
監督、マット・デイモン主演で映画化。

火星ミッション中に不運が重なり、死んだと
思われたままたった一人で火星に取り残されて
しまった主人公が、科学の知識と不撓不屈の
根性、底抜けのユーモアを武器に、その
絶体絶命の状況からの地球帰還を目指して
繰り広げる過酷なサバイバルの行方を描く。

***********************************

ネットでは「火星版DASH村」なんて一時は
騒がれてたそうで(;^^)。
いやいや、空気も重力も違う火星ですから。
DASH村は基本、地球ベースだし。

火星が舞台、なんですが、まぁすごいっす。
やっぱり、「ユーモアのセンス」って必要よね。
悲劇的な状況をユーモアにしてしまう、
そんな強さがないと火星で1人、って無理よね。

そして冷静さ。数年後まで生き延びる為に
残った食料全てを調べ、食物の自作を試みる。
もちろんたまに失敗もするけど(;^^)、
じゃがいもゴロゴロ、なシーンは笑えます。

緊急避難で脱出したクルーの残したものを
活用してギャグにしちゃったりするのは、
「笑い」って人生に大事よね、って思っちゃう。

火星でのサバイバルと地球での救出ミッション。
並行して描かれるんですが、「ここにいるよ」って
想いが届いた時、早く火星にたどり着ける方法を
考えついた時、など様々な人の能力の結集する様は
観ていて「ホント、すごいよ、彼らは」と尊敬。

142分と最近ではやや長めの編集ですが、
それを気にしない位面白かったです!

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おいしいものは幸せ♪ | Main | 『女が眠る時』 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

ついに最終週の祭日に行ってきました。混んでいました。(^-^)

Posted by: セイレーン | March 21, 2016 at 04:59 PM

見たくなったけれど、3月からは時間が合わなくてf^_^;

Posted by: セイレーン | March 17, 2016 at 07:34 AM

結局映画も小説も見てないです。

Posted by: オサムシ | March 16, 2016 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63304394

Listed below are links to weblogs that reference 『オデッセイ』:

« おいしいものは幸せ♪ | Main | 『女が眠る時』 »