« シチュエーションパズルの攻防 竹内真 | Main | 道徳の時間 呉勝浩 »

殺戮にいたる病 我孫子武丸

以前読んだ本で、読書メーターにも登録したはず
なのに、気づいたら記事も書いてないし、
読書メーターからも消えてた。
ついでに私の記憶からも消えてました(;^^)。

図書館で借りて読み始めて「あれ?読んだことある」
いやぁ、ビックリしましたわ。自分の老化に。

殺戮にいたる病 我孫子武丸


読了です。

永遠の愛をつかみたいと男は願った・・・。
東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねる
サイコ・キラーが出現した。
犯人の名前は、蒲生稔! 

くり返される凌辱の果ての惨殺。
冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき
殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない
時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

*******************************************
いやぁ、気持ち悪い(;^^)。
犯人の立場から、
母親の立場から、
被害者とその関係者の立場から、と
色々な方向から書かれており、それらがどこで
交差するのか?先が知りたくなり、頁を繰りました。

文章と筋立ては最高!です。
どれぐらい最高かと言うと、読み終わった後、
冒頭に戻ってもう1回序章を読んでしまった位。

色々書けないのがストレスですが、
犯人は冒頭からわかっている、
被害者も徐々に新聞等でわかってくる、
犯人を疑う人も出てくる・・・
なのに&なのに、なぜここまで書き上げたのか?

いやぁ、すごいです。
これはあれこれ言うよりとにかく読んでみて。
(あ、残酷描写が苦手な方はご遠慮下さい)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« シチュエーションパズルの攻防 竹内真 | Main | 道徳の時間 呉勝浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「あれ?読んだことある」あ あります。そういうことって。まあ図書館でよかったです。同じ本を買うのはねぇf^_^;

Posted by: セイレーン | March 30, 2016 at 10:42 PM

以前よんだ本なんですね。

Posted by: オサムシ | March 29, 2016 at 07:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63382709

Listed below are links to weblogs that reference 殺戮にいたる病 我孫子武丸:

« シチュエーションパズルの攻防 竹内真 | Main | 道徳の時間 呉勝浩 »