« 昨日の海は 近藤史恵 | Main | 殺戮にいたる病 我孫子武丸 »

シチュエーションパズルの攻防 竹内真

ちょっと前に「図書室のキリギリス」と言う
本を紹介しました。
 ※ちょっと前って書いてから調べたら
   2013年12月だった(;^^)けど。

シチュエーションパズルの攻防 竹内真

読了です。

大学入学を機に、叔母がママを務める銀座の
文壇バーでアルバイトをすることになった了。
その店は、人気ミステリー作家・辻堂珊瑚朗先生
ご贔屓の店だった。

普段は店のホステスにちょっかいを出しながら、
バーボンと葉巻を楽しむサンゴ先生だが、
ひとたび不思議な謎に出合うと、鮮やかな推理を
さりげなく披露する。

ミステリー作家は本当に名探偵なのか?
文壇バーで毎夜繰り広げられる推理ゲームと、
サンゴ先生の名推理。

◇クロロホルムの厠火事
◇シチュエーションパズルの攻防
◇ダブルヘッダーの伝説
◇クリスマスカードの舞台裏
◇アームチェアの極意

**********************************
文壇バー、って話には聞きますが、
そういうところとは縁がないもので(;^^)。
作家さんとかが「××賞受賞」の連絡をこういう
場所で待っている、とか、受賞が決まった後の
お祝いをこういう場所でやる、とか話は聞きますが。

そういえば銀座のママさん、って頭が良くないと
務まらない職業なんだとか。
やはり来るお客さんが知的な方が多いせいか、
話をあわせるためにも教養が必要だと。

それに比べ、若さや元気さでトップをはれる
お店が集まった場所もあるそうです。
世の男性、「頭のいい女はキライだ」って人も
多いそうですし。

さて、こちらの作品。
お店に持ち込まれたちょっとした謎。
回答がわかっているものもあるし、ないのもある。
それらを、サンゴ先生が推理していく訳ですが、
う~ん、あまりしっくり来なかったかなぁ。

設定はすっごく面白いな、って思ったんだけど
謎解き部分がちょっと辻褄合わせな印象が強く・・。
すっごく面白かった!とは言えないかなぁ。
この設定で他に書いた作家さん、いないかしら?
それか、アンソロジーでも(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 昨日の海は 近藤史恵 | Main | 殺戮にいたる病 我孫子武丸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

推理系は好きですが、どうでしょうかね。

Posted by: オサムシ | March 28, 2016 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63304357

Listed below are links to weblogs that reference シチュエーションパズルの攻防 竹内真:

« 昨日の海は 近藤史恵 | Main | 殺戮にいたる病 我孫子武丸 »