« 『ブラック・スキャンダル』 | Main | 楓ヶ丘動物園シリーズ 似鳥鶏 »

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』

昨日紹介した映画に出演してた、
ベネディクト・カンバーバッチの最新作!
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

160219_a


行ってきました~(^o^)。

SHERLOCK: THE ABOMINABLE BRIDE
メディア 映画   上映時間 90分
製作国 イギリス 公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2016/02/19

ベネディクト・カンバーバッチ:シャーロック・ホームズ
マーティン・フリーマン:ジョン・ワトソン
ユーナ・スタッブス:ハドソン夫人
ルパート・グレイヴス :レストレード警部
マーク・ゲイティス :マイクロフト・ホームズ 

1895年、冬のロンドン。ウエディング・ドレスを着た
妻の姿に驚愕するトーマス・リコレッティ。
なぜならばリコレッティ夫人は、数時間前に自ら
命を絶っていたのだ。

ベーカー街221B。レストレード警部から夫が妻の
幽霊に殺された、と事件の説明を受けたホームズは、
嬉しさを隠そうともせず、ワトソンとともに事件解決へと
乗り出すのだったが…。

**************************************

NHKのBSで放映していた、TVドラマ。
2013年に一度紹介してますが、そのキャストと
スタッフで今度は映画化、となった訳です。

冒頭と最後にメイキング(のようなもの)があり、
どれだけ彼らがホームズを愛し、コナン・ドイルを
愛していたか分かる作りになってました。

お話は、と言うと過去と現在、色々なものが
混じりあって、まるで阿片窟にいるシャーロックの
頭のなかを覗いているかのような・・・。
いやぁ、カオス(混沌)でした。

TVドラマ、結局その後見た方いるかしら??
ドラマはシーズン3まで放映されました。
アメリカでは「ワトソンが女、しかもNYが舞台」
なんてドラマも出来たりしましたけど、
「やっぱりこっちの方が良いよね~!」と
友人とは語ってました。

シャーロックの永遠のライバル「モリアーティ」。
私的には「ちっと役不足?」と思ったけど、
彼の登場シーンをまとめて紹介されると
なんかぞくっとする怖さ、ありましたです。

今回は19世紀が主の舞台な為、
携帯も車も出てきませんが、TVでやっていた
技法は新聞の切り抜きで再現されてました♪
(知らない方はごめんなさい、内輪ネタですね)

そして、髪の毛を短くしたベネディクト・カンバーバッチ。
やっぱりくせっ毛の彼の方が好きだなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ブラック・スキャンダル』 | Main | 楓ヶ丘動物園シリーズ 似鳥鶏 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

TVでやっていたのは知ってましたが、結局殆ど見ることなく今に至ります。

最近テレビ放送を殆ど見なくなってしまい、もっぱらDVD鑑賞でニュースもネットで見てしまう始末です。

Posted by: nanamama | March 09, 2016 at 12:42 AM

これ見に行こうと思ってました
昨年ドラマを見てからすっかりシャーロックファンになってしまって
観るのも楽しみです

Posted by: モリゾ | March 08, 2016 at 09:02 PM

TVドラマの方見てませんでした。

Posted by: オサムシ | March 08, 2016 at 07:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63304377

Listed below are links to weblogs that reference 『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』:

« 『ブラック・スキャンダル』 | Main | 楓ヶ丘動物園シリーズ 似鳥鶏 »