« 怒涛の2月でした(;^^)。 | Main | さがしものが見つかりません!  秋山浩司 »

屋上のウィンドノーツ 額賀 澪

TBSの「王様のブランチ」で紹介された
この本。普通に図書館に並んでおり(;^^)、
1回は貸出限度数を超えていた為、諦めたんですが
次に行っても普通に並んでいたので借りました。
う~ん、大丈夫か?うちの市の民度。

「屋上のウィンドノーツ」 額賀 澪 


読了です。

「みんなとつながることができない」
私立中学の三年生・給前志音(きゅうぜん・しおん)。

これまで勉強やスポーツ、そして人間関係さえも
唯一の友達・青山瑠璃に頼り切って生きてきたが、
離れて暮らしていた父との再会をきっかけに、
あえて友達がひとりもいない県立高校への進学を決意。

しかし志音の父はその後、過労が原因で急死――。
父の遺品の中からドラムと「志音、大志を抱け」と
書かれた日記を見つけた志音は、ひとりドラムの練習を
始める。

県立高校入学後、志音は吹奏楽部の部長・日向寺大志
(ひゅうがじ・たいし)から入部を誘われる。
一度は入部を断った志音だったが、大志の強い誘いと
「何かが変わるかもしれない」という予感で入部する。
吹奏楽部の東日本大会出場をめざして・・・。

**************************************************

努力してもうまくいかないことが多い、って
知るのは辛いですよね。でも若いころの挫折が
どれだけ大事か、って知らなきゃですよね、って
最近思います。

「エコ」じゃないけど「楽な方法、簡単な道」を探して
教えないと「ケチ」と怒る(;^^)。
又失敗すれば「注意してくれなかった」
「気にしてくれなかった」、と人のせいにしたり・・・
いや、それは自分で体得していくもんでしょ、って
思う私は古い人間かしら??

この作品の場合、「楽器」「吹奏楽」ですから、
「楽な方法、簡単な道」ってのはないですし、
高校生の頃の部活なんかは、自分で体得していく
実践練習の場、ですからね。

今の若人には、理不尽だな、とは思うでしょうが、
頑張って欲しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 怒涛の2月でした(;^^)。 | Main | さがしものが見つかりません!  秋山浩司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

nanagonは今2つ入部していますが、今カルタ部にも誘われていて迷っているみたいです。
一度参加してみたけれど、文化部というより格闘技に見えたらしいです。

Posted by: nanamama | March 01, 2016 at 06:34 PM

高校の部活は 幽霊部員で
帰宅部でした。

Posted by: オサムシ | March 01, 2016 at 06:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63148703

Listed below are links to weblogs that reference 屋上のウィンドノーツ 額賀 澪:

« 怒涛の2月でした(;^^)。 | Main | さがしものが見つかりません!  秋山浩司 »