« 『The Walk ザ・ウォーク』 | Main | 古典部シリーズ 米澤穂信 »

『さらばあぶない刑事』

1986年10月。
このTVドラマにはまりましたね、はい(^o^)。
最初の映画化の時には、前売券買って観に行ったっけ。
前売券についてくる「テレフォンカード」目当てに。

30年経とうとする今年、「定年退職」だって~!
160130_a

製作年 2016年   製作国 日本   配給 東映
上映時間 118分  監督 村川透
キャスト 舘ひろし(鷹山敏樹)  柴田恭兵(大下勇次)
      浅野温子(真山薫)  仲村トオル(町田透)

横浜港署捜査課刑事のタカこと鷹山敏樹とユージこと
大下勇次は、定年退職を5日後に控えていたが、
2人だけでブラックマーケットを襲撃するなど、
まだまだ暴れ放題。

そんな中、2人が追っていた新興ヤクザ幹部の伊能が
惨殺死体となって発見される。
各国マフィアが入り乱れるブラックマーケットを仕切って
いた伊能が殺されたことで、危うく保たれていた
マフィアたちの均衡は崩壊しはじめ、そこへ中南米の
凶悪な犯罪組織BOBが横浜に進出してくる・・・

******************************************

いやいや、定年退職かぁ~、良いなぁ~。
しかも警察官。「あと5日、おとなしくしてくれれば、
2000万の退職金がもらえる」んだって~。
本当に良いなぁ~。
現場にいつづけた彼らがその金額、ってことは、
管理職になったキャリアは幾らもらうんだい?えっ?!

舘ひろしが1950年生まれ、柴田恭兵が1951年生まれ。
歳取ったなぁ~。
TVドラマ当時が36歳と35歳、って言うんだから、
若かったね・・・。

当時の近藤課長(中条静夫)さん、亡くなった時も
ショックだったけど(1994年)、今回の映画でも
二言目には「近藤課長だったら・・・」ってセリフが出てきて
なかなか感慨深かったです、はい。

木の実ナナさんも出てきましたが、1946年生まれ・・・
うげっ!もう70歳なのぉ~!!
確かに若干立ち姿に老いは感じもしましたが、
相変わらず、でしたよ、はい。
浅野温子さんは1961年生まれだから55歳・・・。
この2人が相変わらず「薫ちゃん!」「松村課長~」
ってやっているのは・・・うん、かなりすごいです(;^^)。

敵役は「吉川晃司」1965年生まれなので、2人より
ずっと下のはずなんですが、白髪まじりの髪型は
彼らより歳取っているようなイメージ。
でも、マウンテンバイク乗り回して、タカのハーレーと
一騎打ち!

いやいや、若い人にはどうなんだろ?と思いつつ
私は楽しませて頂きました。
次はあるのかな?さすがにもうないかな??
アクションも厳しいだろうから、観に行けて
良かったです♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『The Walk ザ・ウォーク』 | Main | 古典部シリーズ 米澤穂信 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

nanamamaもかなりはまって見てました。
本当に懐かしいです。
退職金いいなぁ~
nanapapaの会社は退職金制度がないから今から自分達で貯めないといけないので大変です。

Posted by: nanamama | February 18, 2016 at 12:58 AM

昔観ていましたよ。
結構同年代の人はこの映画みに行っているようですね。
私もみたい!!
来月、日本に行くんですが、それまでやっているかなぁ〜!?

Posted by: mahalobunny | February 17, 2016 at 06:16 PM

1番最初からは30年前なんですね。
その当時の2人の年齢もこえている
自分がいるので、それだけ歳とってしまったのですね。

Posted by: オサムシ | February 17, 2016 at 06:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63212196

Listed below are links to weblogs that reference 『さらばあぶない刑事』:

« 『The Walk ザ・ウォーク』 | Main | 古典部シリーズ 米澤穂信 »