« 任俠病院 今野敏 | Main | 水に眠る 北村薫 »

語り女たち 北村薫

普段行かない図書館に行ったら、
好きな作家さんの文庫本が多く陳列されており、
つい借りちゃいました。 こちらは北村薫氏の本。

「語り女たち」 北村薫



読了です。

海辺の街に小部屋を借りて、潮騒の響く窓辺に
寝椅子を引き寄せ横になり、訪れた女の話を聞く

――さまざまな女が自分の体験を語り始める。
緑の虫を飲みこんだという女、
不眠症の画家の展覧会での出来事、
詩集で結ばれた熱い恋心、
「ラスク様」がいた教室の風景。
水虎の一族との恋愛……

微熱をはらんだその声に聴きいるうちに、
からだごと異空間へ運ばれてしまう、色とりどりの17話。

1 緑の虫 2 文字 3 わたしではない 4 違う話
5 歩く駱駝 6 四角い世界 7 闇缶詰 8 笑顔
9 海の上のボサノヴァ 10 体 11 眠れる森
12 夏の日々 13 ラスク様 14 手品 15 Ambarvalia
16 水虎 17 梅の木

***********************************
宮部みゆきの「三島屋」シリーズと似てますが、
こちらは働く必要のない男が始めた趣向。
本で得た知識よりも人の体験した話を聞くのが
面白い、と思い始めた訳です。

訪ねてきた女たちは、老若様々で、子供連れの場合も。
話す内容は不思議なものも多く、まさに
「異空間」に導かれるよう。

こういう短編集は1つ1つ、色が違うので、
読んでいて面白いんですが、後々感想が残りにくく
残るものは「ちょっと怖かった」「ちょっと気持ち悪い」
と言う感情だけです。
それがどこかに引っかかってふとした時に
思い起こされます。

不思議な体験をされた事のある方、
ぜひ、語ってみてはどうですか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 任俠病院 今野敏 | Main | 水に眠る 北村薫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

みんなどこかで話したいですからね。

Posted by: セイレーン | February 03, 2016 at 07:44 AM

最近図書館に行ってないです。
読みたい本があるかはnanagonに学校の図書館で探してもらっちゃってます。
ただ、学校の図書館なので分野に偏りがあるのがねぇ~

Posted by: nanamama | February 02, 2016 at 10:32 PM

最近図書館といえば
旅行前に地球の歩き方借りに行くくらいですね〜

Posted by: もりぞ | February 02, 2016 at 02:08 PM

図書館 なかなか行かないです。

Posted by: オサムシ | February 02, 2016 at 06:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63086982

Listed below are links to weblogs that reference 語り女たち 北村薫:

« 任俠病院 今野敏 | Main | 水に眠る 北村薫 »