« 私を離さないで カズオ・イシグロ | Main | 語り女たち 北村薫 »

任俠病院 今野敏

シリーズになっているそうなんですが、
まだこれしか読めてない。


日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、
東京下町で長年ちっぽけな所帯を持っている。
堅気に迷惑をかけない正統派ヤクザであったが、
地元新住民の間から暴力団追放運動が起こってきた。

そんなおり、組長の阿岐本雄蔵が、潰れかけた
病院の監事となって再建を引き受けることになった。
暗い雰囲気の院内、出入り業者のバックには
関西大物組織の影もある。

再建先と地元、難題を二つ抱え込んだ阿岐本組。
病院の理事もさせられた日村は、組の最大の
危機を乗り切れるのか

************************************
以前TVドラマで「任侠ヘルパー」ってのがありましたっけ。
見てなかったんですが、それの原作?って思うような
設定です。
あのドラマは特に原作はないようなんですが。

シリーズとしては3作目。
「任俠書房」→「任俠学園」→「任侠病院」となるそうな。
お話的には、「経営が危ない病院」を立て直す訳ですが
ごく当たり前の事をして改善していくわけですね。
裏には色々な事情が絡んできますが、
至極真っ当、お天道様の下を歩ける内容です。

「暴力団」は法律の改正もあり、生き残るのが
大変な時代になってますね。
確かに怖い、んでしょうが昨今「普通の人」が
起こす事件の方が怖かったりするので、
「筋を通してくれる」彼等の方が良いような気になります。

普通に読み物として楽しめますので、
他のシリーズも読んでみようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 私を離さないで カズオ・イシグロ | Main | 語り女たち 北村薫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

病院も経営だったりするのですよね(^^;

Posted by: セイレーン | February 03, 2016 at 07:41 AM

病院もいろいろありそうですね。

Posted by: オサムシ | February 01, 2016 at 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62920579

Listed below are links to weblogs that reference 任俠病院 今野敏:

« 私を離さないで カズオ・イシグロ | Main | 語り女たち 北村薫 »