« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 | Main | 『杉原千畝』 »

『海難1890』

さて、本日はご存知無い方も多いのでは?
と思う作品をご紹介。
近所の映画館では結構長く上映してまして。

『海難1890』です。
151205_1890a

製作年: 2015年  製作国: 日本/トルコ
日本公開: 2015年12月5日 上映時間: 2時間12分
配給: 東映 カラー 監督: 田中光敏
キャスト 内野聖陽 忽那汐里 夏川結衣 小澤征悦
      笹野高史 竹中直人 他

1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコである
オスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが
座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が
暴風雨で命を落とす。

そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞
(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、
地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。

イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は
危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。
そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る・・・。

**********************************

良い映画でした~。
遠く離れたトルコと日本の間にこんな出来事があって、
1985年のこんな出来事につながっていくなんて。
ほんと、人とか歴史ってつながっているんですね~。

1890年の出来事はひどかったです。
なぜ、日本政府は「海が荒れるよ」のアドバイスも
なかったんだろう? 彼等が急いでいたから?

当時、今よりずっと航海は大変で、地中海で活躍してた
「海賊」は、冬には風が変わり、航海に向かない、など
知識はあったんですよね。
日本だって近海の事はトルコより知ってたはずなのに。

和歌山の貧しい村の住民が彼等を助けるんですが、
そこはちょっと演技過剰、かな?(;^^)。
でも、住民はとっても貧しく、年貢を収めるのも一苦労。
そんな彼らが荒れた海へ飛び込んで助けていくのは
「お願い、1人でも生きていて」と願わずにいられません。

そしてかろうじて助かった彼らに住民がほどこす食事。
落ちた鶏肉を拾う少女の姿は「昔の日本だな」、と
思わずにいられませんでした。
今、好き嫌いはするし、平気で食べ物捨てますよね?

そして、1985年の出来事もひどかった・・・(;^^)。
日本人の救出を断念した日本政府に対し、
トルコ政府が取った行動・・・
いやぁ、トルコ様々、です。頭が上がりません。

思わず涙が出てくる映画です。
今、私達日本人は、先祖のとった行動が取れるだろうか?
今、私達日本人は、先祖が勝ち取った日本人の地位を
保てているのだろうか?
襟をただしたくなる作品です。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 | Main | 『杉原千畝』 »

映画2016」カテゴリの記事

Comments

親日家といわれるトルコ人。
1985年のことは本当に頭が下がります。

トルコは若い時から行きたいと思っているところ。
行くチャンスはもうないかもしれないけど。

Posted by: ジャランこ | February 10, 2016 at 11:02 PM

この映画 見たいリストに入ってます
ただ、題材が重そうな気がして
行ってみようかな〜

ドラゴンクエストライブツアー
もう、今年の一押しですよ〜
わたし的には大大大盛り上がりです

Posted by: もりぞ | February 10, 2016 at 10:25 PM

この話は社会科の授業で習ったと思います。
そして、nanagon達も学校で習ったようです。

トルコって凄い国だなぁ~一度行ってみたいと思う気持ちと、たまに耳に入ってくる残念なニュースの狭間で揺れ動きなかなか行けない国になっています。

Posted by: nanamama | February 10, 2016 at 07:05 PM

和歌山の人って優しい印象があります。
あまり国内旅行に行かないので、そんなに比べようがないのですがf^_^;

Posted by: セイレーン | February 10, 2016 at 06:19 PM

はい、こちらの作品 知りませんでした。

Posted by: オサムシ | February 10, 2016 at 06:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63175087

Listed below are links to weblogs that reference 『海難1890』:

« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 | Main | 『杉原千畝』 »