« 昨日は大丈夫でしたか?? | Main | アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 »

仁義なき宅配:ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 横田増生

アマゾン、ユニクロに潜入した次の標的は、
ベールに包まれた 「宅配ビジネス」だった・・・

仁義なき宅配:ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 横田増生


読了です。

いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。
ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は
日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈な
シェア争いを行っている。

だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の
「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、
いままでベールに包まれたままだった・・・

************************************

新入荷、で図書館に並んでおり、手にとってみました。
この作家さんの過去作品は知らないんですが、
アマゾンにユニクロ、と潜入取材された方なんですね。

今度のターゲットは「宅配便」との事。
そこに「どんな謎がある??」と思ったんですが、
仕組みが分かって面白かったですわ。

つい、ネットで買物する時は「送料無料」にしてしまいます。
家人がいるので、日時指定もしません。
たまに、外出して不在の事もありますが、
その為に遅い時間を都度指定して来てもらうのもな、
と思ったんですが、う~ん、ちと反省。

会社によって、↑のような不在戻しの対応が違うようで
自社の利益を圧迫する場合と、下請けが苦労する場合、
色々あるんですね~。

宅配便では仕事したことないんですよね、バイトとか。
友人らで何人かがバイトしたことはあるようですが、
さすがに同業他社で複数働く、って人はいないようで
そこら辺を明確に書いてくれるのは分かりやすいです。

作中に「その昔、荷物は駅止めでしか送れなかった、
駅まで自分で取りに行き、家まで届けてくれるなんて
事は夢の夢だった」というようなくだりがありました。

最近駅で、「楽天ロッカー」を見かけました。
楽天で買物して、家まで届けてもらうのではなく、
駅に留め置いてもらう。電車通勤の人ならでは、の
サービスですよね。

でも、昔もやってたんですね(;^^)。
当時は受け取り時間も決まってましたが、これなら
駅構内が閉まらない限り使えるし、良いですよね。

宅配便を使う方、一度読んでみると面白いかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 昨日は大丈夫でしたか?? | Main | アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

期日指定にしていたのですが、その日に雪が降ったりすると、べつに私は急がないので今日届けなくていいのですが(+_+)と言いたくなります。本当にお世話になっておりますm(__)m

Posted by: セイレーン | January 22, 2016 at 06:32 PM

日本のカスタマーサービスってどこまでいっちゃうんだろう!?
客側の要求や競争がすごいので、今でも十分働いている人や会社は大変だと思います。
その波がハワイにも来ていて、今ではとんでもないサービスを要求されます・・・。
ハワイも昔とは随分変わりましたからね。

もっと仕組みを理解すれば「安く!安く!」とは要求しなくなると思うのですがね・・・。

Posted by: mahalobunny | January 21, 2016 at 04:42 AM

これとっても興味あります。
知らない世界って本当に色々あるので、作者多数のシリーズで読んでいきたいなぁ~

Posted by: nanamama | January 20, 2016 at 09:21 PM

ネット通販 本当すごいと思います。

Posted by: オサムシ | January 20, 2016 at 06:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63082163

Listed below are links to weblogs that reference 仁義なき宅配:ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 横田増生:

« 昨日は大丈夫でしたか?? | Main | アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 »