« パズル崩壊 鳳月倫太郎 | Main | 私を離さないで カズオ・イシグロ »

君の望む死に方 石持浅海

私は君に殺されることにしたよ
しかも殺人犯にはしない・・・。

君の望む死に方 石持浅海


読了です。

死を告知された男が選んだ自らの最期。
周到な計画は、彼の思惑通り。
舞台と仕掛けは調(ととの)った。あとは、
あいつが動いてくれるのを待つだけだった。
ところが一人の女性の出現によって「計画」に
微妙な齟齬(そご)をきたしはじめた ・・・。

*************************************

石持先生の作品は細かいんですよね(;^^)。
なので、壮大なテーマ、とかって訳ではなく、
人の微妙な感情の動きや、考えを1から追う、みたいな。
読み終わるとどっと疲れが出るんですが、
ついつい先へ先へ、と頁を繰ってしまうんですよね。
私は意外と好き。

こちらは、「碓氷優佳」シリーズ第2弾です。
1作目は「扉は閉ざされたまま」なんですが、う~ん、
紹介したのは1年以上前だったわ(^o^)。
ようやく読めました。

会社社長でお金もあり、順風満帆。でも余命6ヶ月。
そうなった時に何を考えるか?何を望むか?
現世の後始末や託すものの整理、などヤルことが
たくさんありすぎて、結局何もできずに終わりそう、
な私です。

この主人公のように、「誰かに自分を殺させよう」と
思わない、かな。
ってか、私を殺したいほど憎んでいる人、いるかな?
いじめっこといじめられっこ、っていじめられっこの方が
いつまでも覚えている、って良いますよね?
いじめっこではなかったけれど、↑の論でいけば、
誰かに恨まれてても自分は薄情に忘れている気が・・・。

みなさんはどっちでしょうか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« パズル崩壊 鳳月倫太郎 | Main | 私を離さないで カズオ・イシグロ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

余命宣告されたら、美味しい物食べて旅行三昧したいけれど、その時どんな状態なのか考えるとちょっと怖いですね。

Posted by: nanamama | January 29, 2016 at 12:30 AM

いじめられっ子でもいじめっ子でもない宙ぶらりん派だったと思っています。

元気で半年後に死ぬなら旅行へ行きたいけど
そんな元気があるのか??
自己中だからあまり子供にお金を残そうとは思わないかも。

Posted by: ジャランこ | January 28, 2016 at 09:27 PM

ドラマでも本でもそうですが、
殺人はまず日常で出会わないです。

Posted by: オサムシ | January 28, 2016 at 06:50 AM

余命6ヶ月かぁ〜。
将来の心配をしなくていいので、ぱぁ〜っと持ってるお金で好きなことをするなぁ〜。
でも、それで6ヶ月以上生きちゃったら困るかも・・・!?笑!

Posted by: mahalobunny | January 28, 2016 at 05:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/63086872

Listed below are links to weblogs that reference 君の望む死に方 石持浅海:

« パズル崩壊 鳳月倫太郎 | Main | 私を離さないで カズオ・イシグロ »