« December 2015 | Main | February 2016 »

20 posts from January 2016

私を離さないで カズオ・イシグロ

Never let me go
love me much too much
If you let me go
Life would lose its touch

私を離さないで カズオ・イシグロ

読了です。

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、
提供者と呼ばれる人々を世話している。
キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの
仲間も提供者だ。

共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた
親友のルースとトミーも彼女が介護した。
キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ
車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に
思いをめぐらす。

図画工作に極端に力をいれた授業、
毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの
不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 が
たどった数奇で皮肉な運命に……。

**************************************

本日(毎週金曜日 TBS系列 22:00~)放映のドラマ
「私を離さないで」
20160119

の原作です。
初回視聴率はかなり悪いようですが、良い作品ですよ。
ドラマ開始前の「直前スペシャル」みたいなので、
綾瀬はるかさんが英国へ作者を尋ねる、ってのを見て
「あ、読んでみたいな」と早速図書館へ。
地元図書館さすがです。普通に本棚に並んでた・・・。

かなり分厚い本、しかも翻訳なので読み始めるのを
ためらったんですが、読み始めたら「あら、あら」。
止められなくなって、一気に読んじゃいました。

原作は淡々と粛々と書かれていて、タイミングが悪かったら
「何?どこが面白いの?」と思いそうなんですが、
今回はなんかドンピシャ、でした。

彼等は提供の為に育つ。施設で教育は受けたけれど、
そこを出た後は働く事もなく、その日を待ち続ける。
妊娠・出産の機能はない。恋愛は自由。ひたすら
その日を待ち続ける。そしてその後は・・・。

これを読み終わった時の私の感想は、あまり
書けたもんじゃないです、はい(;^^)。
彼等を不幸だ、と決めつけることはできなかった。
彼等は生涯を通じての目標がある。
私は?生涯を通じての目標はあるのだろうか?
今、何のために生きているのか?

そんな風に色々考えさせられる作品でした。
ドラマがどう展開していくのか、楽しみです。
と言っても大筋は変わらないんだと思いますが。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

君の望む死に方 石持浅海

私は君に殺されることにしたよ
しかも殺人犯にはしない・・・。

君の望む死に方 石持浅海


読了です。

死を告知された男が選んだ自らの最期。
周到な計画は、彼の思惑通り。
舞台と仕掛けは調(ととの)った。あとは、
あいつが動いてくれるのを待つだけだった。
ところが一人の女性の出現によって「計画」に
微妙な齟齬(そご)をきたしはじめた ・・・。

*************************************

石持先生の作品は細かいんですよね(;^^)。
なので、壮大なテーマ、とかって訳ではなく、
人の微妙な感情の動きや、考えを1から追う、みたいな。
読み終わるとどっと疲れが出るんですが、
ついつい先へ先へ、と頁を繰ってしまうんですよね。
私は意外と好き。

こちらは、「碓氷優佳」シリーズ第2弾です。
1作目は「扉は閉ざされたまま」なんですが、う~ん、
紹介したのは1年以上前だったわ(^o^)。
ようやく読めました。

会社社長でお金もあり、順風満帆。でも余命6ヶ月。
そうなった時に何を考えるか?何を望むか?
現世の後始末や託すものの整理、などヤルことが
たくさんありすぎて、結局何もできずに終わりそう、
な私です。

この主人公のように、「誰かに自分を殺させよう」と
思わない、かな。
ってか、私を殺したいほど憎んでいる人、いるかな?
いじめっこといじめられっこ、っていじめられっこの方が
いつまでも覚えている、って良いますよね?
いじめっこではなかったけれど、↑の論でいけば、
誰かに恨まれてても自分は薄情に忘れている気が・・・。

みなさんはどっちでしょうか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

パズル崩壊 鳳月倫太郎

恋愛物、ミステリ、推理モノ、サスペンス・・・
本のジャンル、って山ほどあるわけですが、
「今日はこんなのが読みたいな」とか、
「今日はこの気分じゃないな」とか・・・

だから、チョイスできるだけ本が並んでいると
「きゃぁ」とつい喜んでしまいます。
これは「ミステリ」の気分だった時に借りました。

パズル崩壊 鳳月倫太郎


読了です。

重ねて二つ 
懐中電灯 
黒のマリア 
トランスミッション 
シャドウ・プレイ 
ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか? 
カット・アウト 
……Gallons of rubbing alcohol flow through the strip

*****************************************
ホント色々な作家さんがいますよね。
大御所に中堅どころ、新人、一発屋・・・。
私の好みは結構偏ってるな、と承知しておりますが、
これでも最近は知らない作家さんにも挑戦しています。

こちらは中堅どころ、なのかな?
名前がインパクトあるので、覚えてますが、
これっ!と言う1作がないような気も・・・(;^^)。
あ、私が知らないだけです、はい。

新書サイズだったので借りたのですが、短編集。
中に入っている作品に統一性がないような気もして
単純に楽しむだけ、でした(゜∇^*) テヘ♪。

1作目の「重ねて二つ」はしょっぱなからヘビーだわ、な
作品。いやいや・・・タイトルも悪趣味だわ、とつい。

う~ん、あまり読まない作家さんですが、図書館に
あったら借りるかも。 あまり頭使わずに読めそうだし。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

紙魚家崩壊 九つの謎 北村薫

シリーズ物を読んでしまったので、
単作品を読んでいこうと思っている北村薫氏。

早速、過去の作品で文庫化されているものを
借りてきてみました。
あ、でもすぐ読んじゃうともったいないから、
少しずつ、ね(^_-)-☆。

「紙魚家崩壊 九つの謎」 北村薫


読了です。

溶けていく 
紙魚家崩壊 
死と密室 
白い朝 
サイコロ、コロコロ 
おにぎり、ぎりぎり 
蝶 
俺の席 
新釈おとぎばなし

日常のふとした裂け目に入りこみ心が壊れていく女性、
秘められた想いのたどり着く場所、
ミステリの中に生きる人間たちの覚悟、
生活の中に潜むささやかな謎を解きほぐす軽やかな推理、
オトギ国を震撼させた「カチカチ山」の“おばあさん殺害事件”
の真相とは?

****************************************

結構染み入る怖さ、がありました。
1作目の「溶けていく」・・・これ怖かった~。
ちょっとした妄想と言うか想像から日常が崩れていく、って
自分もいつかそうなるんじゃないか、って・・・。

「紙魚家崩壊」は、本に囲まれた家の話。
双方が収集癖があり、2人が一緒になれば、
より良い本が本棚に揃う、という理由が主にあり
でも、奥さんが邪魔になった旦那が・・・、って。
結婚生活の崩壊と家の崩壊が重なる様は
結婚に夢持ってる人には怖いだけかも。

「新釈おとぎばなし」は、講義を聞いているような感じ。
気を抜くと意識がなくなりそうなんですが(;^^)、
ちゃんと読むと面白い~、みたいな。

こんな感じで、日常、どこに落とし穴があるのか
分からない不安定さがあります。
自分もどっか不安定さってのを持っているのを
自覚しているので、日常に不安定さがあると、
もういかん。

その曲がり角を曲がったら違う世界にいるのでは?
ここでその受け答えをしたら、どうなるのか?
これに没頭しすぎちゃったら、大丈夫かな??等々。
考え過ぎないようにしないと、ですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

雪、大丈夫ですか?

この週末、と~~~っても寒かったですね。
皆様大丈夫でしたか?

我が家のある千葉県は寒かったですけど、
雪の心配はなく、ただただ寒いだけ、でした。

土曜日はいまにも降り出しそうな天気だったので
覚悟してでかけたのですが、日曜日は天気が良く
洗濯物や布団を干したりしたんですよね。
でも、日中の室温は9度・・・(;^^)。
さすがに昼間からヒーターつけるのはなぁ?と
思ってたんですが、ホント寒かった。

今年は暖冬で良かったな、と思いつつ、
暖かいと虫が死なないのよね~、とも思い、
ジレンマ、です。

今回の週末は九州の方まで雪、だったんですね。
天気図と言うか雨雲レーダーの動きを見ていて、
「うっわ、山ってすごいなぁ」としみじみ。
見事に列島の真ん中の山脈が雨雲せき止めてて、
「関東って守られてるのね~」と。
徳川家康さん、すごいよ、よく江戸開城したなぁ、
とかつらつら考えちゃいました(^o^)。

そういえば、毎年手の冷えに悩まされてるよな。
これ、買っちゃおうかしら??

皆様、体調崩さずにお過ごし下さいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ダーティ・ワーク 弁護士監察室 法坂 一広

「このミステリーがすごい!」ってのは、
大抵外れる事が多く、こちらの作家さんの受賞作品、
「弁護士探偵物語」ってのを一度読んで懲りていたんですが、
なぜか手に取ってしまった・・・。

ダーティ・ワーク 弁護士監察室 法坂 一広


読了です。
事件屋の須賀田は弁護士・古村からの依頼で、
同業者の不祥事を秘密裡に処理する仕事を
請け負う。
しかし、廃業に追い込んだ弁護士の遺体が
自分の事務所で発見されたことで古村の企みに
気づいた須賀田。
業界の覇権争いに巻き込まれながらたどり着いた
衝撃の結末とは?

***************************************

ちょっと前に
セカンド・ジャッジ: 出口の裁判官 岬剣一郎」 姉小路祐
と言う本を紹介しています。
若干収まりが悪いものの、意外と楽しめたので、
そんな感じの本を捜していて、これに出会いました。

読んでみて「うん、違う」;^^)と激しく思う事に。

たまにそういうポカをやります。
懲りずに読むんですけどね、読んで文句言うんですけどね。

弁護士並の知識を持ちながら、街の掃除屋、
(というかトラブル処理屋)をやっている須賀田。
飛び込みの客の依頼は受けない、と言いながら、
キャバ嬢の依頼を受ける事に。
無事決着、となったはずが、あれよあれよと言う間に
弁護士の不祥事を調査し、廃業に追い込む役目を。

須賀田のちょっと世の中斜めに見ているようで、
なんか甘ったれているような感じとか、
弁護士なのに、なんかバカみたいな若い女性、とか
設定がなんかグダグダで。

ささっと読めちゃったので、まぁ良いんですが、
面白い本読みたい!って気にさせる本ですわ。

弁護士とはそもそも、どんなん?って良く分からず、
裁判に必ずいなきゃいけない、ってもんでもなく、
自分で開業していると、よっぽどの事がないと、
廃業しない、とか弁護士会に会費払わなくちゃ、とか
ウンチクは「ふ~ん」って感じなんですが・・・。

弁護士さん、って普段関わり、そんなにないですよね?
私は個人的には一切ないので、余計馴染みがなく、
分かりづらかったのかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎

「ある、小さな、夜の、曲」
アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎


読了です。

<ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。

情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちた
エンタテイメント小説!

******************************************
◇「アイネクライネ」 該当調査 佐藤 OLさん
◇「ライトヘビー」   美容師 お客の弟 TV
◇「ドクメンタ」   免許更新 男 女 少女
◇「ルックスライク」 大学生カップル 高校生 駐輪場
◇「メイクアップ」   いじめ いじめっこ いじめられっこ
◇「ナハトムジーク」 中学生 元チャンプ ボクシング

6作の連編集となっています。
時系列は結構バラバラで、伊坂ワールドだなぁ、と
思いつつ読んでいきました。
勢いはあるからね、勢いは(;^^)。

でもすぐ忘れちゃう・・・それ読む意味あるのかな?(;^^)。
こちら、好きな方には好きなんでしょうね~。

どうも最近年食ったせいか、短編集より短編連作集が、
長編よりもシリーズ物が、好きになってます。
キャラを確立させるのに、時間がかかってるって事。
短編集はすぐ忘れちゃうんですよね~。
その時は面白くて楽しんで読むんですけどね。

と書いた処で「ヤバイ?」とちと思いました。
年をとると、一度読んだ本をもう一度読みなおしたり、
前に戻って読みなおす事が増えるんだとか。
物語がす~っと頭に入らなくなるみたいなんですよね。
私もさては?? と思いましたが、皆さんどうですか?

でも好きなものはす~っと頭に入るので、
多分、この作家さんとはあまり相性が良くないんでしょ。
と無理やり納得させました(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

Continue reading "アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

仁義なき宅配:ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 横田増生

アマゾン、ユニクロに潜入した次の標的は、
ベールに包まれた 「宅配ビジネス」だった・・・

仁義なき宅配:ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 横田増生


読了です。

いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。
ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は
日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈な
シェア争いを行っている。

だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の
「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、
いままでベールに包まれたままだった・・・

************************************

新入荷、で図書館に並んでおり、手にとってみました。
この作家さんの過去作品は知らないんですが、
アマゾンにユニクロ、と潜入取材された方なんですね。

今度のターゲットは「宅配便」との事。
そこに「どんな謎がある??」と思ったんですが、
仕組みが分かって面白かったですわ。

つい、ネットで買物する時は「送料無料」にしてしまいます。
家人がいるので、日時指定もしません。
たまに、外出して不在の事もありますが、
その為に遅い時間を都度指定して来てもらうのもな、
と思ったんですが、う~ん、ちと反省。

会社によって、↑のような不在戻しの対応が違うようで
自社の利益を圧迫する場合と、下請けが苦労する場合、
色々あるんですね~。

宅配便では仕事したことないんですよね、バイトとか。
友人らで何人かがバイトしたことはあるようですが、
さすがに同業他社で複数働く、って人はいないようで
そこら辺を明確に書いてくれるのは分かりやすいです。

作中に「その昔、荷物は駅止めでしか送れなかった、
駅まで自分で取りに行き、家まで届けてくれるなんて
事は夢の夢だった」というようなくだりがありました。

最近駅で、「楽天ロッカー」を見かけました。
楽天で買物して、家まで届けてもらうのではなく、
駅に留め置いてもらう。電車通勤の人ならでは、の
サービスですよね。

でも、昔もやってたんですね(;^^)。
当時は受け取り時間も決まってましたが、これなら
駅構内が閉まらない限り使えるし、良いですよね。

宅配便を使う方、一度読んでみると面白いかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

昨日は大丈夫でしたか??

う~ん、こうやって書くと首都圏の人しか
読んでないみたいじゃないですかね(;^^)。

でも、雪が降ると弱い首都圏。
今回も「又か」って位大騒ぎでしたね。

私は「どうせ電車遅延だろ」といつも通りに家を出、
幸いな事に普通に電車に乗って&乗り換えて、
「さ、後は駅から歩くかな、どうするかな?」と
悩むだけ、だと思ってたんですが・・・

まさかの行き先変更。ってか途中までしか行かん、って・・。
いやぁびっくりですわ。
途中の駅で降りて、乗り換えの電車を待つが、
これが来ない・・・20分以上待ってようやく乗車。

駅降りて、バスにのる気にもならず、雨&強風の中
歩いて会社へ行きました。

今回は千葉県内はほとんど影響なかったけど、
都内とか、神奈川から都内を抜けて来る人は
まぁ大変だったらしい。

昼には雨もやみ、夕方には風もなくなり、
帰りは普通に帰ってきましたが、月曜日からこれだと
1週間、大変ですよね。
皆さん、頑張っていきましょ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

失職女子 大和彩

新年早々、縁起が悪いかな?と思いつつ、
「明日は我が身、かも?」と言う思いから逃れられず
ご紹介です。

「失職女子 私がリストラされてから、
生活保護を受給するまで」  大和彩


読了です。

100社連続不採用、貯金ゼロ。
ホームレスになるかもしれない…。
生きるための選択肢は、借金か風俗か自死か、
行政に頼るか・・・。
能力もキャリアもあり、働く意思も強い女性が
なぜそこまで追い詰められたのか!

働きたいのに、働けない。
そんなときあなたはどの道を選びますか?

************************************

最近、こういう本、増えましたね。
アベノミクス、どうなってんだい??
景気は良くなってないんかい?
悪いのは私と、私が勤める会社だけかと
思ってましたが、こういう本を見ると
まだマシなのかな??って思ったりします。

この方の場合、ご両親とホントあわないようで
こればっかりは選びようがないですもんね。
不採用が続くと自分というものが全否定された
気がする、と就活学生でよく言われているそうですが
今になると「縁がなかった」んだろうな、と思えますが
そこまで達観するのも可愛げがないですしね。

こうやってあがいて&もがいて頑張っているのに
うまくいかないのは本当にしんどいでしょうね。

でもいつ自分がそうなるか?考えた時に
ここまであがいて&もがけるかな??
頑張れるかな?って考えちゃうんですよね・・・

うん、無理だ(;^^)。

人それぞれに事情があり、熱意があり、
救済の方法がある、とはよく言うもので、
この方の場合、若干タイミングのズレがあるけど
とりあえず、何とかなっているようです。
自分には当てはまらないけれど、色々な雑学が
学べました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

転生 篠田節子

読書メーターでも、「58人」しか読んでない本。
なぜか図書館で見かけて借りて読んでみました。

転生 篠田節子


読了です。

謎の死から十数年、チベット・タシルンポ寺院霊塔で、
突如金色のミイラ、パンチェンラマ十世が甦った。
中国政府に虐げられたチベット人民は救いを求めるが、
肝心のラマは食べ物と女にうつつを抜かし、
かつての高僧とは別人のよう。
寺院の小僧・ロプサンは、何の因果かラマのインド亡命
という危険な旅に付き合うはめになって…。

**************************************
篠田節子さん、と篠田真由美さんと言う作家さんがいます。
どちらも精力的に本を出されており、図書館で遭遇する
確率たかいんですよね。

篠田真由美さんはこちらでも紹介している「建築探偵
シリーズ」で、篠田節子さんはあまり読んでないんですが
実話を元にしているのでは?と思われる作品が多く、
友人から勧められた「第4の神話」しかないです。

えぇ、要は「篠田真由美」さんと間違えて借りました、はい。

でも全然気づかなかったんですよね(;^^)。
読んでいる最中「なんか読みにくいなぁ」とか、
「う~ん、この展開はいただけない」とか違和感を
感じてはいたんですが・・・。

この記事を書く時になって、初めて「あ、あれ??」と
違いに気づいた次第です。
読書メーターでも「ISBN番号」で登録したから
気にもしなかったんですよね。

そこまで節操ないのか、私って・・・(;^^)。

チベットと周辺の宗教的背景とか全然分からず、
でも○国政府の陰謀には「やるな、この国なら」と
近藤史恵「砂漠の悪魔」を読んだ時を思い出しました。

はい、それくらいです。感想は。
逆に「砂漠の悪魔、もう一回読みたいかも」と思っただけ。
う~ん、今度は間違えないようにしよっと。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

神様の御用人 浅葉なつ

神は人の敬いによって威を増し、
人は神の徳によって運を添う

神様の御用人1~4 浅葉なつ


読了です。

神様たちの御用を聞いて回る人間・・・“御用人”。
しっかり者の妹に押され、不器用で世渡りが下手で、
野球以外何をやっても平均点の良彦。
こうと決めたら他人のために身を粉にしてしまう、
一途さを持った彼はある日突然、方位神である、狐神から
その役目を命じられた。

「宣之言書(のりとごとのしょ)」:別名「御用帳」。
それを手にした人間は、浮き出る神名に従って、
社を訪ね、そこに坐す(まします)神の御用を聞く、
つまり神の御用聞きである。

その日から古事記やら民話やらに登場する神々に
振り回されることになり……

*************************************
神様ってどんな存在だと思いますか?
「いや、いないでしょ」ってのはおいといて(^o^)、
冒頭の言葉です。

元来神と人との関わりとは、お互いがお互いを
高め合い、支え合うものであった。
神祭りという行為により、人から”感謝の心”を
奉納されることで、神の力は補われており、
人はその神から恩恵を受けていた。

しかし、今や神祭りが減り、廃れ、お願いごとしかしない
人のせいで、神の力は弱まるばかり。
天秤は崩れ、神は人から願いを訴えられるだけの
一方的なものに置き換わってしまった。

力を削がれた神に代わって御用を聞き届けるのが
役目なんです。
いわく

「日本の人の子が、再び神祭りに目覚め、神に
畏怖と敬いを持つよう取り計らってもらいたい」
いやいや、無理だから~、却下。
 →結局、都路里の抹茶パフェで手を打った(;^^)。
 →しかも、寝ている間に手に朱肉つけて御用終了。

そりゃ、方位神たる狐神、”黄金(こがね)”は許さんわ。
その後もいわゆる「御用神」として良彦のサポート役に。
これが「モフモフの狐」な訳ですから、萌えるわ~(^o^)。

神様の現状を今の現代の問題にうまく置き換えています。
力が削がれ、子供の姿に戻り、引きこもってネット三昧
の神様や、蛇に化身して、ひなたぼっこしてたら背中
踏まれて、ボート部員を逆恨みした龍王とか、
馴染みのうすい「根引松」ら正月準備をしていない
若い家庭に訪問したい年神様、とか・・・

その昔、小学校の図書室で読んだ「マンガで見る日本神話」
とか、そんな感じの本を思い出します。
「天岩戸(あまのいわと)」とか、
大国主神(おおくにぬしのみこと)、とか懐かしい。

んでもってそれを「妻が夫に送った歌(ラブレター)とか
夫婦問題とかが本として残っているだろう」、
「え?!告白メールをさらされちゃってるようなもん?!」と
現代っ子らしい解釈で驚くのが新鮮だね~。

いやいや、この本、あなどれません。
自分のようなおばちゃんでも楽しめますし、
今の若い子に読んでほしいなぁ、ってすごい思います。
ってか、古事記とか日本書紀とか読みなおしてみたいわ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

中野のお父さん 北村薫

わたしには、父がいるんです。
定年間際のお腹の出たおじさんで、家にいるのを見ると、
そりゃもう、パンダみたいにごろごろしている、
ただの「オヤジ」なんですけど・・・。
謎をレンジに入れてボタンを押したら、
たちまち答えが出たみたいで、本当にびっくりしたんです。

中野のお父さん 北村薫

読了です。

大手出版社の文宝出版を舞台に繰り広げられる
8つのミステリーの推理の結末やいかに…
出版界に秘められた“日常の謎”は解けるのか!?
体育会系な文芸編集者の娘&定年間際の高校
国語教師の父の物語

****************************************
<夢の風車>
 新人賞最終選考 お父さんと娘
<幻の追伸>
 大物作家 女性作家 手紙
<鏡の世界>
 未発表の画集
<闇の吉原>
 闇の夜は吉原ばかり月夜哉(かな)
<冬の走者>
 市民マラソン プレゼント
<謎の献本>
 尾崎一雄 志賀直哉 サイン
<茶の痕跡>
 定期購読者 配達人 事件
<数の魔術>
 宝くじ 盗難

本当にね、「謎をレンジに入れてボタンを押したら、
たちまち答えが」出るんですよ、うん(^o^)。
気持ちいいですね。

「円紫さんシリーズ」のように、ふと気づく日常の謎。
見過ごしてしまっても良いんだけど、
考えだすと気になってしょうがない、みたいなものも
収録されていますし、文学史実を揺るがしかねない
事が起きるかも?!って事件もあったり。

私はこのテイスト、好きですね~。
人によっては「まだるっこしい」「くどくどしすぎ」と
敬遠される方もいるかと思いますが、
読んでみてくださいね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ベッキーさんシリーズ 北村薫

別にTVやネットで騒がれてるから、って訳じゃないですよ。
あ、でもちとタイムリーだな、と思ったのは事実、です(;^^)。


「別宮(べっく)みつ子ともうします。」
(・・・あ、ベッキーさん。 と思ってしまった。)


昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた
女性運転手、別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの
『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。
そして不思議な事件が…

<街の灯>
 虚栄の市 八双の構え 乱歩の屋根裏の散歩者 埋葬 
 銀座八丁 服部時計店 サキソホーン 暗号
 街の灯   軽井沢 馬 映画 ブッポウソウ

<玻璃の天>
 幻の橋 ロミオとジュリエット 若月少尉 段倉先生
 想夫恋 あしながおぢさん ピアノ 琴
 玻璃の天 ミートクロケット 新築パーティ 段倉

<鷺と雪>
 不在の父 ルンペン 馬さん 三等客車
 獅子と地下鉄 三越 浅草 上野 
 鷺と雪  能面 修学旅行 総理大臣官舎

***********************************************

最近好きな作家さん、北村薫氏のシリーズです。
wikiによると、
3.1 『円紫さん』シリーズ
3.2 『覆面作家』シリーズ
3.3 時と人 三部作
3.4 ベッキーさんシリーズ  となっており、最後のシリーズ。

昭和7年という時代も、士族と言うものも、ピンとこない
平成の今。家内には「電話室」があり、どこかへ出かけるのに
運転手が必要、浅草方面には行っちゃいけない、と
今とは全然違う時代なのにこちらの方が羨ましく感じます。

徐々に日本が戦へと矛先を向けつつある中、
銀座には有名な大時計が設置され、三越に獅子の像が
飾られ、コロッケではなく「クロケット」と呼ばれた頃。
その時代を生き抜く英子とみつ子と言う2人の女性。
運転手と令嬢と立場は違えど、世の中を見つめる姿は
惚れ惚れするほどです。

この事件シリーズは面白かったです。
誰もが気にする日常の謎。それをみつ子の助言を元に
推理を組み立てて行く英子。
時には哀しく、時には淋しくなりますが、それも昭和7年
だからこそ、のものだと思います。

1冊は薄いので、じっくり読んでもそれほど時間は
かかりません。「良質な料理をゆっくり味わう」ように
お楽しみ下さいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3連休、皆様いかがお過ごし?

気づいたら3連休でした。
記事の更新も止まってた・・・(;^^)。

新年だと言うのに、相変わらずボケボケしてます。
(いや、新年だから、か?;^^)。

さて3連休。皆様いかがお過ごしですか?
今冬は本当に日中暖かいので、
お出かけするのも苦じゃないですよね。
朝夕の冷え込みは厳しいですが、3月って気分?

私は日・月と仕事です。
人が休む時に働いて、人が働く時に休む。
結構このスタンス、気に入ってます(^o^)。
人気がないと寒いのが難点ですけどね~。

さて、今日はこんなものを買ったのでご紹介。Img_1428

ネットで話題になったらしい「山本くん」です。

彼の名は山本読、文学部2年生。
山ほど本を読む姿から「ヤマホン」と呼ばれている。
散歩の時、雨の時、遊ぶ時、お茶の時、
はたまた昼寝の時でさえ、決して本を離そうとはしない。

タカラトミーさんが「ガチャ」で出しているもの。
(私はつい『ガチャガチャ』と2回言っちゃいますが)
「本の栞(しおり)」なんですね~。全部で5種類あります。
散歩(犬つき)・雨(傘さし)・遊ぶ・お茶(本品)・昼寝。
サイズ比較はこれ。 実はショートストーリーの豆本付。

Img_1426

ハードカバーと比べると小さい~。
んでもって「ハードカバーには使えない」・・・_| ̄|○。
せいぜい新書版サイズまで。

Img_1427

ぜひみなさまも見かけたら(^o^)遊んでみて下さいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

神の手 久坂部羊

安楽死は慈悲か殺人か??

神の手 久坂部羊

読了です。

日本版ポストマ事件をめぐる医療の世界の光と闇。
現代医療では、安楽死の問題は避けて通れない。
法律では認められていないが、それに近いことが、
現場ではさまざまな形で密かに行われている。

安楽死は慈悲か、殺人か。
それを行う医師は「神の手」を持つのも同然である。
安楽死法の制定をめぐって、医師、患者、政治家、
官僚などが、それぞれの思惑から闘いを繰り広げる。

安楽死法が制定されていちばん得をするのは誰か。
************************************

癌の痛みで苦しむ時、あなたは安楽死を望みますか?
あなたではなく、周りにいる近親者は望みますか?
治療にあたる医師は望みますか??

今現在、日本では安楽死は認められていません。
ただ、選択肢の一つとしてあっていいのでは?と
思うことはあります。ってか選択肢として欲しい。

それを理由に医師による治療放棄は困ります。
それを理由に「早く死んでくれればいいのに」と
近親者が思うのも困ります。
そして、それらに屈して望むのも困ります。

う~ん、難しいものですね。

若い人の方が癌など病気の進行は早い、と
良く言われます。そして、体は生きよう、とあがく為
時として、その痛みは想像を絶するものがある、とも。

確かに老人になると、癌の進行も遅くなる為、
見つかったからと言ってすぐ手術!と言う方法は
最近はとらなくなっているそうです。

ただその分、医療費の莫大な増加、の原因を
作っている事も事実。
不要な検査や、不必要な通院・投薬。
病院の不足が叫ばれる一方で、暴利をむさぼる
医師がいる・・・。

ねぇねぇ、何かいい方法はないんでしょうか?

ととにかく考えさせられるお話です。
久坂部羊さん、投げかける問題がすごすぎます。
最初は「うん、そうだよね、これしかない!」と共感し、
その内「いや、こういう場合もあるのか」と問題提起、
最後、結論が出ぬまま空中分解(;^^)。
それが良かったのか?悪かったのか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

月の砂漠をさばさばと 北村薫

月のぉ~、砂漠を~、さばさばとぉ~♪
ちゃう、「はるばるとぉ~♪」です、の

月の砂漠をさばさばと  北村薫


読了です。

9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮し。
毎日を、とても大事に、楽しく積み重ねています。
お母さんはふと思います。
いつか大きくなった時、今日のことを思い出すかな――。

どんな時もあなたの味方、といってくれる眼差しに
見守られてすごす幸福。かつて自分が通った道を
すこやかに歩いてくる娘と、共に生きる喜び、切なさ。
やさしく美しいイラストで贈る、少女とお母さんの12の物語。

***************************************
最近はまっている作家さん、「北村薫」氏の作品。
この良書こそ、青少年向けコーナに置くべきでは?
と図書館の文庫本コーナーで思った私です。

知らなかったんですが、「アメトーク」で、又吉氏が
紹介していたそうですね。
確かにこの本はほんわりと温かくなります。

さきちゃんとお母さんのやりとりは微笑ましく、
さきちゃんが、乏しい語彙の中から選び出す様は
子供なのにすごい、って。

最近は相手を傷つける言い回しとか多いですよね。
言葉足りてないな、と思うことも多く、ってか、
言葉一言も言わずに全てすまそうとする安直さに
ちょっとなぁ、って思うんですよね。

言葉では伝えきれないかもしれない、でも言葉で
伝えようと努力しなくてはいけない、と思うんです。

冒頭の「月の砂漠をさばさばと~」ですが、
お母さんが夕飯を作ってます、さばの味噌煮。
ふと口から出たのがこの歌です。
「月の砂漠をさばさばと、さばのみそ煮がゆきました」
さきちゃんは思わず「カワイイ!」と叫びます。
「広い広~い砂漠をさばのみそ煮がとことこ行く
のってカワイイよね」と。

お母さんは言います。「いつか、さきが大きくなって
さばのみそ煮を作る時に思い出すのかな?」
「うん、多分」

この交流を見ているだけで幸せに満たされます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

セカンドウィンド1~3 川西蘭

さぁて、困った時の読本記事(;^^)。
こちらは図書館の「青少年向けコーナー」で
見つけました。本屋さんでも見かけたなぁ、と思い
借りてみました。

「セカンドウィンド1~3」 川西蘭



読了です。

村で祖父母と暮らす中学生の洋。
ひょんな事で手に入れた「郵便配達自転車」で
走り回る中、ある自転車クラブのメンバーと出会い、
クラブの練習生として参加することに・・・(「1」)。

特待生として高校に進学した洋。
ところがズルズルとスランプに陥り・・・(「2」)

最高学年として最後の1年を過ごす洋。
スポンサーの方針変更や練習方法の変更と
キャプテンの今、悩むことは自身の事だけではなく・・・(「3」)

************************************
表題の「セカンド・ウィンド」とは・・・

>長距離のランニングで、走りだして15分ぐらい
>経つと心搏(しんぱく)数や血圧が安定して楽になる
>状態をいう。ランニングに限らず、激しい持続的な
>運動中に起こる。

勢いは買う。つい夢中になって1~3巻まで読んだし。
自転車の疾走感や、洋の能力が開花する様、など
読んでいて面白い。

ただ、ちょっと弱いなぁ、とかざっくりだなぁ、とか
思う部分も多く・・・青少年向け、かぁ。
そうだよね、細かいところまで突っ込んじゃいけんな。

自分の頃ってここまで青少年向けの本、
なかったんですよね。ティーンズ向けの本が
多少ある位。羨ましいなぁ。

自転車乗りって気持ち良いんでしょうね。
我が家の周辺でも、休みになると2,3人から
チームを組んだ10人位まで、自転車乗ってます。
この時期寒くないのかな?と思うんですが、
この本とか読んでいると「乗ってみたいのぉ」と
ちょこっと思ったりします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

仕事始め

皆様、お正月はゆっくりできましたか??
長い人は6連休とかできたのかな?
旅行に行く人は分かりますが、それ以外の方、
どうやって過ごされたんでしょ?
気づくと1日1日が終わってしまっているのでは?

本日より皆様はお仕事ですか?
お疲れ様です。学校は??いつからでしょ?

私は昨日、一足早く出社。
お役所への提出書類作成の為だったんですが、
いやぁ、はかどらない&はかどらない(;^^)。
正月気分、って訳じゃないんですけどね。

前夜、久しぶりに「胃けいれん」起こしまして(;^^)。
暴飲暴食したつもりはないんですが、やっぱ多少
疲れとか出てたんでしょうね。
今回は「雑巾を絞る痛み」ではないんですが、
明け方3時半まで悶々としておりました。
やっぱ一度病院行かないとダメかなぁ・・・(;^^)。

お店の隅に本社があるので、お店の雰囲気を
見ていると、お客さん、来てるんですね~。
聞くと「灯油買いに来た~」と2日の初売り日に
来たお客さんもいるそうで・・・。

アパレルショップの福袋ならともかく、
ホームセンターの福袋って・・・興味あります??
電動工具セット、とかティファール7点セットとか。
それでもありがたいことです。

前回の投稿へのコメントで、ポジティブ志向で、と
ありましたが、ホントそうですよね。
ネガティブですと、体まで変調起こしますからね。
頑張っていこう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

謹賀新年 2016

皆様、明けましておめでとうございます。

Cnt001679801

気づけば終わっていた2015年。
2014年は「あまり良い一年じゃなかったなぁ」と書いてますね。
うん、2015年も、かなぁ(;^^)。

本社移転後、毎日4kmのウォーキング。
極寒の倉庫の2Fの事務所で凍えながらの事務仕事(;^^)。
5月に社長と常務2人が首を切られ(゚д゚)!、新社長が就任。
夏と冬のボーナスは減り、数年連続で年収DOWN・・・。

う~ん、書けば書くほどお先真っ暗かも(;^^)。

まぁ元々悲観的な考え方をする人間だし、
良い事より悪い事の方が記憶には残りやすいし、
他人の言葉や態度に一喜一憂しやすい性格だし・・・。

なるようにしかならない、ってのは分かっているけど
このまま流されてていいのかなぁ、とも思うし。
さぁどうなる?2016年!

皆様、今年1年宜しくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »