« 禁断の魔術 東野圭吾 | Main | 祟り婿 古道具屋皆塵堂5 輪渡 颯介 »

祝もものき事務所4 茅田沙湖

「たろちゃんはね、本当に危ない人は記憶に
残らないの。会っても覚えてないの。
だから、彼に会わせるのが手っ取り早いのさ」

祝もものき事務所4 茅田沙湖


読了です。

凰華の大学時代の先輩である芹沢達也が、
開設したての「もものき事務所」に依頼を持ちこんだ。
だが、太朗は初手から「理解不能な」理由で大遅刻!!
怒りに震える秘書の凰華とともに向かった先では、
敷地内で遭難できそうなお屋敷での複雑怪奇な
相続争い!?もものき、最初の事件。

**********************************

続き物、です。「1~3」は1年以上前に紹介済み。
まさかの4巻目が出ましたた~(^o^)。

不思議なもので、つい数日前に読み終わっても、
記憶に残らない本もあれば、随分前の事なのに、
ふとしたフレーズが頭に残っている本もあります。
「文章がうまい・へた」以外に何かあるんだろうな、と
「本を読む醍醐味」を味わう今日この頃。

こちらも、最初は「表紙の若いお兄ちゃんの絵」に
惹かれ手にとったもので、2&3巻と続けて読んだ位。
さて4巻はどんなものかなぁ、と思っていると・・・。

前回takoingは書きました。
>「どうしても出かけたくない!」とTAXIを飛び降り
>逃げた 太郎ちゃん。
>秘書はその夜自分らが乗るはずだった 飛行機が
>堕ちたことをNewsで知る・・・。
この目的地に行く処から4巻目が始まります。

んで、関係者の1人に会いに行った後の話が
冒頭のセリフに続きます。
今回も彼の不思議な能力に助けられ、
問題は解決していく訳ですが、小気味良いです。

面白いですから、もし見かけたら読んでみて下さいね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 禁断の魔術 東野圭吾 | Main | 祟り婿 古道具屋皆塵堂5 輪渡 颯介 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

我が家のnanagonも相変わらず不思議な力と言うか不思議ちゃんです。
この先どうなっていくのだろうか楽しみであり、不安です。

Posted by: nanamama | December 14, 2015 at 09:32 PM

表紙は印象的ですね。

Posted by: オサムシ | December 14, 2015 at 06:49 AM

同感です。
いつまでもずっと心に残っているストーリーってありますよね。
他の本を読んで、その本を思い出すとか。

Posted by: mahalobunny | December 14, 2015 at 04:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62634732

Listed below are links to weblogs that reference 祝もものき事務所4 茅田沙湖:

« 禁断の魔術 東野圭吾 | Main | 祟り婿 古道具屋皆塵堂5 輪渡 颯介 »