« 風が吹けば/黄金坂ハーフウェイズ 加藤実秋 | Main | ストレイヤーズ・クロニクル1-3 本多孝好 »

モップガールシリーズ 加藤実秋

うんと悩んで選びな。
絶対いいのを見つけられる・・・

モップガールシリーズ
◇モップガール
◇スイーパーズ 事件現場掃除人   加藤実秋

読了です。
フリーターの桃子が就職した先は、事件・事故現場の
後始末が専門のスペシャルな掃除会社だった。

働き出した桃子は、現場に遺された想いに感応し、
何を食べても赤いきつねの味しかしなかったり(赤い衝撃)
何かの匂いしかしなくなったり(ファンハウス)、
真夏に凍死しそうな寒さを感じたり(ブラッシュボーイ)、
手のひらをくすぐられたり(嗤う拳)、
無性に焼きそばばかり食べたくなったり(青い欠片)、
動物になったり(ファミリーテイル)する超常現象に
襲われる特殊能力の持ち主。

同じ職場で働くのは、異常な犬好きの社長をはじめ、
役者気取りの元ヤンキー、無愛想なイケメン、
Vシネかぶれの中国人に、ギャルの事務員。

そんな個性豊かな面々が、桃子におこった現象を
手がかりに、事件・事故の「謎」に挑む。
やがて桃子は自らの能力の秘密を知ることになる
事件に巻き込まれていく・・・。

**********************************

ちゃんと読まないで判断しちゃいけない、と
初出の作家さんは過去作品を読んでいます。
これは、「インディゴの夜」の加藤実秋さんの
数少ないシリーズの1つ、です。

スペシャルすぎる清掃のしごとですわ(;^^)。
そうなのよね、掃除しないと大変なのよね。
脂とか血がこびりついちゃうと取れないし~。

そんな処で彼女の能力が刺激され、
何かが動き出す・・・。
かなり、その、笑えます(^o^)。↑見ると分かるよね?

こういう能力、って持ってると大変ですね。
また自分でコントロールできないからたちが悪い。
そして、モモ子の趣味(=時代劇マニア)、ってのが
より一層笑いを誘います。
そこまで知らないっつ~の(;^^)。

連作短編、って感じですね。
1つ1つのエピソードは独立してて、でもその裏で
大きな1本の事件が動いている、みたいな。
第1巻で同僚の、第2巻で桃子自身の大事件が起きます。

うん、結構面白かったです。
若干幾つかは「ん??」って首をかしげるような
設定と展開はありましたけど、及第点(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 風が吹けば/黄金坂ハーフウェイズ 加藤実秋 | Main | ストレイヤーズ・クロニクル1-3 本多孝好 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

モップというタイトル他の作家さんにもありましたよね。
モップから創作意欲が湧くものでしょうか(^-^;

Posted by: セイレーン | December 03, 2015 at 09:24 PM

なんかいろいろ盛り込んでる作品っぽいですね。

Posted by: オサムシ | December 02, 2015 at 06:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62641150

Listed below are links to weblogs that reference モップガールシリーズ 加藤実秋:

« 風が吹けば/黄金坂ハーフウェイズ 加藤実秋 | Main | ストレイヤーズ・クロニクル1-3 本多孝好 »