« 居酒屋ぼったくり4 秋川滝美 | Main | ギフト 日明恩 »

水族館ガール2 木宮条太郎

結局今週は「続き物」本の紹介で終わったな、うん。

水族館ガール2 木宮条太郎

読了です。

イルカに、アシカに、ペンギンに、「恋してる!」
ワガママだけど憎めない!?
水族館の裏側は大変だ・・・。

水族館・アクアパークの飼育員の先輩と後輩という
立場から恋人の関係になった由香と梶。
しかし、梶は関西の老舗水族館へ出向。
離ればなれの職場でそれぞれが失敗を繰り返す日々。
そしてある日、傷を負った野生イルカが海岸に漂着した
との知らせが…

*************************************

こちらも「2巻」ということは、はい続編です。
」を紹介したのが半年前。
なぜ、近所の図書館に「2」が置かれたんだろう?
と不思議に思いつつ手に取る。
う~ん、矛盾してるわ(;^^)。

前回、出向できた由香を置いて、出向しちゃった梶。
トレーナーとして独り立ちしてない由香には
後輩ができ、ベテランの域に達しつつある梶は
老舗水族館でお客様扱い。
立場が逆転したところから物語が始まります。

相変わらず、構成・筋立てがうまくないかな?と
思いつつも「こんなもんさ」と割りきって読めば、
足りない部分を自分の脳内妄想で置き換えて読めば
何とかなりますな、うん(;^^)。

前回の記事のコメントで
>お役所って本当にそんな出向させるのでしょうか?
とありましたが、かの丸山動物園には、市役所から
金沢園長+2名のスタッフが送り込まれたそうです。
経営再建の為、との事だそうですが・・・。

出向・異動・人事交流、と色々言い方はありますが、
邪魔なだけの時と(;^^)、新たな発見の時と
影響は大なり小なりありますね。
その畑しか知らないとやはり視野がせまいなぁ、と
思うこともありましたっけ。

ただそれを受け入れる心の広さがないと、
難しいでしょうけどね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 居酒屋ぼったくり4 秋川滝美 | Main | ギフト 日明恩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

心の広さと市役所職員の考え方もかなり隔たりがある気がします。市役所の方に心の広さを求めたくなるくらいです。

Posted by: セイレーン | December 21, 2015 at 07:35 AM

以前勤めていた丸の内の会社では、移動は当たり前でしたよ。いろんな部署を回らない人はなかなか出世できないとか・・・。
一から覚えるのって大変だけど、確かに視野が広がりますからね。

↑butanekoさんの話・・・怖い〜!!

Posted by: mahalobunny | December 21, 2015 at 05:16 AM

水族館というと、どこかの水族館の職員のブログで、
水族館で死んだ生き物をとりあえず食べてみる、
と言うのがあったのを思い出します(^_^;)
ウミウシとか食べてた・・・

Posted by: butaneko | December 19, 2015 at 02:56 PM

水族館 行きたくなりました。

Posted by: オサムシ | December 18, 2015 at 06:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62802030

Listed below are links to weblogs that reference 水族館ガール2 木宮条太郎:

« 居酒屋ぼったくり4 秋川滝美 | Main | ギフト 日明恩 »