« 武士道ジェネレーション 誉田哲也 | Main | コンビニたそがれ堂 4&5 村山早紀 »

給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見

お前ら、口あけて待ってろ!

給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見

読了です。

夢を叶えるためホテルで働き始めた宗だったが、
一流の味を学校に提供する「ホテル給食」課に
配属される。
渋々向かった女子校で彼を待っていたのは、
舌の肥えた我がままなお嬢様ばかり。
豪華な給食にも「太る!」と全く手をつけない。
元給食のお兄さんのプライドに懸けて、
宗は彼女達のお腹と心を満たすことができるのか。

************************************
こちらも気づいたらシリーズ4作目、です。
1~3巻は学校給食の話でしたが、3巻で
主人公宗は学校給食を卒業しました。
ホテルの宴会料理部で大量の料理をつくる仕事から
徐々にのしあがっていきます。

そんな折り、「ホテル給食」課の手伝いをする事に。
なんと今は私立の学校は差別化をはかる為、
給食をホテルに依頼しているそうな・・・(;^^)。

さて、給食。
私が通っていた小中学校は、小学校に給食室が
あり、そこで作った給食を食していました。
ってか、幼稚園が中学校の隣だったので、実際は
幼稚園でも給食、食べてました。
田舎は貧しいトコあるので、ありがたかったです。

で私の母は、その学校給食室で働いてました。
そう、「給食のおばさん」でした。
そのせいか、私より母の方が学校では有名人でした。

忘れ物とかすると、持ってきてくれるので助かりましたっけ。
(母の方が学校に来るのが遅かったので)

当時は献立に親が文句をつける事もなく、
平穏無事でしたから、今と比べると良かった時代なんでしょ。

おっと、作品の感想。
こちらも1~3巻までで、大体の感想は分かってましたが、
ファストフードの典型本、です(;^^)。

ホント、なんで読んでいるんだろ?って思います。
どこかで読むのを止めるんでしょうが、いつになることやら。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 武士道ジェネレーション 誉田哲也 | Main | コンビニたそがれ堂 4&5 村山早紀 »

書籍☆」カテゴリの記事

Comments

今は給食を作る方も大変なようですね。
これも時代と言うべきなのか。

Posted by: nanamama | November 18, 2015 at 01:06 AM

給食は小学校以来ないです。

Posted by: オサムシ | November 17, 2015 at 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62582901

Listed below are links to weblogs that reference 給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見:

« 武士道ジェネレーション 誉田哲也 | Main | コンビニたそがれ堂 4&5 村山早紀 »