« カフェかもめ亭 猫たちのいる時間 村山早紀 | Main | 幽霊刑事 有栖川有栖 »

高速の罠 アナザーフェイス6 堂場瞬一

こちらも、図書館の本棚に並んでいて、
「あら、新しいの出てるわ」と借りてきました。

高速の罠 アナザーフェイス6 堂場瞬一


読了です。

先の事件で負傷し、長野県佐久市の実家で療養していた
シングルファーザーの大友鉄。
彼を訪ねて高速バスで長野に向かう一人息子・優斗。
ところが途中のSAで忽然と姿を消してしまった・・・。

誘拐か、何らかの事故か??
優斗が行方不明のさなか、彼が乗っていたバスが
大事故を起こす。
混乱を極める難事件に県境を越えて大友鉄が
立ち向かう、人気シリーズ長編第6弾。

*************************************
こちらも「いつまで続くんだろ」と思いながら、
新作が出ていると手にとっちゃうんですよね。
シリーズもの、ってだから怖い(;^^)。
面白かろうがつまらなかろうが、先が気になって
ついつい手にとっちゃう。

ちなみに
 第1~3作 2012年7月
 第4作  2013年5月
 第5作  2014年5月
 エピソード0 2015年1月

と過去にご紹介済み。興味がありましたら。
ここまで読み続けると、慣れもあるのか、
文章や展開などが分かりやすくなった気が・・・。

まぁあらすじをご存知の方ならおわかりでしょうが、
「大友哲」の立場が非常に不安定なんですよね。
子供の為に総務課の定時勤務をしているはずが、
気づくと事件捜査に引っ張りだされてる。

疎ましく思われているのに、彼の想像(推理?妄想?)は
膨れ上がり、結局真相にたどり着く、と。
「刑事は足でかせいでナンボ」なんてセリフが
むなしくなるほど、な展開です。

愉しんでますけどね、ここまで続くと。
今週はこんな本ばっかり紹介してますね(;^^)。
失礼致しました~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« カフェかもめ亭 猫たちのいる時間 村山早紀 | Main | 幽霊刑事 有栖川有栖 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

突っ込みどころ満載なんですね。笑。

メイソンジャー流行っているのか?
でも確かにお店で出される事はよくありますよね。
おしゃれだと思っているのでは!?
主観的にはあまり・・・ですが。笑。

Posted by: mahalobunny | November 20, 2015 at 09:59 AM

結構シリーズであるのですね。

Posted by: オサムシ | November 20, 2015 at 06:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62634749

Listed below are links to weblogs that reference 高速の罠 アナザーフェイス6 堂場瞬一:

« カフェかもめ亭 猫たちのいる時間 村山早紀 | Main | 幽霊刑事 有栖川有栖 »