« 岩窟姫 近藤史恵 | Main | インディゴの夜1~6 加藤実秋 »

てるてるあした 加納朋子

読了本がかなりたまってきていて、
こりゃ、どんどん記事を書かないと、と
言うことで週末投稿です。

何が問題、って早く書かないと忘れちゃうのよね。

てるてるあした 加納朋子


読了です。

親の夜逃げのため、ひとり「佐々良」という町を訪れた
中学生の照代。そこで彼女が一緒に暮らすことになったのは、
おせっかいなお婆さん、久代だった。
久代は口うるさく家事や作法を教えるが、
わがまま放題の照代は心を開かない。
そんなある日、彼女の元に差出人不明のメールが
届き始める。
その謎が解ける時、照代を包む温かい真実が明らかになる。

**************************************

文庫本で手軽だったので借りたんです。
「ななつのこ」が結構面白かったし。

でもまさか「ささらさや」のアナザーストリーとは
思わなかったよ~(;^^)。
そっちは未読で先に読んだ方が良かったかも。

昨今、「無責任な親」の話をよく聞きます。
まぁ、親になるのには試験も資格も不要だしね。
でも、子供がせっかく頑張って難関高校に合格したのに
「ごめぇ~ん、お金なくなっちゃった」だけで終わり。
高校進学どころか、夜逃げする羽目になる、って・・・
無責任すぎないかい?

食事の用意をしない、給食費を滞納する、
でもお金がない訳じゃなく「そういう事にお金を使いたくない」だけ。
良いのかなぁ、そんな世の中。

照代、もそんな親に振り回された1人。
元々可愛げない(失礼)彼女だけにツンツン とんがって
近寄る人みんな傷つける!的な子でもあるけれど、
高校に行けない、友人と離れる、ってのは可哀相。
そんな彼女がどう変わっていくのか?

うん、心が温かくなっていきますよ。
半分以降、まで我慢しなくちゃだけど(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 岩窟姫 近藤史恵 | Main | インディゴの夜1~6 加藤実秋 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

一般常識を教えられない親が増えているなぁ~と感じます。

ただいま、今日から再開します。
また宜しくお願いします。

Posted by: nanamama | November 29, 2015 at 11:02 PM

私は最近本を読んでいないです。またまた活字離れになるのかも・・・?
それより旅行記が溜まっているので、どんどん書かないと!!

Posted by: mahalobunny | November 28, 2015 at 10:35 PM

自身が親になっていないので
なんともいえないですが、
いろんな人がいますので。

Posted by: オサムシ | November 28, 2015 at 07:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62634727

Listed below are links to weblogs that reference てるてるあした 加納朋子:

« 岩窟姫 近藤史恵 | Main | インディゴの夜1~6 加藤実秋 »