« 書店ガール4 碧野圭 | Main | 給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見 »

武士道ジェネレーション 誉田哲也

「よく見ておけ・・・これがあたしの武士道だ」

6年ぶりの最新刊(2015年7月)
武士道ジェネレーション 誉田哲也

読了です。

大学生になった香織と早苗。
香織は剣道推薦で大学に進学。
数々のタイトルを獲得し、ゆくゆくは警察官になろうと
考えていたが、女性で助教になるのは難しい。
教員になる道を考えるがいかんせん、頭がよくない。

一方の早苗は、すっぱり剣道からは足を洗ったものの、
日舞から剣道に転向しただけに、文学部史学科で
日本史を専攻する。

そんななか、桐谷道場の師範・桐谷玄明が倒れ、
にわかに後継者問題が。
本来次ぐべき、早苗の夫・充也その「資格」があるのは
彼ひとりだが、警官を辞めるなと玄明にきつく
止められてしまう。

道場が誰よりも好きな香織は、後継者としての
資格を得るべく、充也から特訓を受けることになる。
そこに、日本文化に興味津々のアメリカ人、ジェフが
桐谷道場に入門してくる・・・。

***************************************

誉田哲也氏と言えば「ジウ」や「ストロベリーナイト」の
残虐さ(黒誉田)と、こちらの「武士道シリーズ」などの
白誉田、の2つの顔があります。

これなら、人も死なないし、残虐な目にあわないし、で
安心して読むことができます。

ただ、2人の女性があまりにも対照的過ぎるのと、
にも関わらず、どっちがどっちかたまに分からなくなり・・
どっちもかなり毒舌な方、なんですよね。

今回は前作より随分空いたせいか、気づいたら
早苗が結婚し、新婚生活を送ってた(;^^)。

こちらは最初の「武士道シックスティーン」から
「17」「18」、と読んでいった方が面白いと思います。
単作でも楽しますが、より楽しむなら。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 書店ガール4 碧野圭 | Main | 給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

「道」がつく部活はお金がかかると聞きました。
本当にところはどうなのだろう。

Posted by: nanamama | November 17, 2015 at 12:43 AM

いろいろ出されている方なんですね。

Posted by: オサムシ | November 16, 2015 at 07:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62582852

Listed below are links to weblogs that reference 武士道ジェネレーション 誉田哲也:

« 書店ガール4 碧野圭 | Main | 給食のおにいさん4 受験 遠藤彩見 »