« 胃痙攣っつ~ものに2 | Main | 有頂天家族 森見登美彦 »

クリーピー 前川裕

気づいたらもう10月ですね。早い早い。
未だ満員電車や歩くと汗をかいてるんですが(;^^)。
冬服の出番はまだまだ先かな、と思いつつ
いつまでも夏のような格好では歩けないです(;^^)。

**********************************

Creepy;(恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような;
気味の悪い

Creepy Crawl:1969年アメリカ。殺人集団による
無差別殺人事件(チャールズ・マンソン事件)において、
マンソンの信奉者たちが夜な夜な歩き回ってターゲットを
物色していた行動を言う。
「気味の悪い徘徊(CREEPY CRAWL)」

クリーピー 前川裕

読了です。

大学で犯罪心理学を教える高倉は、妻と二人、
一戸建てに暮らす。大学のゼミの女子学生に
ちょっとにやけつつ、TVなどにも出る人気もの。
ある日、高校時代の同級生、刑事・野上から
一家失踪事件の分析を依頼された。

その後、野上が失踪、学生同士のトラブル、
出火した向かいの家の焼死体・・・。
だがそれらも、本当の恐怖の発端でしかなかった。
隣家の女子高生のセリフ
「あの人はお父さんなんかじゃありません」
人の良さそうなあの中年男性は一体誰なのか??

******************************
こちら、今度映画化になるんですよね。

201607

※主人公の犯罪心理学者:西島秀俊
  他 竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之など。

いやぁ気持ち悪かった(;^^)~。
何だろ、この雰囲気。以前読んだような・・・。

読書メーターで他の方の書いた感想では「火の粉」だと。
あぁ、なるほど。でもなんか違う、もっと強烈な感じ。
あ、「建築探偵シリーズ」だ!
あの絶対的な支配力感。うん、だな。

最初、はなんか不気味な感じ。
晴天、ではなくて曇天。途中から雷雨になり、最後は
こぬか雨。決して晴天にならない暗い雰囲気です。

ただ、最後の方、10年とか20年とか年数が経つのよ。
人気学者だった高倉は大学を辞し、九州の大学で
講師のコマを見つけ、禊(みそぎ)の毎日を送る中、
当時分からなかった謎の端っこが見えてくる・・・

どれだけ気持ち悪さを引き連れば良いんだろ?って
救いがないのよね・・・。
謎は解けるけど、奥歯に何か挟まっているような
すっきりしない感、です。

結構どんどん読んじゃったので、勢いはあります、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 胃痙攣っつ~ものに2 | Main | 有頂天家族 森見登美彦 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

映画の前に読みたいですね。映画を見るかわからないけど(^-^;

Posted by: セイレーン | October 02, 2015 at 07:40 AM

今日はあまりにも寒くてフリーツーのジャケット出してきました。
昨日までは日中は暑くて朝晩は寒いと思っていたけれど、今年の冬はどんな冬になるのだろう。

Posted by: nanamama | October 02, 2015 at 12:48 AM

本当もう早くも10月ですね。
今年もあと3ヶ月ですね。

Posted by: オサムシ | October 01, 2015 at 06:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62219198

Listed below are links to weblogs that reference クリーピー 前川裕:

« 胃痙攣っつ~ものに2 | Main | 有頂天家族 森見登美彦 »