« 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 | Main | 狭小邸宅  新庄耕 »

箱庭旅団シリーズ 朱川湊人

そういえば「火花」すごい人気ですね~。

Hibana

私が行く図書館2箇所のうち1箇所ではすごい事に。
39冊も購入してて、予約数が2105・・・
単純計算で借りるのに26,27ヶ月もかかるのね・・(;^^)
 ※2105/39☓2週間(貸出期限)/4週間(1ヶ月)
2年後かい。

**********************************

白馬に乗って旅に出る・・・
「箱庭旅団」シリーズ 朱川湊人

読了です。

箱庭旅団1
箱庭旅団2 黄昏の旗
箱庭旅団3 キミの名前

「見ている風景は、誰も似たようなものだわ。
そこから何を見つけるかは、あなたの心次第……」

どんな時代にも、どんな場所でも、映画や
本のような作られた世界のなかでも、自由自在に
行き来できる「旅行者(トラベラー)」である少年が、
白馬とともに旅する世界をそれぞれ「箱庭」に
見立て、短篇の名手が物語を紡いでいく・・・

*******************************

ある少年が行方不明になったと一報が入る。
箱庭に興味を持つ、自閉症の彼はどこへ消えたのか?

時代も場所も違う、いろいろな処で起きるいろいろな事。
悲劇にも喜劇にも恐怖劇にさえなる人生の歴史を
あなたはどう思い、感じ、考えますか?

短編と言うよりショートストーリーですね。
いろいろなお話が読めて、それもいろいろな趣向で
楽しめましたわ(^o^)。

通しでたまに出てくるキャラに「シュシュちゃん」ってのが
いるんですね。ホラー作家である彼女が遭遇する
いろいろな出来事。これがギャグなようで、怖いようで。
結構面白かったですよ。

その反面、国道を歩く象を描いた作品では、
何がある訳じゃないのに、情景が浮かんできて
訳もないのに涙が出てくるような作品でした。

又飼い猫が実は「惑星調査員だった」なんてオチの
話にはつい笑っちゃったし。

いやいや、魅力ある作家さんですわぁ~
やっぱ好きですな、朱川湊人氏!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 | Main | 狭小邸宅  新庄耕 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

こういうシリーズもあるのですか、近くの図書館にあるかな(^-^)//

Posted by: セイレーン | September 03, 2015 at 07:39 AM

こちらの新聞にも同じような「火花」についての記事が書かれてました。
名古屋市では「火花」を寄贈する方もいるそうですが、館内のみの閲覧で貸し出し用には出来ないみたいです。
折角寄贈してくださる方達がいるのに残念です。

Posted by: nanamama | September 02, 2015 at 11:40 PM

花火、すごいことになっていますね。
2年後だと興味を持つ人はどれだけ減るんでしょう?

こちらは面白そうですね。

Posted by: ジャランこ | September 02, 2015 at 09:13 PM

シリーズ物で全部読むなんてどれだけの読書量なんですか??
すごい!!
私なんて1冊読むのに1っか月近くかかってます

火花・・・面白いんですかね??
宣伝し過ぎの気がしますが・・・

Posted by: もりぞ | September 02, 2015 at 05:54 PM

火花は電子書籍で買いました。
厳密に言うとキャンペーンで安くて
ポイントで買ったのでお金はほとんど
発生してませんが。

Posted by: オサムシ | September 02, 2015 at 06:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61981759

Listed below are links to weblogs that reference 箱庭旅団シリーズ 朱川湊人:

« 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 | Main | 狭小邸宅  新庄耕 »