« 火花 又吉直樹 | Main | 箱に入るまで »

珈琲屋の人々 宝物を探しに 池永陽

ホットコーヒーがおいしい季節になってきましたね。
今年の夏はさすがに出勤してすぐは(汗だらけで)
氷いっぱい入れた飲み物を飲んでましたけど。

「珈琲屋の人々 宝物を探しに」 池永陽

読了です。

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。
主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。

心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る
様々なドラマを七編収録、のシリーズ最終巻。
行介と冬子の恋の行方もついに……。

***********************************
2013年4月に第1作目を紹介、
2013年8月に第2作目を紹介、
そして、今回「最終巻」との事。

なんだかんだと言いながら読んでしまいました。
TVドラマ化もされたし。
前作で、刺された冬子は一命をとりとめ、
入院中は足繁く病院へ通った行介も、退院後は
また一歩引いた形に。

そんな2人を見守る商店街の人々。
彼等も彼等の問題を抱えていて、一杯の珈琲で
解決するものもあれば、しないものもあり・・・
「白黒はっきり!」とならない作品ですね、本当に。

ポジティブシンキング、ではなく、ネガティブな方。
「何かあるんじゃないか、何か起きるんじゃないか」と
楽しいこと&嬉しいことの最中でもつい最悪な事を
想像してしまう・・・
正に私のような作品ですわ(;^^)(;^^)。

それだけに「最終巻」と言われても「白黒はっきり」
する訳じゃなく、う~ん、って感じです、はい。

私、珈琲は好きなんですが、味はあまり気にしない。
そりゃ高いお金出せばおいしい珈琲にありつけるのは
当たり前ですしね。
だから、外で珈琲を飲む時の条件は、あまりない。

この珈琲屋さんだったら通いたいかなぁ。
ってか、読みかけの本持ってぷらっとでかけて、
珈琲飲みながらのんびり読書、ってやりたいわぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 火花 又吉直樹 | Main | 箱に入るまで »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

コーヒー好きです。自分で入れたコーヒーが一番美味しいと思います。

Posted by: セイレーン | September 21, 2015 at 09:35 AM

今年は殆どアイスコーヒー飲みませんでした。
コーヒー好きには嬉しい季節になってきましたね。
今年はレギュラーコーヒーをよく飲んでます。
ただ、昨年末くらいからコーヒー豆の値段が上がっているようで、懐が痛くなってます。(笑)

Posted by: nanamama | September 19, 2015 at 01:18 AM

コーヒー好きなんてすが、違いが分かるほどの味覚がないというか・・・

ドラマは知らなかったけど、ちょっと気になる本ですね。

Posted by: ジャランこ | September 18, 2015 at 11:38 PM

今年は夏はすごく暑かったですが、
去年と比べると暑さの期間が短かったですね。
というかこれくらいが普通で去年とか
が長すぎたのでしょうけど。

Posted by: オサムシ | September 18, 2015 at 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/62275718

Listed below are links to weblogs that reference 珈琲屋の人々 宝物を探しに 池永陽:

« 火花 又吉直樹 | Main | 箱に入るまで »