« マル合の下僕 高殿円 | Main | 土漠の花 月村了衛 »

その女アレックス ピエールルメートル

あなたの予想を全て裏切る究極のサスペンス!

その女アレックス ピエールルメートル


読了です。

英米ミステリ界を戦慄させた驚愕と慟哭の傑作!
若い女アレックスが誘拐される。
目撃者の証言を受けて警察が捜査に乗り出す。
拉致されたアレックス側と捜査する警察側、
短い章立てで交互に描かれていく。

男はなぜアレックスを木箱に閉じ込めたのか?
アレックスが殺される前に助けられるのか?
監禁され、死を目前にした女アレックス・・・
************************************

「このミステリーがすごい!2015」の海外部門第1位
「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位
『ハヤカワ ミステリマガジン』「ミステリが読みたい!」海外編第1位
「IN☆POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10」第1位
「英国推理作家協会 インターナショナル・ダガー賞」、
フランスの「リーヴル・ド・ポッシュ読書賞」・・・

計6冠の偉業を達成!

いやね、この仰々しい宣伝にはちょっと辟易・・・。
でもね、気になったのよ~、とっても。
図書館、結構待ちましたけど、ようやっと到着しました。
(って言うか・・・気になるなら買えよ、って;^^)。

んでね、こういう「ミステリ」にありがちな感想です。
全部ネタばらしできないのがホント辛い~!!

面白かったです。いや楽しんだ訳じゃないです。
胸は痛いし、哀しいし、辛いし・・・。
人はどうしてそこまで残酷な事ができるんだろう?
恨み辛み、だけでできるものじゃないと思うんです。
人にそういう事ができる人は、どこかもう人じゃないのでは?

壊れる・崩れる、とは人に大して使う時、あまり良い意味で
使われることはないですが、うん、壊れて崩れてます・・・。
それでも読むのを止められなかったです。

これはね~、読んでみて欲しい。
暴力的な事は無理な方、多いとは思いますが、
ここまで書き込む、ってのがすごい。
中途半端な想像力で読んでたらやられますよ(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« マル合の下僕 高殿円 | Main | 土漠の花 月村了衛 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

うーん お勧めなのね。まあ現実の事件も凄く残酷ですよね。

Posted by: セイレーン | September 15, 2015 at 06:49 PM

読んでみたいような、でも読むのに勇気がいるような1人になる時間が少ない時に読まないと夜寝れなくなりそうな気がします。

Posted by: nanamama | September 14, 2015 at 09:12 PM

昔は「壊れる」って、人には使わない言葉でしたよね。
いつからか「人が壊れる」が普通になっている。
それ自体がもう怖いような気がします。

Posted by: mahalobunny | September 14, 2015 at 11:32 AM

ミステリ系最近読んでないです。

Posted by: オサムシ | September 14, 2015 at 06:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61982185

Listed below are links to weblogs that reference その女アレックス ピエールルメートル:

« マル合の下僕 高殿円 | Main | 土漠の花 月村了衛 »