« 建築探偵シリーズ5 篠田真由美 | Main | 中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 中沢 彰吾 »

最貧困女子 鈴木大介

最近読んでいる本がある傾向を示してた・・・
「お仕事系」でした。
で、今日はこちらをご紹介。

最貧困女子 鈴木大介

読了です。

今や働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。
中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と
呼んでいる。

しかし、目も当てられないような地獄で
もがき苦しむ女性たちがいる。
それが、家族・地域・制度(社会保障制度)という
三つの縁をなくし、セックスワーク(売春や性風俗)で
日銭を稼ぐしかない「最貧困女子」だ。

可視化されにくい彼女らの抱えた苦しみや痛みを、
最底辺フィールドワーカーが活写、問題をえぐり出す!

********************************

かなり衝撃的でした。
TVのニュースでも特集をしていたり、とか
インタビューに答えている若い子を見ていると
「う~ん」と思ってはいたんですが、
本当にいるんですね。その日暮らしをしている人。
しかも女性。しかも性仕事で。

何が原因なのか、1つでは無いことは分かる。
でも、「空気のような存在」として、社会に居場所が
なく、「何が悪いのか分からない」と言う彼女らは
確かに存在しているのだ。

私は学校を出て、会社に就職し今ここにいます。
学校で学んだ事は社会に出てから役に立つことではなく、
まるっきり1から教えてもらったようなものです。
お給料は事務職だし、安いけど昔の会社の良さで
おおらかな目で見て頂きました。

だからね、ごめんなさい。分からないです。
未だに家族・地域という縁が続いており、
制度を利用しなくても済む状態です。
いずれ、何らかの制度を利用して生きていく事に
なるんだろう、とは思ってますが、それまでは
その縁とは遠いんだろうな、と思っている私なので。

ただ、ここまで原因も経緯も状況も違う「貧困」を
見せられると、通り一遍の制度では救えないなぁ。
しかも女性は女性に厳しいから(;^^)。
「そんなのはあんたのせい」とか、「そうなったのは
あなたにも原因があるんじゃない」とか言ってそう・・・。

筆者の人もかなり突っ込んだ取材をしており、
丁寧に書いているんだけど、問題が大きい割に
「見ないふり、聞かないふり」できちゃってるから
万人向けの今の制度では無理なのよね。

以前読んだ、宮部みゆきさんの「火車」を
思い出しました。
そちらはカード破産について、なんだけど、
救う会の弁護士さんがこう言います。
「どこの大学、高校、中学がこれクレジット社会で
正しくカードを使いこなしていく為の指導をしたか?
これこそが今スべきことなのに。
都立高校が化粧の講習を行う洒落っ気があるなら、
クレジット社会に乗り出す為の基礎知識を教える
講習を開くべき」だ、と。

昔はさ、中卒・高卒で入った会社である程度
働きますよね。一生の仕事になる人も多かったし
私の頃は確かにそうだった。
でも今はそうじゃない。そもそも就職さえできない。
そうなった時にはこういう社会制度があるんだよ、
こういう受け皿があるんだよ、と教える機会が
あってもいいのではないでしょうかね・・・。

ってか、家賃払えないからって、直接詫びに行かず
部屋に帰らなくなった、ってどこまで非常識?
大家さんに頭下げてお願いすれば、待ってくれるよ。
ってか、1食位は食べさせてくれると思う。
謝り方、甘え方を知らないんだろうなぁ・・・。

哀しくなる作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 建築探偵シリーズ5 篠田真由美 | Main | 中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 中沢 彰吾 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

父の妹に、ちょっとそういう人がいました。父はずいぶんと彼女のためにお金を渡していたようでしたf^_^;

Posted by: セイレーン | August 25, 2015 at 08:55 PM

私は恵まれている方だと思うので、このような環境ではないですが、アメリカに住んでいると本当に考えられないような生活の人もいます。
自業自得と思っていたけれど、なるほど、どうにもならない環境ってあるんだなぁ〜って理解できるようになりました。
その分、自分が恵まれている事にすっごく感謝しています。
なかなか自分と違う世界の人の事って理解できないですよね。
でも、あるんですよ、そういう世界って・・・。
もちろんそうならないように頑張るんですけれどね。それができない人やできる環境にない人もいるし。

日本も大変な事になってきていますね。
最近ネットでニコルって子?? 見ましたが、あんな子が本当に周りにいたら固まってしまいます、私。笑。
躾もそうだし、常識もそう。環境が大切なんだと思います。
成績よくなくても「人として」という事は学ぼうよ!!!

Posted by: mahalobunny | August 25, 2015 at 02:44 PM

個人的には、貧困に陥るには陥るなりの
理由があるんじゃないかと、冷めた目で見ちゃうんですよね(^_^;)

40歳ニートの親戚がいるんですが、
このたび母親が亡くなってしまって、
頼みの綱の年金がもらえなくなっちゃったんですよね。

貯金もなくて、どうやって生きていくのかと思いますが、
自業自得としか思えなくて(^_^;)

Posted by: butaneko | August 24, 2015 at 10:25 PM

今住んでいるところでは理解できない境遇ですね。
うちの地域は近所の結びつきが強いので、私が留守なら○○さんの家に行ってねとか、子供が帰ってきたら鍵渡してくれる?と預けて出掛けるなんてこと良くあります。

学校で本当に教えなきゃいけないことってもっと色々とあると思います。
そして家庭でもマナーや躾ちゃんとして欲しいです。

先日ある大学の先生の講座受講しましたが、子供を早くから保育園に預けて共働きをしてお金稼いで子供に高等教育を受けさせると子供もまたいいところに就職できて収入が増加し、最終的に税金が増えると言うような話を聞きました。
私はとっても疑問に思ったのです。
では、躾は誰がするの?ってね。
いくら高等教育を受けても社会ルールをきちんと身につけないと会社の中で孤立し、最終的に引きこもりになってしまい収入が減るという事もあるのではと。
だからきちんと誰が躾をするかも考えて欲しいと思いました。

Posted by: nanamama | August 24, 2015 at 09:22 PM

本を読んでも、私にもきっとその子たちの気持ちとか
境遇とか理解できないと思います
そんな境遇に陥ったこともなければ
地域の人とコミュニケーションできないとか
全く経験がないので・・・

誰が悪いとかの簡単な問題ではないんでしょうね~~

「円紫さんシリーズ」ご紹介ありがとうございます
このくらいなら読めそうなので
このシリーズ読んでみようと思います

Posted by: もりぞ | August 24, 2015 at 04:13 PM

なかなか重い作品ですね。

Posted by: オサムシ | August 24, 2015 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61809406

Listed below are links to weblogs that reference 最貧困女子 鈴木大介:

« 建築探偵シリーズ5 篠田真由美 | Main | 中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 中沢 彰吾 »