« ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭佑 | Main | 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 »

家族シアター 辻村深月

お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、
おばあちゃんも、娘も、息子も、お姉ちゃんも、
弟も、妹も、孫だって・・・。
ぶつかり合うのは、近いから。ややこしくも
愛おしい、すべての「わが家」の物語。

「家族シアター」 辻村深月

読了です。

◇『「妹」という祝福』・・・姉と妹
◇サイリウム・・・姉と弟
◇私のディアマンテ・・・母と娘
◇タイムカプセルの8年・・・父と息子
◇1992年の秋空・・・姉と妹、学研と科学
◇孫と誕生会・・・祖父と孫娘
◇タマシイム・マシンの永遠・・・夫婦・祖母・孫

********************************

家族って色々ですよね、千差万別。
でも自分が育った家庭が「普通だよね」と
思っている人が多いのでは?

周りの家庭や小説やTVニュースなどで
「自分んちは違う、かも?」と思うことが多いのでは。

例えば食事。
題名忘れたけどある家ではベトナムコーヒーが
コーヒーだったそうで(;^^)。

我が家もそうなんですよね~。
トマトに砂糖をかける家だし、
麦茶には砂糖を入れてた家だし・・・(;^^)。
いやぁ、自販機で初めてトマトジュースを買った時は
びっくりしたぁ\(・o・)/ワア!
「なんでしょっぱいの~!!」と吹き出しましたわ。

ってか、家族の話、だよね(;^^)。
家族関係も違いますよね。
いつまでも仲の良い家庭、音信不通になる家庭、
大人になってから良くなる関係性とか、
面白いものです。

北海道でしたっけ?引きこもりの兄がいて、姉妹と
両親で暮らしていて、晩年両親が相次いで亡くなり
姉妹は別の場所へ引っ越ししました。
その家の解体作業中に、遺体が発見され・・・。

事情聴取をする内に、姉が「数年前に部屋に入ったら
弟が死んでいた。
『弟が死んでいるのに気付かなかった』、と近所に
言われたくなかったから」通報しなかった事が判明。

確かに引きこもったまんま、もう数年姿を見ていない、
なんて人が身内にいると、家族は辛いでしょうね(;^^)。

自分の家がどんな風なのか?
照らし合わせながら読んでみると面白いかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭佑 | Main | 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

兄弟の歳の差も自分が基準だったりしませんか、小さい頃に兄と弟が8歳も年が違うって変だ!あの家は!と思ったことがありました。

Posted by: セイレーン | September 01, 2015 at 07:51 AM

いつくらいだったか!?家はよそとは違うって事に気がついたのは・・・。それから違う事が楽しいと思うようになりましたよ。
特にアメリカに移住してからは、いろんな家庭があるなぁ〜と思います。

Posted by: mahalobunny | September 01, 2015 at 01:49 AM

うちは昔はトマトに塩でしたが、今はトマトにバジルソースになりました。
そしてメロンに塩をかけるのが珍しいと高校卒業するまで知りませんでした。

Posted by: nanamama | September 01, 2015 at 12:39 AM

うちも以前はトマトに砂糖だった。
と、いうかおろし金でトマトを擦ったトマトジュースを母が作ってくれると
それには砂糖が入っていたわ。
なんだか懐かしい。

Posted by: ジャランこ | August 31, 2015 at 11:00 PM

家族って確かにそれぞれ違いますよね
旦那の家の食事に行って
鮭カマを見た時 この家は猫かと思いました

Posted by: もりぞ | August 31, 2015 at 08:49 PM

家族って 本当 色々ですね。

Posted by: オサムシ | August 31, 2015 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61828348

Listed below are links to weblogs that reference 家族シアター 辻村深月:

« ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭佑 | Main | 鬼籍通覧シリーズ 椹野道流 »