« 『龍三と七人の子分たち』 | Main | 『イニシエーション・ラブ』 »

『駆込み女と駆出し男』

ここんとこ、邦画が縁付いています。
こちらも観てきました。『駆込み女と駆出し男』

201505_p_2

上映時間 143分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2015/05/16

監督: 原田眞人
出演: 大泉洋 中村信次郎 /戸田恵梨香 鉄練りのじょご
満島ひかり お吟 /内山理名 ゆう
陽月華 法秀尼  /キムラ緑子 お勝

時は天保十二年(1841年)、江戸時代後期、
幕府公認の縁切寺として名高い鎌倉にある
尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが
離縁を求め駆け込んできていた。

この時代、夫が妻と離縁することは容易だったが、
妻のほうから離縁することはほぼ不可能、
ただ、この尼寺で2年を過ごせば離婚が成立した。

この尼寺へ駆け込んだ顔に火ぶくれを持つじょごと、
足を怪我したお吟。この2人が身を預けた御用宿・
柏屋の三代目は女たちの聞き取り調査を行い、
入寺の準備を進めていく。

居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は、
さまざまなトラブルに巻き込まれながらも
男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの
人生の再出発を後押ししていくが……。

************************************

これ、意外と面白かったです。
ちょっとテンポが速すぎて、滑舌が悪くて、
「ん?なんて言ってるの??」となることもあったけど。

これって、TVの字幕の影響?(;^^)。
最近なんでも字幕で説明するようになっちゃってて、
聞き取る能力が衰えているのかな?(;^^)。

江戸時代、と言うか日本の歴史を見てみると、
「旦那が来るのをじっと待ってる」(平安時代:源氏物語)、
から始まってますからね~(;^^)。

女から離縁できない、男から「いらない」と言われたら
着の身着のまま追い出される、ってね。
せちがらい世の中でしたわ。(あ、今もか?)

昔は恋し焦がれて生霊になっちゃった女性、
なんてのまでいましたしね(六条の御息所:源氏物語)。
以前見た映画「源氏物語:生田斗真主演」で、
この六条の御息所を演じたのが内山理名さん。
今回は旦那と父親を殺され、殺した男に陵辱され、
夫婦とならされ、駆け込んだ役、です(;^^)。

最近は女性が強くなった、と言われていますが、
生涯獲得年収や社会的地位ではまだまだ弱い。
江戸時代も離婚した後の女性の生き方は様々。
両親のもとに帰る、帰れなくて途方に暮れる、
手に職を持ち生きていこうとする、など。
でも意外とみんなあっけらかんとしてますね。
「何とかなるさ」って。

今の時代はどうなんでしょうかね??

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『龍三と七人の子分たち』 | Main | 『イニシエーション・ラブ』 »

映画2015」カテゴリの記事

Comments

何でも字幕で説明する・・・
でも最近は活字離れで映画の字幕に追いつかない子もいるらしいですよ。

昔は親が離婚しているなんて隠したけど
今はわりと平気で公表していたりするけど
それでもやはり男性と比べると女性は不利だと思う。

Posted by: ジャランこ | June 10, 2015 at 09:27 PM

面白そうな映画ですね~
私、この大泉洋・・・好きなんですよ
この人面白くて

最近近くに映画館ができたので
久々に行ってみようかな~

Posted by: もりぞ | June 10, 2015 at 05:01 PM

これはちょっと気になっていた映画です。
ただ、最近大泉洋さんが出演するNHK朝の連続テレビ小説があまりに酷くて大泉洋さんのイメージがちょっと・・・になっているのでテレビで放映したらでいいかとなっちゃいました。
それにしてもNHK朝の連続テレビ小説は本当に酷いです。
個人経営のケーキ店行く気にならなくなってしまい、能登もとってもイメージが悪くなっちゃいました。

Posted by: nanamama | June 10, 2015 at 02:23 PM

こちらも宣伝していたような気もしますが、
知りませんでした。

Posted by: オサムシ | June 10, 2015 at 06:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61676222

Listed below are links to weblogs that reference 『駆込み女と駆出し男』:

« 『龍三と七人の子分たち』 | Main | 『イニシエーション・ラブ』 »