« ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 正高信男 | Main | おしまいのデート 瀬尾まいこ »

3年7組食物調理科 須藤靖貴

皆さん、高校の時、青春してましたか?
頑張って青春してた人に、おすすめのこちら

3年7組食物調理科 須藤靖貴

読了です。

県立新居山総合技術高校の食物調理科では、
料理人のたまごたちが、料理に明け暮れる
毎日を過ごしている。

通称「ショクチョウ(食調)」。
学年に1クラス30人だけ。3年間顔ぶれが
変わらず、授業の中身は濃い・・・。

****************************************
知らない作家さんなんですが、図書館でタイトルに
惹かれ、借りてみました。

高校生で調理師目指して、ってすごいですよね。
そんな頃から将来を考え、行動するって。
私?何やってたっけ? 普通に高校行って、
普通に部活やって、受験勉強、とまぁ普通やね。

なのに彼らは集団調理で先生方にお弁当を
食べてもらう「営業」があったり、保護者を呼んで
試食会をやったり、技術だけではなく、原価コストや
段取りと言ったあらゆる事を学んでいくんです。

「社会に出たら誰も叱ってくれない」。
普通は怒られまくりますよね?
ところが彼らは高校卒業と同時に調理師免許が
取れて、プロとしてやっていけちゃう訳だ。

それだけに高校時代にできるだけの事を
学んでやっておかないといけない。
ん~それも辛い、ですね。

数々紹介されるエピソードは面白いんですが、
ちょっと小粒、かなぁ。
食物調理科の高校生が舞台、と言えば
「高校生レストラン」(うわっ、もう4年も前のドラマだ)

Photo

 ※三重県多気町にある県立相可高校
 「食物調理科」が運営するレストラン「まごの店」
 をドラマ化
が記憶に残っており、そっちの方が強いかなぁ。

映像だったからしょうがないけどね((^┰^))ゞ テヘヘ。
それでも小奇麗にうまくまとまってますので、
お時間あったらどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 正高信男 | Main | おしまいのデート 瀬尾まいこ »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

若い方が創作料理とか面白そうですが、料理人になるとやはりジャガ芋の皮をむくことから始めるのでしょうね

Posted by: セイレーン | June 30, 2015 at 07:43 AM

アメリカに来て思ったのが、子供達が何になりたいかを知る機会が多いこと。高校生のアルバイトは当たり前。言わば実習のような物。そこでどんな仕事なのか知ったりする。
でも、日本では高校生のバイトは禁止だったり。

私は高校の時かなり青春していました♪楽しかったなぁ〜!!

Posted by: mahalobunny | June 29, 2015 at 11:32 PM

三重県多気町にある県立相可高校は有名ですね。
高校時代は毎日毎日とにかく友情を深めていたことだけは覚えています。

Posted by: nanamama | June 29, 2015 at 09:02 PM

高校生レストラン ドラマの方は知らないです。

Posted by: オサムシ | June 29, 2015 at 06:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61565838

Listed below are links to weblogs that reference 3年7組食物調理科 須藤靖貴:

« ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 正高信男 | Main | おしまいのデート 瀬尾まいこ »