« 世界の廃墟 佐藤健寿 | Main | 手のひらの幻獣 三崎亜記 »

廃墟という名の産業遺産 

廃墟シリーズでお送りする今週です。
GWだってのにね・・・(;^^)
なんてチョイスなんだ、と思いつつ・・・

こちらがまだ借りている本です。
「廃墟という名の産業遺産」

読了です。

廃墟なのか産業遺産なのか!?
世界遺産か、それとも負の遺産か!?

観光資源として保存される産業遺産の陰で、
語られることなく失われていく産業遺産。
日本領土時代の巨大製紙工場が残るサハリン(樺太)
国内の巨大工場跡や旧財閥の炭鉱跡、
そして沖縄本土から390km離れた離島まで。
日本各地の廃墟となった産業遺産を徹底紹介!!

**************************************

おそらく場所や名前をググってみれば、
画像が見られると思います。それぐらい綺麗。

三重県いなべ市の白石鉱山なんかは、
炭酸カルシウムの製造工場で、石灰の粉で真っ白。

鹿児島県大口市の曽木発電所遺構、なんかは、
あれマニラの壁だけの世界遺産みたい。

愛知県今治市の別子銅山四阪島、なんてのは
「こんなところにも軍艦島(らしきもの)があるとは」
と衝撃的です。

栃木県佐野市の仙波地区周辺の石灰石&
大谷石の採掘地帯は「これ映画のロケで使った?」
とデジャヴになる感じ。

2008年6月までに取材したデータで編纂されており、
今は状況が変わっている場所もあるようですが、
そうだよなぁ、私が小さい頃とかはこういう場所とか
普通にあった気がします。

最近では入り込んだ子供が、とか周辺の住民の
要望が強くて、企業の責任問題になる、とか
色々うるさくなってきたから、機会はないですが、
山奥の廃屋、なんて探検しに行ったなぁ・・・。

「絶対行っちゃいけません!」と言い聞かされたけど
まぁ、子供時代の話だしね・・・(;^^)
まぁ、時効だしね・・・(;^^)、 はい行きましたよ。
「廃屋」=「廃墟」=「お化け屋敷」って図式だけどね
(^_^;) 単純だったのぉ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 世界の廃墟 佐藤健寿 | Main | 手のひらの幻獣 三崎亜記 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

確かに崩れたら大変ですけれどね。
私は幼少期に砂利の山に登っただけで親に叱られましたわ。
崩れたら危ない!(゚O゚)!と あれは親がいない所ではやってはいけないと言うべきではなかったかと今なら思いますけれどね(=^_^=)

Posted by: セイレーン | May 07, 2015 at 09:52 PM

今の子って秘密基地とかもないんでしょうね。
nanagonも実際秘密基地持っていないし廃屋とかも入ったことないと思います。

Posted by: nanamama | May 06, 2015 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61539615

Listed below are links to weblogs that reference 廃墟という名の産業遺産 :

« 世界の廃墟 佐藤健寿 | Main | 手のひらの幻獣 三崎亜記 »