« 私の命はあなたの命より軽い 近藤史恵 | Main | 天鬼越 北森鴻・浅野里沙子 »

何が困るかって 坂木司

何が困るかって・・・
全部困ります(作者談)

何が困るかって  坂木司(2014.12)

読了です。

手のひらサイズの物語はいかが?
切なかったり、幸せだったり、恐ろしかったり、
美しかったり・・・。
あらゆる物語の楽しみが、ここにあります。

日常/非日常の情景を鮮やかに切り取る18篇を収録。

**************************************
こういうのが「うまい本」なんですよね。
先日の「5分で読めるひと駅ストーリー」の比じゃないっ!
本ってのはこうじゃないと!

坂木司氏。久しぶりの本です。
覆面作家さんなので、男性か女性かも分からないけど
好きです、はい。

「怖い話」なんか、もうぞぞぉ、って感じ。
いやいや、「黒」ですね「黒」。
でも全部が「黒」じゃないところが、オットォ!(・o・ノ)ノ。
「洗面台」なんか泣けましたよ、うん。
「勝負」なんかもうニヤニヤしながら読んじゃったし。
あ、でもほとんどが「黒」かなぁ(;^^)

随分前になるけど、紹介した「短劇」、よりは軽いです。
ブラックさ(黒)はあるんですけどね。
こちらはどちらかと言うと、平坦なまっすぐな道を
歩いているはずが、気づくと足がずぶずぶ沈んでいる、
って感じ、かな?(;^^)。
もしくは、曲がり角を曲がったら全然違う世界にいた、って
感じ、かな?(;^^)
まぁでも「短劇」よりは軽いです(再)。

図書館通い初期の頃、読んでいた作家さん、って
気づくと全作品読んじゃってて、新作が出たら借りる、
それも出てからしばらく経ってから借りる、って感じ。
そうすると、全作品読んじゃった頃の勢いと言うか
熱情が落ち着いちゃうので、「う~ん、ちょっと」って
テンションが上がらないんですよね。

でも彼の作品は元々少なめ、で熱情で一気読み!って
感じではなかったので、情熱が続いていますね。
もっとたくさん読みたいなぁ、と思いつつ、兼業作家さんは
しんどいんだろうなぁ、と同情もしています。
会社で仕事して、空いている時間に小説を書く、って
すごいなぁ、と思います。
今の自分を見ると、んな時間絶対ないぞ~、ってね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 私の命はあなたの命より軽い 近藤史恵 | Main | 天鬼越 北森鴻・浅野里沙子 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

坂木さんは長編の方が好きです。(*^-^*)

Posted by: セイレーン | May 23, 2015 at 12:58 PM

覆面作家さん、初めて聞く言葉だけどこういう人ってどの分野でもいそうですね。

この方の名前確かに男性でも女性でもいそうですよね。

最近は匿名性を重視しない人も増えているから本当に新鮮な言葉(覆面作家)でした。

Posted by: nanamama | May 21, 2015 at 12:15 PM

仕事しながらの執筆ってすごく大変そう。
しかもいろいろな分野の作品のようで
作家さんの頭のなかってどうなっているのか不思議?

Posted by: ジャランこ | May 21, 2015 at 08:57 AM

タイトルがいいですね。

Posted by: オサムシ | May 21, 2015 at 06:45 AM

作家さんの好き嫌いってありますよね。

Posted by: mahalobunny | May 21, 2015 at 03:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61509359

Listed below are links to weblogs that reference 何が困るかって 坂木司:

« 私の命はあなたの命より軽い 近藤史恵 | Main | 天鬼越 北森鴻・浅野里沙子 »