« みんなのうた 重松清 | Main | 3時のアッコちゃん 柚木麻子 »

東京ブラックアウト 若杉洌

先日の3.11でこちらの本を紹介しました。
原発ホワイトアウト」 若杉洌

「現役キャリアによる告発本」として話題になり、
本人も「できるだけ政権の中枢に居続けて、
いろいろなことを見聞きして、許せないようなことが
あったら、みなさんに伝えていくということを
できるだけ長くやりたいと思っています」と言うだけあり
今回第2弾が発売されました。

東京ブラックアウト 若杉洌


読了です。

「原発再稼働」が既定路線のように進む日本……
しかし、その裏には真っ黒な陰謀が渦巻いていた!
いったん「原発再稼働」を認めれば、「発送電分離」は
不可能となる……
そのカラクリを暴いていくと驚愕の真実にぶち当たった…
そう、「原発再稼働」で殺されるのは、大都市の
住民だったのだ!!

*****************************

「原子力規制委員会」がムダな事だとは、
官僚内でも上下があり、待遇に差があること、
地方の有力者がどう思われているのか、
過去の反省をしないから有事の際に・・・

呆れるほど、私が勤める会社に似てる(;^^)。
過去をきちんと検証しない&反省しない、
数年前に一度やめたことをさも新しい挑戦のように
悪びれずに発表する・・・
はぁ、って感じでした。

でもさ、会社なんかたかが民間一企業な訳だ。
会社が潰れても、国民全員が影響を受けるとは
思えない。だから好きにやってろ、って思うけど

国は・・・まずいんでないの?ねぇねぇ。
前作でも思ったけど、結局国民のため、じゃないの。
自分らの利益の為、天下り先の為、と
ある意味、分かりやすいね、欲の権化、って。

前回の失敗を振り返らず、反省せず、
再稼働にばかり力を入れたため、発生した災害に
避難できずに命を落とす一般市民。

相変わらず文章も内容も小難しくて読みづらい。
でも少しでも原発に、政治に興味があるならば、
一言文句を言いたい、と思うことがあるならば、
読んでみてください。

そういえば、以前某政治家が天皇に手紙を
渡した、ってのでNewsになりましたよね。
あれって、手渡しではなく、内閣に送れば
天皇の手に渡るらしい。

「請願権」と言い、憲法で保証されています。

国や地方公共団体に「希望・苦情・要請」がある
場合、住所氏名を記して、所轄の官公庁
(不明な場合は内閣)に書面で提出すれば良いそうな。

おそらく事務能力が高い官僚さんにとっては
「はは、あいつバカだなぁ」と笑った事でしょうね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« みんなのうた 重松清 | Main | 3時のアッコちゃん 柚木麻子 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

で 放射能はどうなったのか。あれだけ騒いでいたのになんだか過ぎてしまったようなa(>_<)

Posted by: セイレーン | April 25, 2015 at 06:43 PM

政治家はみんな自分達のためにって感じてしまいます。
そして、地方はまだ少しはまともな人がいますが、国会議員はみんな自分の事ばかりと感じます。

特に最近世間を騒がせている維新の会を離党された方とか。

Posted by: nanamama | April 23, 2015 at 10:39 AM

原発 難しい問題ですね。
ない方がいいのはいいのですが。

Posted by: オサムシ | April 23, 2015 at 06:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61384145

Listed below are links to weblogs that reference 東京ブラックアウト 若杉洌:

« みんなのうた 重松清 | Main | 3時のアッコちゃん 柚木麻子 »