« 東京ブラックアウト 若杉洌 | Main | ぶたぶた図書館 矢崎存美 »

3時のアッコちゃん 柚木麻子

こちらも以前読んだ本、
ランチのアッコちゃん」の続編です。

3時のアッコちゃん 柚木麻子

読了です。

澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに
入っているが、会議は停滞してうまくいかない。
そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしの
アッコさんであった。

イギリスでティーについて学んできたという
アッコさんが、お茶とお菓子で会議の進行を
激変させていく。 またもやアッコさんの
底知れぬ力をまざまざと見せつけられる三智子であった・・・

表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」
「梅田駅アンダーワールド」を含む全4編。

*********************************

今回も楽しみにしていたんですが、残念。
アッコさん絡みではあるけれど、つながりが
弱く、アッコさんの活躍が見られず残念です。

「メトロのアッコちゃん」はブラック企業に
勤めるOLさんとのふれあいを描いています。
が、文中で
>青は人の判断を冷静にする力がある。
>ホームにその照明がついている事で、
>自殺が減るらしい。

とあり、初めて知りました。
総武線の新小岩(東京)がそうなんですよね。
キオスクに突っ込んじゃったおばちゃんの事件から
始まり20件近く起きているそうな(;^^)。
一時は警察官さえ常駐していたそうな。

で青色LEDライトと青色半透明のアクリル状の
屋根をホームに設置しているそうです。
少なくはなったのかもしれないけど、
たまに遅れます(;^^)。

他2編は関西を舞台にしています。
「シュシュと猪」は神戸、「梅田駅・・」は分かるね。
特に「梅田駅~」はもう大爆笑ですっ。

多分、新宿駅と同じ感じなのかなぁ?
いやそれ以上かも??
地下に川が流れているとは・・・
(って書くと普通だね;^^)。

私の時には就職活動ってここまで大変じゃなく、
いわゆる「お祈りメール」とかなかったなぁ。
ってかそもそも携帯なんか持ってなかったし(^o^)。
面白がってたら悪いけど、うんなんかニコニコ。
ちょっと元気が出る作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 東京ブラックアウト 若杉洌 | Main | ぶたぶた図書館 矢崎存美 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

赤い色は興奮するので闘牛に使われる。青は冷静になるといいますがLEDもそうなのですね

Posted by: セイレーン | April 27, 2015 at 06:12 PM

アッコちゃんの本気になってました。
青の光の件。。。気になるじゃないか!!
今月は何年か振りにまったりするはずだったのに忙しくなってしまった。
ブログ再開するからねぇ(^^)/

Posted by: kabu | April 25, 2015 at 09:52 PM

続編が出ていたとは知りませんでした。

最近nanagonが「もやしもん」著「石川 雅之」にはまっていてビックリしています。

Posted by: nanamama | April 24, 2015 at 10:25 PM

青いホームだと、余計に鬱になりそうですが・・・笑。
神戸&梅田のストーリー読んでみたいです。

Posted by: mahalobunny | April 24, 2015 at 01:25 PM

アッコちゃんというと
いろいろいますね。

Posted by: オサムシ | April 24, 2015 at 06:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61384235

Listed below are links to weblogs that reference 3時のアッコちゃん 柚木麻子:

« 東京ブラックアウト 若杉洌 | Main | ぶたぶた図書館 矢崎存美 »