« March 2015 | Main | May 2015 »

19 posts from April 2015

2015年4月のランチ 割烹駿河

先日、友人とランチに行って来ました。
平日に休みを取ることができる友人だと、
お得なランチをやっている店に行けて良いですね。

今回はお初のお店「割烹駿河」
住所 〒260-0028  千葉県千葉市中央区新町1-12
TEL 043-241-6166
ttp://www12.plala.or.jp/kp-suruga/hiru.html

Dscn5255a

こちらのお昼の特色は「選べる!松花堂弁当」。
8~10種類のおかずから好きなのを選んで、
◇ご飯と味噌汁、小鉢のセット500円 か
◇半蕎麦と小鉢のセット 400円 をつけて
弁当にして提供してくれます。

Dscn5254

左上は鶏肉、右横は有機野菜サラダ、
左下は牛肉の煮物、右下は小鉢 です。

上記のお弁当は1200円。おかずは1品200~250円位。
中にはもうちょっとするものもありますがね。

掘りごたつの和室を使うことができるので、
2人だったのですが、のんびり過ごせました。
お客さんは料理とお店の関係か年配の方が多いですが
こういう組み合わせができると自分の好みで
食べられるから嬉しいですね~。

残念なのは平日ランチのみ。
もっぱら週末ランチしている自分としては悔しいっす。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2015.03月のランチ TRBC

今日は久しぶりに新しいお店をご紹介。
食べログやホットペッパー、ぐるなび、と
グルメサイトは大量にありますね。
お気に入りのお店が意外とポイントが低くて
がっくりする一方で、「人が来なくて良いかな」と
思う意地の悪さがあったりします(;^^)。

今日はグルメサイトを見ていて、「行ってみたい」と
思ったお店です。
初回は珈琲でおしゃべり、2回めはランチとおしゃべり、で
立て続けに通っています。

Treasure River Book Cafe
(トレジャーリバーブックカフェ) です。

Dscn524_2

043-304-6964
千葉県千葉市中央区登戸1-11-18 第二潮ビル 1F
月火水木 15:00~25:00 金土日 11:30~25:00

訪問時のランチは「チキン・ポーク・魚」のどれかを
選んだ1ディシュ。
パスタとか色々選べるので、通い続けても飽きなそう。
この日はポークにしました。

確か東北あたりの豚肉(;^^)、
どうして記憶力が減るんでしょ。

Img_0742

こちらの1ディッシュで1,000円、です。
食後のドリンクは別ですが、マグカップたっぷりの
珈琲はおいしかったです。(写真撮り忘れ;^^)

店内は普通のテーブル&椅子、だけでなく、
ソファの区画もあります。
壁には本棚があり、美術関係の古書がいっぱい。
そう、古本屋さんもやっているんです。
ブック&カフェ、ってとこですね。

Img_0743

そして、写真には撮ってないけど、看板犬の「ゆずちゃん」。
人に抱かれるのが好きで、常連さんが来ると、膝の上に
乗ってうとうとするそうな(^o^)。

我が家で犬を飼わなくなってしばらく立ちます。
猫の挙動に慣れましたけど、やっぱり犬がいいなぁ、と
思わせてくれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

サッカー観戦してみた。

春真っ盛り、って感じの今日この頃。
皆様、お天気を楽しんでますか??
天気が良いと洗濯物も乾くし、布団干しも。

さて、先日「サッカー観戦」なるものをしてきました。
C= C= C= C= C= C= ┌(;・_・)┘ ))● サッカー

Img_0750

千葉県千葉市の蘇我駅から徒歩数分のところにある
「フクアリ(フクダ電子アリーナ)」というスタジアムです。
ここをホームにしている「ジェフユナイテッド市原・千葉」と
埼玉は大宮をホームにしている「大宮アルディージャ」の
対戦、なんだそうな。

そもそも1993年のJリーグ発足当時からのチームだって
知ってはいた。
んでもって結構前に「ジェフがJ2に降格した」ってのも
知ってた。
その昔のさんまの「皆で国立をいっぱいにしよう!」なんて
呼びかけも覚えている。
けれども、そんなにサッカーには興味がある訳ではなく、
このスタジアムだって、近いのに行ったことなかったっす。

駅から歩く人多し。う~ん、土曜日の午後に辺鄙な蘇我で
こんなカオスに出会うとは(;^^)(;^^)。↓試合前の練習風景。Img_0751

友人は「大宮アルディージャ」のファンクラブに入っており、
千葉まで行くなら、と私を誘ってくれました。
↓の集団が大宮アルディージャのファンの方。
埼玉からわざわざ来るんですね(;^^)。

Img_0752

サッカーを知らない訳ではないので、結構楽しめました。
オフサイドにうまい!と叫んだり、ミスシュートに騒いだり&
まだるっこしぃ~!と叫んだり・・・(;^^)。

Img_0753

入場時にこんなプレイヤーカードを頂きました。
結果はこのカードの選手、井出 遥也選手が
2得点をあげてジェフ千葉が勝利。

2015年4月27日現在、ジェフが4位で大宮が5位。
どちらもJ1への昇格を狙ってはいるようですが・・・。

自由席だったんですが、周りは老若男女様々。
なかには「サッカー見てるの?酒呑んでるの?」てな
人も多く、人間観察するのも面白かったです。
たまには良いかも(^o^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ぶたぶた図書館 矢崎存美

「図書館」と言う言葉が題名に入っていると
なんとなく読んでみたくなる今日このごろ。
「書店」「古書堂」なんてのもそうですね~。
どんだけ本好きアピールなんだ?(;^^)

借りてみたら「シリーズ」だった、と言うオチは
あるものの、まぁ途中からでも楽しめたので
ご紹介
「ぶたぶた図書館 矢崎存美」



読了です。
本好きの中学生・雪音と市立図書館の司書・寿美子は、
「ぬいぐるみおとまり会」実現に奔走していた。

子供たちのぬいぐるみを預かり、夜の図書館での
彼らの様子を撮影して贈る夢のある企画だ。

絵本を読んだり、本の整理をして働くぬいぐるみたち。
ポスター作りに悩む二人の前に、図書館業界では
伝説的存在(?)の山崎ぶたぶたが現れて……。

***************************************

ピンクのブタさんがまさか主人公とは・・・(;^^)。
どうやらかなり長いシリーズになっているそうですね。

『ぶたぶた』 『刑事ぶたぶた』 
『ぶたぶたの休日』 『クリスマスのぶたぶた』 
『ぶたぶた日記(ダイアリー)』 『ぶたぶたの食卓』
『ぶたぶたのいる場所』 『夏の日のぶたぶた』 
『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』 
『訪問者ぶたぶた』 『再びのぶたぶた』
『キッチンぶたぶた』『ぶたぶたさん』 
『ぶたぶたは見た』『ぶたぶたカフェ』『ぶたぶた図書館』
『ぶたぶた洋菓子店』 『ぶたぶたのお医者さん』
『ぶたぶたの本屋さん』『ぶたぶたのおかわり!』・・・

いやいやd( ̄  ̄) ヾ(^o^;オイオイ・・・。

でも「~図書館」では、最初から登場する訳でなく、
途中から「え?ぶた?ぬいぐるみ?違う?生きてるの?!」
って感じでの登場でしたので違和感・・・うん、あったな(;^^)。

だって、ぶたぶたさんが居酒屋でビールをプハァ、なんて
ありえないでしょ?
子供さん2人連れて、BBQなんて、ありえないでしょ?

なんかそっちのインパクトが強すぎて、主筋がどんな話
だったか忘れちゃいましたよ(;^^)。
シリーズ途中から読んでも大丈夫、ではありますが、
やっぱりそもそも、がわからないと記憶にも残りにくいなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

3時のアッコちゃん 柚木麻子

こちらも以前読んだ本、
ランチのアッコちゃん」の続編です。

3時のアッコちゃん 柚木麻子

読了です。

澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに
入っているが、会議は停滞してうまくいかない。
そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしの
アッコさんであった。

イギリスでティーについて学んできたという
アッコさんが、お茶とお菓子で会議の進行を
激変させていく。 またもやアッコさんの
底知れぬ力をまざまざと見せつけられる三智子であった・・・

表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」
「梅田駅アンダーワールド」を含む全4編。

*********************************

今回も楽しみにしていたんですが、残念。
アッコさん絡みではあるけれど、つながりが
弱く、アッコさんの活躍が見られず残念です。

「メトロのアッコちゃん」はブラック企業に
勤めるOLさんとのふれあいを描いています。
が、文中で
>青は人の判断を冷静にする力がある。
>ホームにその照明がついている事で、
>自殺が減るらしい。

とあり、初めて知りました。
総武線の新小岩(東京)がそうなんですよね。
キオスクに突っ込んじゃったおばちゃんの事件から
始まり20件近く起きているそうな(;^^)。
一時は警察官さえ常駐していたそうな。

で青色LEDライトと青色半透明のアクリル状の
屋根をホームに設置しているそうです。
少なくはなったのかもしれないけど、
たまに遅れます(;^^)。

他2編は関西を舞台にしています。
「シュシュと猪」は神戸、「梅田駅・・」は分かるね。
特に「梅田駅~」はもう大爆笑ですっ。

多分、新宿駅と同じ感じなのかなぁ?
いやそれ以上かも??
地下に川が流れているとは・・・
(って書くと普通だね;^^)。

私の時には就職活動ってここまで大変じゃなく、
いわゆる「お祈りメール」とかなかったなぁ。
ってかそもそも携帯なんか持ってなかったし(^o^)。
面白がってたら悪いけど、うんなんかニコニコ。
ちょっと元気が出る作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

東京ブラックアウト 若杉洌

先日の3.11でこちらの本を紹介しました。
原発ホワイトアウト」 若杉洌

「現役キャリアによる告発本」として話題になり、
本人も「できるだけ政権の中枢に居続けて、
いろいろなことを見聞きして、許せないようなことが
あったら、みなさんに伝えていくということを
できるだけ長くやりたいと思っています」と言うだけあり
今回第2弾が発売されました。

東京ブラックアウト 若杉洌


読了です。

「原発再稼働」が既定路線のように進む日本……
しかし、その裏には真っ黒な陰謀が渦巻いていた!
いったん「原発再稼働」を認めれば、「発送電分離」は
不可能となる……
そのカラクリを暴いていくと驚愕の真実にぶち当たった…
そう、「原発再稼働」で殺されるのは、大都市の
住民だったのだ!!

*****************************

「原子力規制委員会」がムダな事だとは、
官僚内でも上下があり、待遇に差があること、
地方の有力者がどう思われているのか、
過去の反省をしないから有事の際に・・・

呆れるほど、私が勤める会社に似てる(;^^)。
過去をきちんと検証しない&反省しない、
数年前に一度やめたことをさも新しい挑戦のように
悪びれずに発表する・・・
はぁ、って感じでした。

でもさ、会社なんかたかが民間一企業な訳だ。
会社が潰れても、国民全員が影響を受けるとは
思えない。だから好きにやってろ、って思うけど

国は・・・まずいんでないの?ねぇねぇ。
前作でも思ったけど、結局国民のため、じゃないの。
自分らの利益の為、天下り先の為、と
ある意味、分かりやすいね、欲の権化、って。

前回の失敗を振り返らず、反省せず、
再稼働にばかり力を入れたため、発生した災害に
避難できずに命を落とす一般市民。

相変わらず文章も内容も小難しくて読みづらい。
でも少しでも原発に、政治に興味があるならば、
一言文句を言いたい、と思うことがあるならば、
読んでみてください。

そういえば、以前某政治家が天皇に手紙を
渡した、ってのでNewsになりましたよね。
あれって、手渡しではなく、内閣に送れば
天皇の手に渡るらしい。

「請願権」と言い、憲法で保証されています。

国や地方公共団体に「希望・苦情・要請」がある
場合、住所氏名を記して、所轄の官公庁
(不明な場合は内閣)に書面で提出すれば良いそうな。

おそらく事務能力が高い官僚さんにとっては
「はは、あいつバカだなぁ」と笑った事でしょうね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

みんなのうた 重松清

最近、読んだ本がドラマ化になる、ってのがあり、
(その逆もありますが)、
オリジナルのドラマがみたいなぁ、って思うこと、
結構あります。
話の展開も読めちゃうから原作本ばかりだと・・ね。

みんなのうた 重松清


読了です。

東大を目指して上京するも、3浪の末、
夢破れて帰郷したレイコさん。
傷心の彼女を迎えるのは、個性豊かな森原家の
面々と、弟のタカツグが店長をつとめる
カラオケボックス『ウッド・フィールズ』だった。

このまま田舎のしがらみに搦めとられて
言い訳ばかりの人生を過ごすのか―
レイコさんのヘコんだ心を、ふるさとの四季は
どんなふうに迎え、包み込んでくれるのか…。
*******************************

こちらはドラマ化されてないのですが、
「村おこし」「地域振興」なんてのがブームになったら
取り上げられそうですね。
ってか、ブームにならないと、ってのがミソですが。
本当は常日頃、考えるべき事なんでしょうけどね。

田舎の人間としては非常に身につまされる話です。
ただ、私が住んでいる地域はここまで若い人も
いないけど(;^^)。
私の世代の人間、ほとんどいなくなってます、はい。
元々いない、っちゃいないけどね(;^^)。

話の中で、こんなセリフが出てきます。

>東大にストレートで合格するほど
>頭がいいのに、ここを捨てて東大に
>行ってしまうのはけしからん・・・

いや、じゃぁどうしろ、って言うの?!
「頭が良いから良い学校行って良い会社入って」と
言われてた訳ですよ。
でもまさかその後「地元に帰って地元の為に
その能力を使え」ってなるとは思わないよなぁ・・・。

あ、作中では、3浪人したレイコさんの他に、
東大出たけど、地元に帰って実家の本屋を継いだ、と
言う青年も出てきます(;^^)。

地方は大変です。街中のようにお金が稼げる訳
じゃなし、家も古いし、交通も不便。人はどんどん
都会に出ていき、戻ってこない。
自然は多いけど、虫も多いし、冬は雪も多い。

それでも地球最後の日にはこの家にいたい、
大災害が起きる時はこの家にいたい、って
思っちゃう私って(;^^)・・・。

うまくまとまらなくなっちゃったけど、多分この
本に関する感想の結論が自分の中でも
まとまってないんでしょうね。
読みやすく、厚さもそれほどではないので、ぜひ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

毒殺魔の教室 塔山郁

ヒ素・・・飲み込んだ際の急性症状は、
消化管の刺激によって、吐き気、嘔吐、下痢、
激しい腹痛などがみられ、場合によって
ショック状態から死に至る・・・。

「毒殺魔の教室」 塔山郁

読了です。

那由多小学校児童毒殺事件―
男子児童が、クラスメイトの男子児童を教室内で
毒殺した事件。加害児童は、三日後に同じ毒により
服毒自殺を遂げ、動機がはっきりとしないままに
事件は幕を閉じた。

そのショッキングな事件から30年後、
ある人物が当時の事件関係者たちを訪ね歩き始めた。
ところが、それぞれの証言や手紙などが語る事件の
詳細は、微妙にズレている…。

やがて、隠されていた悪意の存在が露わになり始め、
思いもよらない事実と、驚愕の真実が明かされていく。
『このミステリーがすごい!』大賞2009年、第7回優秀賞受賞作。

*******************************
なぜか地元の図書館には「このミス」関連の作品が
色々置いてあります。
簡単に読めるのが分かっているし、
気分転換に良いので、読むことが多いです。

こちらは、「湊かなえ」か?って感じの設定。
ある人物の取材日記風に物語が展開されていきます。

一応、犯人が死んで幕を閉じたわけですが、
思いもよらない事実と驚愕の真実とは??
ここは意外と面白かったですね。(^o^)。

歪んでるなぁ~って思い強し。
誰かが誰かを貶める(おとしめる)、って
ありがちですけど、こんな小さい頃から
大人のような事をしている、って・・・大変。

しかしなぜ30年も経って??と言う思いも強い。
まぁ湊かなえさんの「往復書簡」でさえ20年前。
30年経てば記憶って薄れるんじゃない?って
ふと思ったけど、印象的な出来事なら、うん、
覚えてるな・・・(;^^)。

他にも何冊か出されているそうなので、
機会があったらもう数冊読んでみようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ローウェル骨董店の事件簿 椹野道流

さて、最近の図書館は「ヤングアダルト」本も
増えています。
ってか、どんどん本が増えていっているようで、
言いたくはないですが、「私の若い頃は」って
つい言いそうになります(;^^)。

こちらは図書館で見つけて手にとってみました。
簡単に読めそうだったので(^o^)。
難しいのと簡単なのと混ぜて借りています。

「ローウェル骨董店の事件簿1.2」 椹野道流

読了です。

第一次大戦の記憶も新たな首都ロンドン。
クールな青年医師デリックは、戦地で傷を負い、
検死官として働くように。

一方、骨董店店主の兄デューイ。
彼は兵役を拒否し、投獄されていた。
幼なじみの刑事エミールはそんな2人の間で
心を痛めていた。

志願した者と拒否した者。微妙な距離間の中、
兄デューイは親友の忘れ形見を預かる事に。

1.ある日、お金持ちの姉妹が家出し、
実感の援助を受けぬまま、女優を目指していた。
そんな折り、姉が殺された・・・。

2.ある日、兄デューイの営む骨董店に、
怪しい男がやってきて訳ありな雰囲気のジュエリーを
預かる。その直後、その男が殺されているのが発見される。
***********************************

初作家さんです。椹野道流(ふしのみちる)さん。
1996年に賞をもらい、翌年デビュー、と言う
ことなので、キャリア、長いらしい・・・(;^^)。

外国が舞台ですし、かなり「ヤングアダルト」な
作品でした(;^^)。
多分、10代だったら嬉しいんだろうなぁ。

私が10代の時はイギリスを舞台にした小説、なんて
「シャーロック・ホームズ」がせいぜいでしたから(;^^)。
アヘン吸って廃人のようになっている主役の本、
ですからね。ある意味すごい、かも?
後は「アガサ・クリスティ」とか?

こんな若く、見目麗しい(‥ )ン?若者らが出てくる
小説、なんかなかったよなぁ・・・(;^^)。

古い時代設定なので、科学捜査には縁遠い、
でもイギリスのあまりおいしくなさそうな食事風景は
たっぷり出てくる、いや興味深いお話でした。

それでも戦争描写は細かく、また解剖シーンも
丁寧にかかれてたなぁ、と思ったら、
この作家さん、法医学者でした。

まぁ文章は読みやすいので、小難しい本を
読んだ後の気分転換にどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『イントゥ・ザ・ウッズ』

このミュージカルは知らなかったです。
アカデミー賞をTVで見て知って映画行って来ました。

『イントゥ・ザ・ウッズ』
201503_p

原題 Into the Woods
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 124分
劇場公開日 2015年3月14日

メリル・ストリープ:魔女
エミリー・ブラント:パン屋の妻
ジェームズ・コーデン:パン屋の主人
アナ・ケンドリック:シンデレラ
クリス・パイン:シンデレラの王子

赤ずきん、シンデレラといったおとぎ話の主人公たちの
その後を描いたブロードウェイの人気ミュージカルを、
ディズニーが実写映画化。

魔女にかけられた呪いのせいで子どもに
恵まれなかったパン屋の夫婦は、子どもを
授かりたければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」
「黄金の靴」の4つのアイテムを森から持ち帰れと
魔女に命じられ、森へ向かう・・・

***********************************

なんと言いますか・・・
童話のおいしいトコどり?(;^^)
色々な童話のキャラクターが混じりあって、
最後に大団円!みたいな。

ちょっと節操ないんじゃね?って思っちゃった。

赤ずきん、シンデレラ、ジャックと豆の木、
ラプンチェル・・・1つ1つは小さい頃の記憶があり、
覚えていたつもりだったんですが、そうでもないみたい。
どこからどこまでが本当で、どこまでが映画版なのか?
途中で考えるのを放棄しちゃったみたいです。
まぁ、単純に愉しめばいいだけなんですけどね。

ってか、やっぱりどれも意外とグロいのね(;^^)
シンデレラでは、義姉妹2人とも靴が合わずに、
欲にくらんだ母親に・・・されるし、

ジャックと豆の木、では木の上の巨人、
殺しちゃうわけよね(;^^)、
赤ずきんなんか、腹かっさばいて助けだす、って(;^^)
童話、というより寓話ですね、うん。

寓話:解釈の方向を道徳的な訓話に向ける特性を持つ

しかし、皆さん歌、うまいです(^o^)。
メリル・ストリープは、「マンマ・ミーア」で実証済みだけど
皆さん自信満々ですごいなぁ、って思う。
日本でミュージカル風映画を作ろうとすると、
ちょっとなぁ・・・って気分になりますけど・・・。

ただ、音源集めるまではいかないかなぁ。
最近、新しい音楽が聞きたいんだけど、
なかなかコレ、って言うのに出会えません。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

建築探偵桜井京介シリーズ4 篠田真由美

で、昨日の第三部で、一応大団円!と
なったはず、なんですが、番外編もたくさん。

番外編
桜闇(1999年4月)
センティメンタル・ブルー(2001年6月)
angels(2003年5月)
Ave Maria(2004年5月)

読了です。

**********************************
桜闇 短編・二重螺旋四部作・出会い
センティメンタル・ブルー 蒼・成長・出会い
angels 蒼・高三・事件
Ave Maria 原罪の庭・ビートルズ・親子

実は、この後やこの他にも色々と「建築探偵」、
つまり「桜井京介」氏が出てくる作品があるそうな。
wikiだけではやはりチェックしきれないらしい(;^^)。

ただ、それを読んじゃうと本当に本当に最後だから、
とちょっと哀しくなりかけたので、ここで一旦総括。

「桜闇」は京介メインのお話なので、短編集でもあり
ほとんど記憶に残ってない(;^^)。
やはり数ヶ月単位で図書館で借りて読んでいるだけに
記憶力低下は否めない・・・
やっぱり集めようかな(^o^)。

このシリーズでは、行ってみたい処、とか聞いてみたい曲
とか色々出てきます。
今回の番外編内では「アヴェ・マリア」となぜか
ビートルズの「The winding road」をi-pod touchくんに
入れました(^o^)。

蒼くんの成長を見守る親のような気分になってて、
おかげで大変。
もうo(@^◇^@)oワクワク&ドキドキしちゃうんですよね。

って書いた時点で既に「推理モード」から「キャラ読みモード」
に変わってますな、はい(;^^)。
つくづく人間と言うものは幼少時からの記憶・体験が
積み重なって人格が形成されていくものなんだな、と実感。

哀しく辛い記憶や体験でも、それを保つ術を間違えなければ
それは人の糧となる・・・。
体験することを恐れずに、失敗を糧にして・・とは
良く言われる事ですが、ホントそうだなぁ、って。

さぁあと少し、味わいながら完全読了したいと思います。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

建築探偵桜井京介シリーズ3 篠田真由美

かねてより紹介している「建築探偵シリーズ」。
長いからのんびりと、ゆっくりと、じっくりと・・・と
思って読んでいたんですが、やはりクライマックスが
近いのはなんとなく感じる訳で・・・
で、そうすると「次へ次へ」とつい手が出ちゃう訳で・・・

「第三部」です。

胡蝶の鏡(2005年4月)
聖女の塔(2006年7月)
一角獣の繭(2007年6月)
黒影の館(2009年1月)
燔祭の丘(2011年1月)

読了です。

************************************
胡蝶の鏡 ベトナム・銃声・京都
聖女の塔 宗教・長崎・教会
一角獣の繭 高原・出会い・失踪
黒影の館 北海道・温室・地下
燔祭の丘 硫黄・全寮制・復活

そもそもこの「建築探偵シリーズ」を知ったのが
2014年9月。
なぜか番外編から手に取った私(;^^)。
神代教授シリーズ2冊が最初でしたっけ。

そこで「あかん、最初からちゃんと読もう」と
第一部の5冊を手にとりました。
「蒼」くんの成長が知りたかったのが一番ですが、
「美形」の青年にも心惹かれた訳です(;^^)。

第二部の5冊で、「何かが邪魔してる」とは
思っていたんですが、まさかそんな邪魔があったとは、
って感じで今回の第三部の5冊、となる訳です。

そもそも「建築物」って想像するの、難しい。
「綾辻氏」の「館シリーズ」も図が載っているから
まだわかるし、迷っても最初の図を眺めれば
なんとかなる。でもこれを文章だけで説明する、って・・
ホント難しいかも(;^^)。

途中からは建築物を想像するのを早々に諦め、
キャラ読みに走りました、はい(^o^)。
だって、京介がどうなるのか?蒼は?深春は??
もう気になってしょうがなくなったんだもん。

これは細かい話をしちゃうと興ざめなので、
5冊も読んだのに1回の記事で終わりかよ、って
思うとちょっと_| ̄|○がっくりしちゃうんですが(;^^)
ぜひ読んで欲しいですね~。読みづらい本だけど。

ってか、最後まで読んで「あ、もう一回読み直すかな」
って気になっちゃってる(;^^)。
このシリーズは借りている時も最後まで読んだ後、
好きなシーンとかを再度読みなおしたりしたんですが、
手元に置きたいシリーズ、になったような。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2015.03月のCafe Coffee RIN

ドリンクもデザートもついていないなら、
こちらに掲載しているCafeなんかにも行ってみましょ。

Coffe RIN(コーヒー リン) です。
Shop05

TEL:043-242-8777
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-4-2 ウェストリオ2 3F-2
営業時間 平日 7:00~22:00 日・祝日 8:00~20:00
席数 41席 ※喫煙席16席

こちらは「ドーナツ2種類+ドリンク」で540円です。
ドーナツ1個約200円(☓2)+コーヒー300円=700円 ですね。
Img_0749

ドーナツは「プレーン・チョコ・抹茶・くるみ・コーヒー」などなど・・・
常時数種類あり、そこから選べます。
ドリンクもコーヒー以外に紅茶かカフェオレも選べます。

ここは2階の半分が喫煙スペースになっています。
透明パーテーションで区切ってあるだけですので、
タバコが苦手な方は2Fだと厳しいかも(;^^)。

ただ、喫煙者にはゆっくりできてありがたいお店です。
窓が大きく、遠くまで見えるので、眺め良い~。
(その分、冬はちょっと窓際は寒いですが;^^)。

そして、千葉駅の栄えていない方なので、
お客さんも少なめ、でゆっくりできます(^o^)。
期間は未定みたいですが、お代わりは100円でできるって。
のんびりできるカフェ、もっとたくさんあると良いのになぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2015.03月のランチ 遊

さてさて4月になったのにまだ寒いですね。
本当に何を着て行ったら良いのか?

毎日悩んでます。

さて以前紹介した本「ランチパスポート 千葉版」
は4月末までの有効期間。
それまでに掲載店舗3,4回行けば元が取れる・・・

と言うことでこのお店に、行ってきました。

Spanish & Italian KUIMONO CLUB 遊 です。


〒260-0028 千葉市中央区新町15-13 丸山ビル2F
JR千葉駅 西口 徒歩3分 JR千葉駅 東口 徒歩5分
TEL 043-244-2988
営業時間 11:00~15:00(L.O.15:00) 17:00~24:00(L.O.23:15)
定休日 無休

紹介したのは2年以上前、でしたね(;^^)。
さて、こちらのお店の540円ランチは・・・

じっくり漬け込んだ若鶏の唐揚げ
~大根おろしと和風ソースで~   です。
Img_0747

唐揚げは5個、と
ボリュームたっぷり(^o^)。

Img_0748

菜っ葉のサラダとポテトサラダ、それにキャベツの酢和え。
野菜は多めに取れるので助かります。

ただ読み落としてたんですが、ドリンクはつかない・・・。
&デザートもつかない・・・(^^ゞ
通常780円の品が540円、って事でお得ではあるんですけどね。
しょうがない、ここは食事だけで次へ行くとしますか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ばーちゃんの人形

昨日の人形本を読んだ感想を書いていて、
ふと思い出したのがこちら。

そういえば母方の祖母、人形作りが趣味でした。
形見分けでもらったの。それもこんなの。

Dscn524

母方のじじばばのお家、って「タバコ屋」さんだったんです。
で、ばあちゃんはこういう手芸もの、が好きで、
店番をしながら、編み物とか縫い物は当然ですが、
タバコの紙(包紙とか)で、こんなのも作っていたんです。

着物の裾は「CHERRY(チェリー)」です。
知ってるかな??(;^^)上の部分は「sometime」です。
Dscn5250

傘はセブンスターかハイライト(;^^)。
Dscn5251

帯は「current(カレント)」。
昭和53~54年頃のパッケージらしいっすよ(;^^)。
Dscn525

ばあちゃん、ホント器用な人だったのね。
千代紙人形とか和紙人形、ってジャンルらしいけど
今になって、こういうの習いたいなぁ、って思ったりして。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

たまさか人形堂物語 津原泰水

住んでいる人間にとっては手狭な木造に過ぎないし、
商店街もシャッター通りになりかけだけど、
それでも世田谷、にこの御店はあります。

「たまさか人形堂物語」「たまさか人形堂それから」
津原泰水


読了です。

祖母の形見の零細人形店を継ぐことになった
OL澪。押しかけアルバイトの人形マニア、
冨永くんと謎の職人、師村さんに助けられ、
お店はそこそこの賑わいを見せていた。

「諦めてしまっている人形も修理します」という
広告に惹かれ、今日も傷ついた人形を抱えた
お客がやってきて澪たちは東奔西走することに・・・

************************************
女の子なら今までの人生で1つくらいは持っていた事が
あるはず、なお人形。
市松人形、ぬいぐるみ、バービーちゃんに、リカちゃん・・

ありとあらゆるものが「あ、人形だったんだ」と
気づくこちらの作品、意外と面白かったです。

人形にしろ何にしろ、「直して使う」って最近減りました。
「消費の時代」と言われるだけあって、
直してまで使う、と言うのはよっぽどのものばかり。
今はメーカーさんの部品保存期間も短くなりました。
おかげで「買い替えたほうが安い」と言う事に。

それでも「アイボは家族だ!」と
部品を手作りしてまで直す団体が現れたり、
(あ、アイボは人形?なんだ??;^^)
なんか今の世の中おかしいな、って思います。

この「たまさか人形堂」さん。
人形の小売から修理屋さんに重点を起き、
営業しているわけです。
働く彼らは彼らなりの愛情で人形に接し、
人形にまつわる謎を解いていきます。

こういうのを読むと「人形作り」してみたい!と
思っちゃうんですよね(;^^)。

カルチャーセンターや手芸屋さんでやっている
「木目込み人形作り」とかありますけど、
う~ん、時間があったら体験してみたいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ゼロの迎撃 安生正

以前「素材は良いけど料理法がね~」と
紹介した「生存者ゼロ」。
昨日の「出版禁止」より記憶が残っているので、
ある意味、印象深かったのかも。

その作家さんの新作が出てましたので、
早速借りてきました。「ゼロの迎撃」


読了です。

活発化した梅雨前線の影響で大雨が続く東京を、
突如謎のテロ組織が攻撃する。
自衛隊総合情報部所属の情報官・真下は、
テロ組織を率いている人物の居場所を
突き止めるべく奔走するが……。

核が持ち込まれたという情報にかき回される
自衛隊総合情報部。朝鮮人民軍、中国人民解放軍に
翻弄される日本政府。
東京を舞台に、死闘が始まった・・・

***********************************

自衛隊、ってある意味タイムリーなんですよね。
集団的自衛権や様々な世界情勢に
否応なく巻き込まれている軍隊ではない自衛隊、って。

あくまでも日本に、自国へ攻め込まれ、
内部から襲われる、って事は想定していない、です。
それだけに、某国の工作員が嵐に乗じて日本へ来て
国内でマンション占拠して殺し合いって設定は
ほっほぉ~!、って感じでした。

そうそう、彼は素材はいいのよ。着眼点はね。
でもね・・・いかんせん前置きが長すぎて・・・

まぁ見えない敵は某国だけではなく、自衛隊内部
国家内部にいる、ってのを語りたいのは分かる、
分かるけど・・・まだるっこしいわ。
説明文章大杉でしたわ。

いわゆる「ゼロメートル地帯」ってのがあるんですよね。
一般に「海抜ゼロメートル」って意味に使われる事が
多く、海岸付近で地表標高が満潮時の平均海水面
よりも低い土地のこと(wikiより)です。

東京23区内はかなりの面積を占めており、
1300万人の人口中、150万人がこの
ゼロメートル地帯に住んでいる、とも言われています。

そこに目をつけたのはすごいけど・・・
(再度『素材が・・』)
不完全燃焼なだけで終わっちゃいました、残念!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

出版禁止 長江俊和

週末土曜日の午前中から生放送している
TBSの「王様のブランチ」。
ここで紹介されて手にとった本は結構あります。

こちらもそこで紹介されており、興味は持ったものの
予約が結構待たされました。

「出版禁止」 長江俊和


読了です。

なぜ「心中事件」のルポは、闇に葬られたのか――
あの「放送禁止」の監督は、小説書いても、凄かった!
題材は、ある「心中事件」。
死ぬことができなかった女性へのインタビューを中心に
構成されたルポ「カミュの刺客」は、なぜ封印されたのか?

*****************************
「放送禁止」も知らないし、作家さんも知らない人。
でもあるカルト的な人気を誇る方、なんですね。

この本、2月16日に読了しているんですが、
ほとんど中身を忘れてます・・・(;^^)。
どれだけ予約待ちした、と思っているんだぁ~!!

予備知識なしに読むのは厳しかった~(;^^)。
思わず読み終わった後、あちこちサイトを参照し、
「あ、そういうこと」
「ん?だからなに?」って気持ちを色々味わい・・
サイトを見て回る時間の方がかかったんじゃない?
って感じの意地悪さ。

作家さんなら文章で勝負せんかぁ!!と
つい思っちゃったわ。

有名な映像作家とその愛人が心中。
作家は死に、愛人だけが生き残った。
謎を解明するためにあるルポライターが
取材を始めるが、心中偽装疑惑が浮上する・・・。

というものなんですが、う~ん・・・

全体の印象としては、中村文則氏の
「去年の冬、君と別れ」と良い勝負かな。
ちょっと健全な影響を受けない、って感じ。

まぁ良いんだけどね。
色々なジャンルの本を読んでいる、と最近の
自分を振り返ると確かにそう思うんですが、
それが後々までよみがえるような作品、ってのは
なかなかお目にかかれないですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ご無沙汰しました。

ご無沙汰しました。
ここ最近の気温の変動がものすごくて(;^^)、
体と精神の両方がついてこれなかったっす。
環境適応能力、唯一誇れる特技だったのに~。

いやぁ、しんどかったっす。
最初は風邪かな?と思ってたんですよね。
初日にちょこっと寒気はしたけど、熱は出なかった。
葛根湯をグイッと飲んで早めに寝る、ってのを
やってたんですが、一向に良くならない。

とにかく眠い&寝たい。食事をするよりも何よりも
睡眠を体が欲する、ってすごかったです。
食べ物に味がしないし、食べる気が起きない。
ついでに言うなら珈琲とか刺激物も呑めない。
お湯に梅干し入れて呑む、ってのをやってました。

何せ、会社に通うのに一苦労な訳ですよ(;^^)。
駅から20分近く歩かないといけない訳で、
その体力は温存しないといけない。
電車はできるだけ座っていけるように、路線を選び
ひたすら寝る毎日。

お昼もお弁当作る気力もなく、白飯をラップに包んで、
お茶漬けにして食べて、仮眠を取って・・・と。
それでもやっぱりきつかった~。

10日程経過し、徐々に戻りつつはあるものの、
食欲はあまり快復してないです(;^^)。
でもお腹が鳴るようになって、口に何か入れよう、って
気になってきただけマシかな(;^^)。
「これは、食べたい?どう?」と聞かないと無理ですが。

こんな状態ですが、ボチボチ再開しようと思ってます。
皆様のところへもお伺いできると思いますので、
またよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »