« 江ノ島&鎌倉2 | Main | 厭世フレーバー 三羽省吾 »

ブランケット・キャッツ 重松清

思い通りにならないことに敏感になった、って言うか
怖くなったって言うか、
そうだ、免疫って感じ?

以前だったら気にならなかったことが
ひっかかる。
「まぁいいや」で済ませていたことが許せなくなる


2泊3日、毛布付き。
レンタル猫が我が家にやってきた。
リストラされた父親が家族のために借りた
ロシアンブルー、
子どものできない夫婦が迎えた三毛、
いじめに直面した息子が選んだマンクス、
老人ホームに入るおばあちゃんのために
探したアメリカンショートヘア・・・。

「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った
温もりと小さな光を描く7編。
************************

「ネコの話」は好きです。
とは言え「スメラギの国」はNo Thank youですが(;^^)。

レンタルネコ、って設定は面白かった。
しかも、「毛布付」。
この毛布はネコの匂いが染み付いたもので、
どんな家にどこへ言ってもそのネコがネコで
いられるのは毛布のおかげ。

レンタルネコに選ばれるネコは皆能力が高く
しつけもきちんとしているエリート集団。
ファイルの中には前述の「三毛」や「アメショー」、
「ロシアンブルー」など色々いますが、
最終頁の「雑種」だけはご注意を。

目つきが悪く、親玉のような顔をしている
そのネコは若干扱いづらいかもしれません。
でも、一番泣けました、はい。

冒頭の一文は1章目、子供のいない夫婦が
レンタルする話に出てきました。

これがね~しっくり&じっくりしみましたわ。
最近、私もすごくこう思うことが多いんです。
歩道を自転車で我が物顔に走る人、
右側通行を守らない人、これが、歩きスマホなんか
してた日にゃ・・・「お前、そこになおれい!」って。

心小さいなぁ、って思う一方で、「私が悪いの?」と
思う事もあり・・・。
子供とかいると、思い通りにならない事たくさん、
周りに面倒かけて、肩身が狭くなったり、
幾ら自分がちゃんとしててもそうならないことが
あるんでしょうが、自分しかいない、ってのは
気楽なようで、「免疫」がないって事ですからね。

今、小学校の校庭で遊ぶ声がうるさい、って苦情が
入ることがあるそうです。
保育園なども、子供を遊ばせるのに、窓を閉めて
声が外に出ないよう注意するとか。
そもそも建設しようとすると反対運動が起きる、と。

「免疫」がない方が自覚しないと無理なんでしょうが、
自分は悪くない、と思ってしまうから質悪いっすな(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 江ノ島&鎌倉2 | Main | 厭世フレーバー 三羽省吾 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

小学校の近くは地価が安いと聞いたことがあります。だいたい小学校が先に建っているでしょう。まあうるさいですよね。

Posted by: セイレーン | March 20, 2015 at 10:27 PM

「免疫」、ある程度は必要なんでしょうね。

Posted by: nanamama | March 19, 2015 at 10:51 PM

免疫 どうでしょうかね。

Posted by: オサムシ | March 19, 2015 at 06:58 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61231188

Listed below are links to weblogs that reference ブランケット・キャッツ 重松清:

« 江ノ島&鎌倉2 | Main | 厭世フレーバー 三羽省吾 »