« February 2015 | Main | April 2015 »

20 posts from March 2015

『フォックスキャッチャー』

なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの
金メダリストを殺したのか??

男同士の『がっぷり四ツ』な映画、
フォックスキャッチャー(2014) FOXCATCHER

201502_p

を観てきました。

メディア 映画
上映時間 135分
製作国 アメリカ
初公開年月 2015/02/14
映倫 PG12
出演:
スティーヴ・カレル/ジョン・デュポン
チャニング・テイタム/ マーク・シュルツ
マーク・ラファロ /デイヴ・シュルツ
シエナ・ミラー /ナンシー・シュルツ
ヴァネッサ・レッドグレーヴ /ジャン・デュポン

1984年のロサンジェルス・オリンピックで
金メダルを獲得したレスリング選手、マーク・シュルツ。
しかし、マイナー競技ゆえに生活は相も変わらず
苦しいまま。

マークが頼りにする同じ金メダリストの兄のデイヴも、
妻子ができて以前のように付きっきりというわけには
いかない。
いまや、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、
競技を続けるのもままならなかった。

そんな時、アメリカを代表する大財閥デュポン家の
御曹司ジョン・デュポンから、彼が結成した
レスリング・チーム“フォックスキャッチャー”への
参加をオファーされ、この申し出を快諾するマーク。

最先端トレーニング施設を有するデュポンの
大邸宅に移り住み、ようやくトレーニングに集中できる
理想的な環境を手に入れたかに思われたが…。
************************
なんかね、屈折しまくり、の複雑なお話でしたわ。
誰が誰に嫉妬して、誰が誰に自慢したくて、
誰が誰を心配しているのか・・・もう分からなくなってきた。

デュポンがね、一番屈折している訳だ。
で、マークも割りと屈折している。
兄のデイヴが一番まともなんだけど、それ故に
彼もおかしいんじゃないか?って気にさせられて・・

レスリング、ってアメリカでもマイナーなんですね(;^^)。
日本でも厳しいそうですが、金メダルをとっても
その生活って・・・

男同士の『がっぷり四ツ』、ってのは美青年同士なら
日本でも小説やマンガがたくさんありそうですが、
筋肉もりもり、耳=餃子、の彼らの場合・・・う~ん。

ただTVCMやあらすじで説明しているだけではない処は
うまく作られてますね。面白かったです。
大スクリーンで、とは言いませんがお時間あったらどうぞ。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

思い出のとき修理します3 谷瑞恵

昨日は友人からの借り本。
こちらは図書館で借りているシリーズものの1つ。

「思い出のとき修理します 3」 谷瑞恵


読了です。

穏やかな交際を続ける明里と秀司。
ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と
教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。

東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、
商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、
店番をしているのだという。

自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、
秀司との関係に少しだけ不安を感じて…。

********************************
今回の作品の後書きで、「1作目で終わるつもりだった」
事を知り、納得。
だって1巻であっさりカップルになっちゃったから(;^^)。

2作目、今作ときても、あまり進展しているようには見えず
そうだろうなぁ、と。
謎解き、って程の出来事はないし、時計の修理を
依頼に来た人達の人生とか背景に焦点をあてた展開は
ちょっといらっ、ときたりもします(;^^)。

それでも「シリーズだから」と読んでしまうのは、
悪い癖なんでしょうね(;^^)。

この本を読むと「時計」について「商店街」について、など
色々考えること、多いです。
登場人物2人は時計屋さんに美容師さんと手に職を
持っており、他の方などもあまり会社員、ってのがいない。
そのせいか「手に職、ちょっと欲しいかも」と思ったり。

今の御時世、手に職がある位じゃ厳しい、ってのも
至極承知しておりますが、つぶしがきかない私より
ずっとましじゃないか?なんて思う今日この頃(;^^)。

う~ん、人生もっとポジティブにいかないといけんのか。
しんどいのぉ・・・

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ビブリア古書堂の事件簿6 三上延

TVドラマ化からもう2年??
シリーズ6,が出て友人が貸してくれました。

「ビブリア古書堂の事件簿6 三上延」

 

読了です。

太宰治の『晩年』を奪うため、
美しき女店主に危害を加えた青年。

ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。
今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという
奇妙な依頼。

署名ではないのに、太宰自筆と分かる
珍しい書きこみがあるらしい。
本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。

四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。
それには二人の祖父母が関わっていたのだ。
過去と現在、まるで再現されるかのような
奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。
それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

********************************
1巻目の「太宰治」ネタが再度ぶり返します。
女店主にケガを追わせた男が再登場。

う~ん、これはそろそろ終わりが近いか?と思っていると
案の定、あとがきで筆者さんが「次かその次で・・・」と
書かれているので、やきもきせずに済みそうです。

こうやって図書館で借りているシリーズ本、かなりある。
(これは友人が貸してくれるんだけど)
いずれも途中で飽きそうだな、と思ってはいますが
忘れた頃に予約を入れるとあっさり借りられるローカルさ。
それらは気長に待とうと思います。

しかし、図書館に行くと不安になる事も。
私が「これ!読みたかった!」と予約を入れた本、
読み終わって気づくと、本棚に並んでいる・・・
誰も興味なかったんかい?!私結構待ったよ?!

ってな事が多いんですよね・・・。
隣の市の図書館じゃ、半年経過しても借りられないのに。
どんどん本を読んで欲しいものです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

最後の恋、って??

先日会った友人から聞いた友人夫婦共通の知人の話。

独身のAさん、結婚願望はあるんですが、いかんせん
年齢を重ねる毎に、出会いの機会が減っていました。
そんな折、友人からBさんを紹介されました。

年齢も範囲内で、週に1回程度のデートを重ねてきました。
お互い年齢的に考えても結婚を前提に、と言う状態。
特に女性の方は「子供が欲しい」と言う思いが強く、
40代前半の年齢だけに、あまりのんびりもしていられない。
 ※男性は50歳。

ところが&ところが、
どうしても生理的に受け付けない」んだって(;^^)。
デートに来てくる服はユニクロ。ここは「あ、堅実な人なのね」
と良い見方、できなくもない(;^^)。
会社員ながら、「外国人に日本語を教える教師資格」を
取ろうと、学校に通う頑張りやさん。
以上、長所終わり、だって(;^^)(;^^)

短所を聞くとまぁ出るわ出るわ・・・
(あまり詳しくは書きませんが;^^)、で、結論。

Hしたい、と思えない」&「手を握りたいとも思えない」・・・
それでも「これが最後の恋かもしれないから」と思うと、
「ごめん、無理」と断れない・・・

結婚したい、子供が欲しい
でもこの人に性的魅力も感じないし、生理的に受け付けない
でも最後の恋かもしれないから・・・
散々苦悩して、相談してきたんだとか・・・。
「一体どうしたら良いと思う??」

一緒に話を聞いた私ともう一人は声を揃えて
「それは縁がなかった、ということでダメでしょ」と回答。

どちらかと言うと友人より友人の旦那と仲が良いAさん。
もっぱら相談は友人旦那にしているそうですが、
友人旦那も「無理だと思うけど、『最後だから』と
この機会を手放せないAさんを見ていると無責任に
『辞めちゃえ』とは言えない」と困っているんだとか。

さて皆様ならどうします?
Q.どうアドバイスすべきか?
Q.自分がAさんならつきあいを先に進めますか?

友人がこの話を持ちだしたのは、お店を出て、駅へ向かう
途中・・・そこから1時間位?立ち話(;^^)。
昼からずっと会っておしゃべりしてたのに、最後の最後で
爆弾が出てきましたよ(^o^)。
最後の1時間が一番盛り上がったような・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2015.03月のランチ Bucas

1ヶ月ほど前にこの本を紹介しました。

ランチパスポート 千葉版

千葉市中央区のお店を掲載したグルメ本。
ここに載っていて&結構何度も記事を書いている
このお店に、このパスポートを持って行ってきました。


店名 ブーカス Bucus
ジャンル ダイニングバー
TEL 043-246-5777
住所 千葉市中央区新田町11-12 松永ビル 2F
交通手段 JR、京成、モノレール千葉駅 徒歩5分

このパスポート本に載っているパスタをオーダー。
生ハムと揚げ茄子のトマトソーススパゲッティ
サラダもついてくるんですよね。

Img_0737

&デザートとドリンクも頼めます。食後にコーヒーを。
Img_0738

こちらのお店ではいつもプレートランチを頼みます。
●●だけ、って料理は飽きちゃう”お子様ランチ好き”な
私なのでパスタだけとかってあまり頼まないんですが、
これだけついて
540円

うん、かなりお得な本でした(^o^)。
この後、別のお店でドーナツとコーヒーかなぁ、と
思ってたんですが、友人から連絡があり、急遽別のお店へ。
そこで、ひたすらおしゃべりして過ごしました。

なお、こちらのBucasさん、「昼の女子会プラン」があります。

Bucas

先日は友人3人でこのプランでも行って来ました♪
ただこちらは開始早々一気に「おしゃべりモード」。
食べ物の写真を撮る暇もなく、しゃべり尽くしましたです、はい。

でも飲み放題付で1,480円って素晴らしい♪
冷製のカルパッチョ・生春巻・サラダ・パスタ・ピザ・デザートの
6品で結構お腹いっぱいになりました。
土曜日の昼間から生ビールで乾杯!って良いですな(^o^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ


| | Comments (3) | TrackBack (0)

厭世フレーバー 三羽省吾

厭世:世の中をいやなもの、人生を価値のない
ものと思うこと

なんて今の自分にぴったりな!とつい手に取った
厭世フレーバー 三羽省吾


読了です。

リストラされた父親が失踪。
14歳の次男は陸上部をやめ、
17歳の長女は優等生をやめ、
27歳の長男は家計のために肉体労働。
42歳の母は昼から酒浸り。
73歳の祖父はボケが進行…。

残された5人、それぞれの思いと、
次第に浮かび上がる須藤家の秘密。

***********************************
以前読んだ「ツリーハウス」角田光代、とか
幸福な食卓」瀬尾まいこ、とかとあまりにも
近く、結構続けて読んだせいか・・・

先般「路地裏ビルディング」の作家さんの本で
意外と面白かったのと文庫本だったので、
「読んでみるか」と手に取ったものの、
同種のものを続けて読んじゃったせいか、
デジャヴュを感じてしまいました。

家族皆の立場で「父の失踪」と言う事実に対し、
どう思っているのか?どう感じているのか?
どう、対処しているのか??書いてあり、皆
「へん!こんな世の中なんて」と思っているのが
ありありと分かります(;^^)。

それでも、家族を何とか再生させようと努力し
徐々に方向が分からなくなっていた「家」と言う船を
各自があちこちでバランスを取りながら何とか
方向を決めて進もうとしている展開は面白い。

最近、こうやって「父が父であること」
「母が母であること」を辞めてしまう人、
多いんですかね??
そしてそうなった時にバラバラになってしまう家族、
何とか再生しようとする家族、どちらが多いのかな?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ブランケット・キャッツ 重松清

思い通りにならないことに敏感になった、って言うか
怖くなったって言うか、
そうだ、免疫って感じ?

以前だったら気にならなかったことが
ひっかかる。
「まぁいいや」で済ませていたことが許せなくなる


2泊3日、毛布付き。
レンタル猫が我が家にやってきた。
リストラされた父親が家族のために借りた
ロシアンブルー、
子どものできない夫婦が迎えた三毛、
いじめに直面した息子が選んだマンクス、
老人ホームに入るおばあちゃんのために
探したアメリカンショートヘア・・・。

「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った
温もりと小さな光を描く7編。
************************

「ネコの話」は好きです。
とは言え「スメラギの国」はNo Thank youですが(;^^)。

レンタルネコ、って設定は面白かった。
しかも、「毛布付」。
この毛布はネコの匂いが染み付いたもので、
どんな家にどこへ言ってもそのネコがネコで
いられるのは毛布のおかげ。

レンタルネコに選ばれるネコは皆能力が高く
しつけもきちんとしているエリート集団。
ファイルの中には前述の「三毛」や「アメショー」、
「ロシアンブルー」など色々いますが、
最終頁の「雑種」だけはご注意を。

目つきが悪く、親玉のような顔をしている
そのネコは若干扱いづらいかもしれません。
でも、一番泣けました、はい。

冒頭の一文は1章目、子供のいない夫婦が
レンタルする話に出てきました。

これがね~しっくり&じっくりしみましたわ。
最近、私もすごくこう思うことが多いんです。
歩道を自転車で我が物顔に走る人、
右側通行を守らない人、これが、歩きスマホなんか
してた日にゃ・・・「お前、そこになおれい!」って。

心小さいなぁ、って思う一方で、「私が悪いの?」と
思う事もあり・・・。
子供とかいると、思い通りにならない事たくさん、
周りに面倒かけて、肩身が狭くなったり、
幾ら自分がちゃんとしててもそうならないことが
あるんでしょうが、自分しかいない、ってのは
気楽なようで、「免疫」がないって事ですからね。

今、小学校の校庭で遊ぶ声がうるさい、って苦情が
入ることがあるそうです。
保育園なども、子供を遊ばせるのに、窓を閉めて
声が外に出ないよう注意するとか。
そもそも建設しようとすると反対運動が起きる、と。

「免疫」がない方が自覚しないと無理なんでしょうが、
自分は悪くない、と思ってしまうから質悪いっすな(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

江ノ島&鎌倉2

そういや、昨日の「お出かけ記事」で、
紹介しなかったけど、おいしいもの食べてきたよ♪

江ノ島ではこれ。「魚見亭」さんと言うお店で、
「甘エビとしらす丼」
Dscn5232

残念ならが訪問時は「しらす禁漁期」で、「生しらす」は
食せませんでした~。でしょうがないからこちらの「生」を。

Dscn5231

昼間からビール、ってのがお休みの醍醐味ですのぉ(^o^)。

そして、会社などの友人らへの「おもしろ土産」はこちら。
「金の大仏飴」 べっ甲飴ですね。
Dscn5237

1つ1つ、きちんと「大仏様」なんですよ♪。
Dscn5241

それと、「まめや」さんの「おまめ」です。
左から「梅味」「オレンジショコラ」「フランボワーズ」。
Dscn5239

これはおいしかったです♪
大仏へ行く途中にあるお店で購入しましたが、
鎌倉駅前にもありますので、どちらでも。
季節限定の色々な味があるのと、試食が豊富でした(^o^)。

カメラを持参してもほとんど撮らずに終わっちゃいました。
先生と一席設けたお店も写真を撮らずに終わり・・・。
でもまぁ、楽しかったから良っか♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

江ノ島&鎌倉

昨年11月の初めに同窓会に参加しました。
大学時代の友人らと旧交を温めて、
それは楽しかったです。

そこで、盛り上がり「もう一度会おうよ!」となり、
更に大学を退職しても相変わらず忙しい先生の予定に
合わせ一席設けよう、どうせなら昼間から会って
皆で遊ぼう、と(^o^)。

幹事になった2人が音頭を取り、
先日、恩師の住む鎌倉へ出かけてきました。
関東近郊から集まるメンバーの為、一度東京駅集合で
そこから江ノ島へ行くことに。

Dscn5229

きれいな富士山が見えてたんですよ・・・(;^^)
カメラに映らないものですな。

幸いお天気は良かったんですよ。
その分、人出は多かったですが、冬の海だけに・・・
良かったです、はい。
Dscn5230

お参りして、おみくじ引いたり、銭洗ったり・・・
その後、江ノ電で移動し、こちらへ。
国宝 鎌倉大仏 ですっ。
Dscn5235

まぁ人がいっぱいでした~。
自撮り棒、でしたっけ?あちこちで見かけましたね。
日本語以外の言葉も多く聞かれました。
彼らは楽しいんかな??

Dscn5236

私は大仏さんはこの横顔の方が好きです(^o^)。
なんかやさしい微笑み、って感じがね。

大仏から鎌倉駅まで歩き、先生と待ち合わせ、駅近くの
お店で一席。その後、先に帰られた先生を除き
2次会へ。帰りの電車の中は全員爆睡、でした。

子供の課外活動に行ってから参加したり、
連日23時残業なのに参加したり、
自宅へ帰れないけど、最後までいたり・・・

はっきり言って、40も半ばを過ぎた男女7人が、
大学時代と変わらないはしゃぎ方、ってのは
周りからどう見えていたんだろ?と思うと、
怖くなったりもしますが、楽しい一日でした。

そういえば日曜日の15日は大学の卒業式。
私の頃とはやはり時代が違う(;^^)、ようですが、
社会へ巣立つ彼らに祝いの言葉を送ります。
全力無意味 全力無謀、全力本気
あぁ、また「キケン">」が読みたくなりました(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2015年ホワイトデー

さて、バレンタインデーからもう1ヶ月。
ホント、早いです、毎日が。
ってか、もう3月、ってのにビックリしています。
今年ももう1/4終わった、って事でしょ?

昨年怒涛の1年に輪をかけて、
人生もお肌も、坂道滑り落ちてる~、って感じ(;^^)。
もう笑うしかないっす。

こうなったら「やけ食い」ならぬ「やけチョコ」かな。
今年頂いたものをご紹介。

Dscn5245

左上は「メリーのロペ/ピクニック コラボチョコRPP-8」
左下も「メリー クッキーセレクテッド CK-GO」

右側の2つは色で分かるかな??
2つとも「GODIVA」ですっ。
右上が「チョコレート8個組G-20」、
右下は「クッキーアソート8枚入 GDC-1」

チョコレートの方は「これ高いだろ・・・」とつい
お金を出し合って買ったのか聞いちゃいましたよ(;^^)。
やっぱり「TVの影響」かな??GODIVA、すごかったから。

12月に会社が移転した、って話をサラッとしたんですが、
今までと違い、昼休みにちょこっと買物へ、とかって
できなくなりました_| ̄|○。
そのせいか、皆「備蓄食糧」を用意しています。
部署によっては、大きめの缶を用意して、そこ寄せ集めた
お菓子をためていたり・・。

私はどちらかと言うと「梅干し」とか「煎餅」、
「ドライ納豆」など、塩辛い方が好き(;^^)ですが、
今回はチョコとクッキーが2種類ずつ。
会社の備蓄食料にさせて頂きます(^o^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『アメリカン・スナイパー』

彼は帰ってきた 戦場に心だけ残して・・・

『アメリカン・スナイパー』

201502_p

観てきました。

アメリカン・スナイパー(2014)
AMERICAN SNIPER
メディア 映画
上映時間 132分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2015/02/21

ブラッドリー・クーパー/ クリス・カイル
シエナ・ミラー/ タヤ・カイル
ルーク・グライムス/ マーク・リー
ジェイク・マクドーマン/ ビグルス

2001年のアメリカ同時多発テロをテレビで
目の当たりにした青年クリス・カイルは、
祖国の人々を守るために貢献したいとの
思いを強くし、ネイビー・シールズで
狙撃手としての過酷な訓練に励んでいく。

やがてイラクに出征したクリスは、
その驚異的な狙撃の精度で味方の窮地を
幾度も救っていく。

仲間たちから“レジェンド”と賞賛される活躍をし、
無事に帰国したクリス。これでようやく、
愛する妻タヤと生まれたばかりの長男と共に
平穏な日常を送れるかに思われたが…。

***********************************

静かな狂気、と言う言葉が似合います。
狙撃手って、トイレにも行けないんですね(;^^)。
あ、まぁ戦場でそもそもトイレに行けるか、って
突っ込まれれば何も言い返せないですが(;^^)。

「911」で決意した入隊後、狙撃手として4回派遣。
公式戦果で160人、非公式で255人を殺害。
そりゃ懸賞金かけられますよね・・・。

それだけの結果が残せた彼に残されたものは
「PTSD]や「燃え尽き症候群」と言う言葉では
片付けられない強烈な衝動。

そんな彼の支えが帰還兵や障害兵、引退兵らを
支援する活動。しかし、そこで・・・
って展開です。
これは、彼の葬儀時の映像(おそらく実際の映像)を
見ていると私でさえ心が震えてきます。

残念ながらアカデミー賞では振るわなかったものの、
興行収入がすごい、と言うのも分かります。
昨今の世の中で、彼を英雄扱いする訳ではないですが、
こういう人がいた、こういう人について知ることができた、
と言う点で観て良かった作品です。

さすが、クリント・イーストウッドやのぉ~、って感心。
最近の彼の作品、ほとんど観てます&面白いです。
実在の人物をモデルにした作品でここまで面白いって
そうそうないのでは??

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『悼む人』

あなたは思い出す。
誰を愛し、誰に愛されていたのか・・・

『悼む人』
201502_ab

観てきました。
上映時間 138分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東映)
初公開年月 2015/02/14

不慮の死を遂げた見知らぬ人々を<悼む>ために
全国を旅する坂築静人。
彼の<悼む>とは、死者が生前、誰に愛され、
誰を愛したかといったことを調べ、
亡くなった現場で彼なりの儀式を行うことだった。

そんな静人と出会った雑誌記者の蒔野抗太郎は、
彼の真意が分からず取材を始める。
さらに、夫を殺めた過去を持つ女性・奈義倖世が
静人の旅に同行するようになる。

そんな中、静人の実家では、末期ガンで闘病中の
母・巡子を心配する家族が静人の帰りを願っていたが…。
*********************************

原作を読んで記事で紹介したのが2013年1月。
そっかぁ、2年も経つとやはり細部まで記憶しているのは
無理か(;^^)。
大筋だけは覚えていたものの・・・。

今回の映画化は原作者の天童荒太氏も参加。
それだけに「悼む」と言う事、静人の行動や
彼への偏見など、すごくわかりやすかったです。

自分ではわかったつもりでいたけれど、
万人向けに説明してもらうと「あぁ、そうそう!
それが言いたかったの!」とつい声を出しそうに。
噛み砕いて分かりやすかったです。

それでも「石田ゆり子のベッドシーン!」とかって、
そういう方しか注目されない、ってあるんですね。
生きるという事、死んだという事、その境目や
裁くという事、様々な考えについて議論して欲しい。

静人のように知らない人への悼みもするべきだろうけど
自分の手なんてちっぽけなもので、手に抱えきれる量は
決して多くない。
幸いにして自分が悼む相手はそれほど多くないけれど、
TVなどを見ていて、ふと、「あの人はどんな人だったのか」
想いをはせたりします。

特にここ数日はTVも新聞もすごかった。
様々な方の人生や人となりを紹介していました。
数だけ聞いていてもピンとこないものが、
その人の人生の履歴書を紹介されると、本当にひどい
災害だったんだな、と改めて考えさせられました。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

原発ホワイトアウト 若杉烈

キャリア官僚による、リアル告発ノベル、
「原発ホワイトアウト 若杉烈」

読了です。

再稼働が着々と進む原発……
しかし日本の原発には、国民が知らされていない
致命的な欠陥があった!
この事実を知らせようと動き始めた著者に迫り来る、
尾行、嫌がらせ、脅迫……

包囲網をかいくぐって国民に原発の危険性を
知らせるには、ノンフィクション・ノベルを書くしかなかった!

**************************************

東日本大震災から早4年、ですね。
TVではちょっと前から特集をやっており、
最近NHKなどを見ているせいか、特集を見る機会も
多く、4年経つのに変わらないもの、変わったもの、
多々あるかと思います。

2015年2月末現在で避難者数は約22万9千人。
福島は一番多く72,790人、との事。
なのに「常磐自動車道全線開通!」なんて
浮かれているかのようなNewsが流れる今日この頃。

結局国が介入しないのには理由があるんだなぁ、と、
&↑この本に書いてある事が真実ならば、
日本国民、ってのは良いように遊ばれてるのね、
ってか、日本国民って面白い民族だなぁ、と
呆れ&怒るのを通り越して、笑っちゃいます、はい。

「伏魔殿」(見かけとは裏腹に、かげでは陰謀・悪事
などが絶えず企まれている所)なだけあるわ~。

はっきり言ってめちゃ難しいし、話としては面白くない。
読んでいくと「もういいよ」と思いたくなる。
それでも国民は知るべきで知らなきゃいけない事で、
「再稼働ありきの再検査」という言葉の真の意味を
知るとホント怖い。
&国民の代弁者たる政治家の「脚をひっぱり」「失脚させ」
&国民に真実をしらしめるマスコミも・・・

なんかホントすごい。
最後のクライマックスを読んで「本当にこんな事が
あったら良いのに~」とつい思ってしまった私は
昔なら国家反逆罪、で憲兵さんに連行されちゃいそう。

完全なる復興はいつになるんでしょうかね・・・。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たんぽぽ娘 ロバートFヤング

もし来られなかったときのために-
思い出のために-
いっておきます。
あなたを愛しています

たんぽぽ娘 ロバートFヤング (訳)伊藤貞夫

読了です。

**********************************

たんぽぽ色の髪が風に舞う、未来から来た女はいった。
「おとといは兎を見たわ、きのうは鹿、今日はあなた」…

以前TVドラマにもなった「ビブリア古書堂」シリーズ。
友人が揃えているので、借りて読んでます。
その1作目に紹介されていた作品で、
「ビブリア~」持っている友人が貸してくれました。

どうやら有名なイラストレーター(牧野鈴子)さんが
描かれている復刻版とのこと。

古典SFと言うジャンルの本ですね。
話自体は短編です。「あれ?もう終わり?」と
言うくらい薄くて文字が大きくて読みやすくて・・・(;^^)。
私は「夏への扉」の方が好き、かなぁ。
ま、ネコが好きだから、ってのがあるんでしょうが(;^^)

これぐらい古典的な方が最近は好きです。
安心して読んでいられる。嫌な気分にもならないし。
大人のための絵本、って仕様です。

タイムマシンがあったらどこへ戻りたいですか?
先日会った友人は「大学時代に戻りたい!」と
めちゃ叫んでおりました。
ま、大学時代の友人らの会だったのでそう思ったんだと
思うんですけどね。

私?私はいつに戻りたいだろう??
今振り返ると分岐点はいくつもあり、あそこであっちを
選択していたらどうなっていたか?妄想することもあるけど
ま、ありえない仮定の話してもしょうがないし、
どうせ戻っても同じような人生なんじゃないのぉ?と
終わりにしちゃいそうな自分が怖いです・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『アニー』

とぅもろぉ~♪とぅもろぉ~♪でお馴染みの
『アニー』

201501_annie

観に行ってきました。
ANNIE/アニー(2014) ANNIE
メディア 映画 上映時間 118分
製作国 アメリカ
初公開年月 2015/01/24

出演:
ジェイミー・フォックス/ ウィル・スタックス
クヮヴェンジャネ・ウォレス/ アニー
キャメロン・ディアス /ハニガン

NYマンハッタン。携帯電話会社のCEOで
市長選当選を目指してキャンペーン中のスタックスは、
車にはねられそうになった10歳の少女アニーを
偶然助ける。

元来が子ども嫌いのスタックスだったが、
アニーを利用すればイメージアップにつながると考え、
彼女を引き取ることに。

一方しっかり者のアニーも、有名になれば
両親が見つかるかも知れないと、スタックスの姑息な
計画に便乗し、協力するのだったが…。

********************************
このミュージカルは見てないです。
歌は有名すぎる位有名だから、知ってたけどね。

ウィル・スミスが制作に加わっているんですが、
最初、彼は自分の娘をキャストにしようとしていたとか。
ところが、当の娘から「私は普通の生活がしたい」と
あっさり断られたんだとか・・・(;^^)。
で、オーデションでクヮヴェンジャネが選ばれたとか。
  →う~ん、言いにくい”Quvenzhané Wallis”ちゃん。

そうそう、アニーのニセの母親役で彼女が出てた♪
トレーシー・トムズ Tracie Thoms

201501_anniett

RENTでお馴染みの彼女。
RENT(映画)から随分時が過ぎ(気づいたら10年目だぁ)、
彼女とイデナ・メンゼル、は最近すごいっ。

イデナなんか、RENTは知らなくても「レリゴ~♪」は
知ってる人、多いんだろうなぁ(;^^)。
5月には来日公演とかしちゃうしね。

話がずれた。
まぁ、ミュージカル映画は好き嫌いあると思います。
私も以前は食わず嫌いじゃないけど、好きじゃなかったし。
それでも、元気とパワーがもらえるんですよね。
だからつい観に行っちゃう&口ずさんじゃう。

元気とパワーが欲しい方、お勧めです(^o^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

銀翼のイカロス 池井戸潤

オレは基本は性善説だ。
だが、悪意のある奴は徹底的にぶっ潰す・・・

「倍返しだ!」の半沢直樹シリーズ第4弾!
「銀翼のイカロス」 池井戸潤

読了です。

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、
500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと
激突する。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い
・・・プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?********************************

いやぁ、借りるのに時間かかりました。
なのに、結構あっという間に読んじゃったなぁ(;^^)。
読みにくい本なのに(;^^)。

私この作家さんの本って苦手な方です。
感動できない、共感できない・・・。
悲しいシーンなのに感情移入できない、ってつらし。
それでも返り咲いた半沢がどう立ち向かっていくのか?
展開が知りたくて頁を繰ったようなものですわ。

「下町ロケット」「空飛ぶタイヤ」など、
社会派な作品が多いんで面白いんですけどね。
今回も銀行という私の知らない仕事場を舞台にしており、
TVドラマの影響もあり、楽しみではあったんですが、
善と悪が非常に分かりやすい&分かりやす過ぎるのが
ちょっとねぇ。

TV的と言うのかなんというのか・・・
「ここで効果音!」と容易に想像できちゃう・・・。

どちらかというとひねって「まさか、お前が?!」ってな
驚きの展開、の方が遊ばれてる感が強くて好き(^o^)

しかし、世の中って汚いっす。
富と権力に踊らされて、後始末をするのは下っ端。
う~ん、こういう世の中じゃ未来は明るくないなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

さよならの手口 若竹七海

警官にさよならを言う方法はまだみつかっていない
           レイモンド・チャンドラー

さよならの手口  若竹七海

読了です。

仕事はできるが運の悪い女探偵・葉村晶が帰ってきた!
探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、
古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。
入院した病院で同室の元女優に二十年前に家出した
娘探しを依頼される。
当時娘を調査した探偵は失踪していた――。

**********************************
そうだった、そうだった。
葉村さん、あなたは『ウンが悪い』人だった・・・。

あらすじでは「白骨死体を発見して負傷」ってさらっと
書いてますけど、それだけじゃないっすよ。
前作では「ふらん☓☓にダイブ」したっけね(;^^)。
「骨は折れると強くなる」なんて強がりは良いから、と
言いたくなります。

以前は古いビルに住んでいたんだけど、
老朽化で壊すことになり、知り合いのつてて、
シェアハウスに暮らす葉村女史。

金無し、仕事なし、男無し、友だち無し、の
ないないつくしながら、ある意味「さっぱりしてて
身軽だなぁ」と羨ましくも思う生活です。

そんな彼女がひょんな事から、探偵業を再開、
1つ、2つ、3つ、と謎の山を越えていく内に
物語はクライマックスへ。

うん、以前読んだ古い作品より面白くなってるよ~。
ついついニヤニヤしちゃったり、(* ̄m ̄)プッと
吹き出しちゃったりしましたよ、はい。
彼女のぼやきがね、面白いのさ。

「探偵業の業務の適正化に関する法律」なんてのに
首しめられて、ついでに警察に首根っこつかまれて
望まない仕事させられて・・最後の最後に

「え?探偵業?届けだしてますよ、うち」と
バイト先の古本屋の店長にあっさり言われるとは・・

探偵業の届け出:
警察署経由で公安委員会に書類を提出して、
手数料3,600円払うだけ。特に資格試験等はなし。

最後のセリフもふるってる~!
冒頭の「警官にさよならを言う方法」ってのが
最後の最後に効いてきます~。

思わず冒頭に戻って、この文言読み直しちゃいました。
もう一度最初から読み直してみようかなぁ。
結構初期の作品は読みにくいけど(;^^)

プレゼント(1996年5月 中央公論新社)
依頼人は死んだ(2000年5月 文藝春秋)
悪いうさぎ(2001年10月 文藝春秋)
暗い越流(2014年3月 光文社)※葉村晶シリーズ二編収録
さよならの手口(2014年11月 文春文庫)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

小暮写眞館 宮部みゆき

宮部みゆきの新しい本を読み始める時、
僕はいつも、ちょっとだけ憂鬱になる。
読み始めたら、いつか読み終えてしまうからだ・・・

          兵庫慎司(ROCKIN'ON)

そうそう!正にそう!な
「小暮写眞館 宮部みゆき」


読了です。

家族とともに古い写眞館付き住居に引っ越ししてきた
高校生の花菱英一。変わった新居に戸惑う彼に、
一枚の写真が持ち込まれる。
それはあり得ない場所に女性の顔が浮かぶ
心霊写真だった。

英一の小学生の弟、光(ピカ)の様子がおかしい。
友人のテンコによれば、彼は写眞館の元主(もとあるじ)、
小暮さんの幽霊に会いたいのだという。
そして垣本順子、英一と家族、各々が封印してきた過去が
明らかになる。・・・

*************************************

帯にね「ラブストーリー」って書いてあったの。
でも読んでてもなかなかそう思えなくって、
「いや現代推理モノじゃね?」って思ってたけど
読み終えて納得。 うん「ラブストーリー」だね。

どこがどう、と言うのは読んで感じて下さいな(^o^)。

こちらも買ったまま勿体無くて読めなかった本です。
はっきり言って「東野氏」の作品よりもったいなさを感じる、
好きな作家さんです。

まどろっこしいところが嫌いと言う方も多いですが、
そこが好き(^o^)。
じっくり&コトコト煮込んだスープ、みたいな完熟さ、
そんな簡単に心が動くわけないでしょ?と
言われているような感じがね~。

古い写眞館を軽くリフォームして越してきた家族。
中心人物は高校生の英一なんですが、誰が主役を
はってもおかしくないでしょ、って感じの濃いキャラ。

彼らが不器用に必死に世の中を生きていく様は
読んでいてつい応援したくなります。そして応援する事で
自分たちも応援されている気分になるんですよね。

時間はかかります。かなり分厚い上下巻。
それでも最後1/3位からは「あぁ終わっちゃう終わっちゃう」と
冒頭の気持ちになります。

今回これが読み終わって、次に待つのは
「ソロモンの偽証」全5巻。
今週末には映画も上映される、と言うことで
まぁ映画は期待してないのですが(;^^)、
本の方はいつから読もうか、考えている最中です。

読み始めたら読み終えないと気がすまない、
でも読み終えちゃうのが惜しい・・・
う~ん、ってジレンマを楽しんでいる今日このごろです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

白紙なのだから、どんな地図だって描けます。
すべてがあなた次第なのです。
何もかもが自由で、可能性は無限に広がっています・・・

感動ミステリーの「ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾」

読了です。

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。
そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。
廃業しているはずの店内に、突然シャッターの
郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。
時空を超えて過去から投函されたのか?
3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に
代わって返事を書くが……。

************************************
うん、東野氏のこちら、良かったです~。

刊行直後に購入したのに、読むのが勿体無く
つい本棚に・・・(;^^)
そりゃ本末転倒ですな。。。

いい本ですね。映像が浮かびます・・・
つい「この配役は彼かなぁ」とか「3人選ぶなら・・」とか
考えながら読んじゃいました。

最後にはこんがらがった糸がするっと解けるような
爽快感。つい(T-T) ウルウルとしながら読了しました。

悩み事相談、誰にしますか?
友人、恋人、家族、同僚・・・
以前同期の友人が「会社の細かい事情とか
説明できないから、友人には本音で相談できない」
と言ってた事を思い出します。

だからつい愚痴のこぼしあいになっちゃって
「うんうん、分かる」と同調されるのも
「そこはこうじゃない?」と指摘されるのも
なんか「違うような気がする」と。

そもそも言う方が「明確な解決策が欲しい」のか
「ただ愚痴を聞いて欲しいだけなのか」どっちなのか
分かってない事が多く、腑に落ちないだけの
時間を過ごす事になってしまうと辛いのかも?

心理学勉強したカウンセラーさんならそこら辺
分かって対応してくれるのかな?
多分「ナミヤ」のおじさんはそこら辺を長年の
人生経験と勘で分かるんだろうなぁ。
途中で若者3人が回答しちゃったのはご愛嬌(^o^)。

先日、大学時代の友人らと会ったんですよね。
当時は携帯もネットもない時代。
かろうじてポケベルがあった位。

あの頃に今が想像できたか??無理無理(;^^)。
あの頃に登場人物のように色々な情報をもらって
それを活かしきれたか? 無理無理(;^^)。
それでも(いやだからこそ?)楽しめた時代でしたわ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『96時間 レクイエム』

ついに、 父の暴走が 終わりを遂げる・・・

『96時間 レクイエム』 TAKEN 3
201412_96p

観てきました。「最後」だと言うし・・・(;^^)。

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 フランス
初公開年月 2015/01/09
ジャンル アクション/サスペンス

トルコで犯罪組織を壊滅させ、住み慣れた
ロサンジェルスへと戻ってきた元CIA秘密工作員の
ブライアン。

平穏な日常を取り戻したかに思われた矢先、
元妻レノーアがブライアンの自宅で何者かに
殺されてしまう。

しかもその容疑者として指名手配、心ならずも
警察から逃げ回るハメに・・・
*************************************
前作から2年。だけど映画ではすぐ、の設定なのね~。
おかげで話を思い出すのに冒頭数分を費やしました。
しかも、元妻が死んじゃうとは・・・。

まぁ、前作でも「再婚相手の旦那、感じ悪い~」って
思ってたから、多分こいつだろ、と思ってはいたけど。
ここまでひどい相手となんで再婚したんだろ?と
ちょっと元妻の男を見る目を疑いましたわ(;^^)。
私に言われたくないだろうけど^^;

彼の昔の仕事仲間、彼を追う刑事、元妻を殺した男・・
良いキャストばっかりでしたね~。ってか男っぽい。

映画批評家の間では賛否両論、だったそうですが、
私は十分楽しめましたよ。
どれだけ話が盛り上がれば気が済むんだ??って
位のてんこ盛りでしたけどね~(^o^)。

最近映画を見に行く元気と時間がなかなか
取れなくて…・しかもサイクルが妙に速くて、
「あ、この映画」と思ったら上映時間が少なくなってて
行けなくなったり・・・。

そんな急いでどこ行くんだろ?皆・・・(;^^)

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »