« ST 警視庁科学特捜班 今野敏:伝説 | Main | 蓮丈那智フィールドファイルⅠ~Ⅳ 北森鴻 »

『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』

原作本も紹介しちゃったし、こりゃ早く
映画を観に行かないと~、と行って来ました。

『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』

201501_stp

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2015/01/10

囚人の脱獄事件を引き起こした天才ハッカー鏑木徹の
焼死体が発見され、容疑者として警視庁科学特捜班
STリーダー赤城左門が逮捕されてしまう。

リーダー不在のSTは解散を余儀なくされるが、
そこへ拘置所から赤城が脱走したとの知らせが。
そして皮肉にも、赤城を捕まえるためにSTが
再結成されることに。

2日後に異動を控えた“キャップ”こと百合根友久も
捜査に参加する。赤城の無実を信じる彼は、
やがて事件のカギを握るあるコンピュータ・ウィルスの
存在に辿り着くが…。

************************************
TVドラマの集大成を映画で、と言うのは良くあります。
これもそうですから、まぁ気楽に観てきました。
記憶も新しいですし、「あぁそう、この空気」って(^o^)。

口が悪い赤城左門(ってかSTメンバー全員口悪い;^^)、
でも心は熱い、のよね~。もう結構感動しちゃいました。
また、そんなリーダーについていこうとするメンバー。
彼らがその専門分野で活躍する様は爽快ですね~。

逃亡する赤城左門に対し、プロファイルで逃亡先を
推理しようとする青山(志田未来)。
得意の聴覚で、拳銃とモデルガンの違いを見抜く翠。
嗅覚で、人間関係を推理し秘密情報を得る黒崎に、
現場に落ちていた土から隠れ家を推理する山吹。

そんな彼らに振り回される百合根も今回はすごい!
彼のスゴイところは、驕らない(おごらない)ところ。
そして、ちゃんと学習するところ。
クライマックスでは、赤城並の推理を披露し、
更にその上を行くかのような活躍でしたっ。

この作品は細かい部分を話しちゃうと興ざめ。
細かい伏線があり、冒頭のこれがこうつながるのか、
ここのこれが最期に効いてくるのね~、とか
若干「あざといかな」と思う事もなくはないけど、
うん、面白かったです。

クスクス笑って、大口開けて笑って、ドキドキして、
涙ぐんだりして・・・。
まぁ映画館で、とは言いませんがレンタルでどうぞ。
あ、ドラマを見てからの方が良いですけどね(^o^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

|

« ST 警視庁科学特捜班 今野敏:伝説 | Main | 蓮丈那智フィールドファイルⅠ~Ⅳ 北森鴻 »

映画2015」カテゴリの記事

Comments

ドラマも知らないので、映画がドラマ続きって事も知りませんでした。
最近多いですよね。ドラマと映画の連携プレー♪笑。

Posted by: mahalobunny | February 13, 2015 at 06:06 AM

やっと木更津にも映画館が出来たので
これからはDVDを待たずに済みます

カニは自宅にも送ったのですが
ちゃんとしたものでした
信用できるオッちゃんで良かったです

Posted by: もりぞ | February 12, 2015 at 10:43 PM

ドラマは娘担当なので、見ませんでしたが
娘の好みではなかったのかなあ?

Posted by: ジャランこ | February 12, 2015 at 10:13 PM

このドラマも見てないです。

今日nanagonの学校からおすすめ本のお知らせありました。

・「NO.6」あさのあつこ著
・「くちびるに歌を」田中永一著
・「へんたて」青柳碧人著

Posted by: nanamama | February 12, 2015 at 09:10 PM

こちらも見てないです。

Posted by: オサムシ | February 12, 2015 at 06:37 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61120844

Listed below are links to weblogs that reference 『映画版ST 赤と白の捜査ファイル』:

« ST 警視庁科学特捜班 今野敏:伝説 | Main | 蓮丈那智フィールドファイルⅠ~Ⅳ 北森鴻 »