« 往復書簡 湊かなえ | Main | 水族館ガール 木宮承太郎 »

旅屋おかえり 原田マハ

ほんと旅って不思議ですよね。
出かけてみると、いろんな発見がある。
新しい出会いがある。
出かけてみなくちゃ、何が起こるか分からない。
だから、とにかく出かけてみませんか。
心の洗濯、ひと休み。
それでは皆さんご一緒に。旅に出ようよ、明日から。
いいことあるよ、大丈夫!

「旅屋おかえり  原田マハ」

読了です。

あなたの旅、代行します!売れない崖っぷち
アラサータレント“おかえり”こと丘えりか。
スポンサーの名前を間違えて連呼したことが原因で
テレビの旅番組を打ち切られた彼女が始めたのは、
人の代わりに旅をする仕事だった―。

満開の桜を求めて秋田県角館へ、
依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。
おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく・・・
**********************************

図書館の文庫本棚に並んでいた本。
原田マハさんは「楽園のカンバス」や「カフーを待ちわびて」
の2作品を読んでいます。

発想が面白い、んですよね。
で最期まで大体私の希望に沿って進んでくれるので
ゆっくり読んでいきたい、と思う作家さんです。

今の日本のTV,旅番組か医療番組、ドラマなら刑事ものに
医療もの、とかなり偏った編成が多く、
いつ観ても同じような内容だな、と思いすぐ忘れていく・・
このTV番組もポカやって打ち切りになるんですが、
そこからの転換がすごい!

思わず泣きました~。
まさかの「旅屋」と言う職業。
成り立つのか??という疑問は誰しも持つはず。
が、意外と需要はあるものなんですね。

歳とっちゃって、旅に出られないから代わりに、
なんて頼まれちゃったら断れないし。

色々大変だけど、自分が本当に好きなことを
続けていく、これが結局一番良い事なのかなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 往復書簡 湊かなえ | Main | 水族館ガール 木宮承太郎 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

旅の代行かぁ~
そう言えばぬいぐるみに自分の代わりに旅に行かせる企画ありましたね。
今もやっているのかな?

Posted by: nanamama | February 26, 2015 at 10:20 PM

自分のために自分が行くのが旅だと思っていたので
人の代わりにってピンとこないです。

でも、思わず泣いてしまうような内容、気になります。

Posted by: ジャランこ | February 26, 2015 at 08:47 PM

すぐに旅に出かけたくなります。

Posted by: オサムシ | February 26, 2015 at 06:48 AM

代わりに旅をするってどんな風になるんだろう?と思います。
今の時代だったら、ipadなどで動画をリアルタイムで見せるとか?
でも、旅って、空気を感じるからどういう風にするのか興味があります。
おもしろい発想ですね。

昔、80歳超えの方の代わりにマサチューセッツ州に行き、そこから電話でどのような景色なのかを伝えました。
昔はこうだったとか、ああこうなっているのね今はとか。
電話だけでもいろんな感想をおっしゃって懐かしんでいましたね。そういう事なのかなぁ〜!?

Posted by: mahalobunny | February 26, 2015 at 05:53 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/61101017

Listed below are links to weblogs that reference 旅屋おかえり 原田マハ:

« 往復書簡 湊かなえ | Main | 水族館ガール 木宮承太郎 »